I医建KEN 名古屋医健スポーツ専門学校

メニューメニュー
メニュー
学科・コース紹介

柔道整復科[3年制]

Ⅰ部(午前集中コース)/Ⅱ部(午後集中コース)

骨折や脱臼、捻挫(ねんざ)など、
ケガの施術ができる国家資格!

柔道整復師 国家試験合格率 2017年第2期生 90.9% 22名中→20名合格 全国平均82.9%(新卒)

柔道整復師 国家試験合格率 2017年第2期生 90.9% 22名中→20名合格 全国平均82.9%(新卒)

柔道整復師ってどんな仕事?
ケガの施術のプロ。あなたの「手」で患者様を笑顔にできる柔道整復師は、人間が本来持っている自然治癒力を活かしながら、独特の「手技」により施術を行います。深い知識と確かな技術、そして患者様とのコミュニケーションが何より大切にされる仕事です。

柔道整復師の仕事内容

問 診

問 診

患者様が今どのような状態なのか、どういった悩みを抱えていらっしゃるのかを質問を交えて確認します。

視診・触診

視診・触診

患部を見たり触ったりして、外傷の状態を確認します。

整 復

整 復

骨折・脱臼・捻挫・打撲した部位を手でもとの状態に治します。

包帯固定

包帯固定

整復後のケガ再発防止や患部の安静保持のために包帯で固定します。

活躍できるフィールド

接骨院・整骨院接骨院・整骨院

骨折や捻挫、脱臼、挫傷などのケガについて、適切な施術を行います。独立開業することもできます。

スポーツ施設スポーツ施設

スポーツ外傷・障がいの回復に力を発揮します。柔道整復師の状況判断と応急処置が、選手のその後の回復を左右する重要な仕事です。

整形外科などの病院整形外科などの病院

整形外科で医師と協力・分担しながら働く柔道整復師が増えています。また、その後のリハビリにも携わることができます。

介護・福祉分野介護・福祉分野

高齢者を対象に機能訓練指導を行います。柔道整復師の新たな活躍の場として注目を浴びています。

独立開業独立開業

柔道整復師には「開業権」があり、自分で接骨院や整骨院を開業することが可能です。

教 育教 育

柔道整復師養成施設で、教員として学生の夢をサポートする仕事です。

安心して学べる3つのポイント

合格へ導く国家試験対策

模擬試験
1年生から様々な校内模擬試験や統一模擬試験を受験。
集中講義
国家試験対策のプロから学ぶことで効率良く対策を行うことが可能。
国家試験合格合宿
3年生夏休みに1泊2日の勉強合宿を実施。クラス全員の団結力を高め、一丸となって国家試験に臨む気持ちを高める。

実践的な実技力を身に付ける

実技授業
臨床の第一線で活躍されている先生から、生きた技術を学びます。
ワーク&スタディ制度
在学中から接骨院でのアルバイトを行い、現場経験を積むことができます。アルバイト先は学校からご紹介します。

現場経験豊富な講師陣

加藤先生 澤木先生
一緒に勉強しましょう
国家試験に合格するだけでなく、卒業後に活躍できる現場力を養います。接骨院の院長や医師、プロスポーツ現場で活躍されていた方など、現場経験豊富な講師陣が3年間サポートします。

名古屋医健スポーツ柔道整復科の特徴

安心して学べる柔道

  • 初心者の方にも基礎から安全な指導を
    します。女性の方も安心して取り組
    んでいます。

個別指導

あなたを徹底的にサポート

  • 医健塾
    3年生を中心に、授業時間外を使って基礎から応用までしっかりと学び、確実に身に付けます。
  • 担任制
    学生全員が入学と同時に30名ほどのクラスに所属し、それぞれに専任教員が担任・副担任として配置されます。

多職種連携

他学科と連携

  • スポーツ現場力アカデミー

    柔道整復師+スポーツ現場力
    スポーツ現場における、ルール・業界特性・指導法・スキル・知識を身につけることを目的とした、「スポーツ現場力アカデミー」を開講しています。この講座では、スポーツ現場で活躍する柔道整復師に必要な、知識・スキルが修得できます。
    スポーツ現場力アカデミー
  • NISA

多職種連携教育へ

業界特別講義

  • 幅広い試験範囲内からどんな問題が出題されるのか把握することで、効率よく勉強を進めることができます。

  • 多数の特別講義があります
    滋慶教育科学研究所国家試験対策センター
    谷康平先生
    仙台医健専門学校 理学療法科
    学科長 羽田智大先生
    北海道メディカル・スポーツ専門学校 柔道整復科
    学科長 早坂正利先生
    仙台医健専門学校 非常勤講師
    歯科医師 木村瞳先生
    みやぎのはら接骨院
    院長 吉田晴彦先生 等

柔道整復師への3年間

Myスクール(入学前授業)参加

入学前から無料で授業を受けることができます。

1年次

柔道整復師の基礎を固める

  • 国家試験対策

    ホスピタリティ研修

  • 国家試験特別講義

    滋慶学園総長杯柔道大会

2年次

応用力・実践力を身に付ける

  • 国家試験対策

    国家試験対策模擬試験

  • 滋慶学園総長杯柔道大会

    滋学内企業説明会

3年次

国家試験に合格!

  • 国家試験対策講義・模擬試験

    認定実技審査対策

    就職セミナー

    国家試験合格合宿

  • 学内合同企業説明会/
    就職活動/内定獲得

    認定実技審査

    滋慶学園総長杯柔道大会

卒 業 柔道整復師として活躍

柔道整復科の先生に聞きました!!柔道整復科の先生に聞きました!!

01
どんな雰囲気ですか?
クラスの仲が良く毎日が楽しい!
授業 設備がきれいで学びやすい環境が整っている!
スポーツ大会 授業に前向きで、積極的に取り組んでいる!
02
男女比は?
女性で柔道整復師をめざす方が、
年々増えています。
女性31% 男性69%女性31% 男性69%
03
好きな授業は?
柔道整復学実技
包帯の巻き方を楽しく学べる
柔道
色んな技があって楽しい
ストレス発散になる
生理学
授業が分かりやすい
女性31% 男性69%
授業風景動画配信中!
学生の声

接骨院の院長先生に憧れて
技術の向上に励んでいます

高校時代に通っていた接骨院の院長先生に憧れ、また高校の授業でテーピングを巻いたときにその楽しさと「もっとうまくなりたい」と思い、柔道整復師をめざすようになりました。体験入学の際に雰囲気が明るく、先生も話しやすいので、楽しそう!と思い、名古屋医健スポーツを選びました。実際にクラスみんな仲が良く、楽しい毎日を送っています。授業は、包帯を巻く実技の授業が好きです。うまく巻けたときには嬉しく、もっとうまくなりたいと思います。卒業後は、接骨院の院長先生かスポーツ業界でも活躍できる柔道整復師になりたいです。

柔道整復科Ⅰ部(午前集中コース)
加藤 さん 愛知県立三好高等学校出身

高校時代に通っていた接骨院の院長先生に憧れ、また高校の授業でテーピングを巻いたときにその楽しさと「もっとうまくなりたい」と思い、柔道整復師をめざすようになりました。体験入学の際に雰囲気が明るく、先生も話しやすいので、楽しそう!と思い、名古屋医健スポーツを選びました。実際にクラスみんな仲が良く、楽しい毎日を送っています。授業は、包帯を巻く実技の授業が好きです。うまく巻けたときには嬉しく、もっとうまくなりたいと思います。卒業後は、接骨院の院長先生かスポーツ業界でも活躍できる柔道整復師になりたいです。

柔道整復科Ⅰ部(午前集中コース)
加藤 さん 愛知県立三好高等学校出身

学生の声

様々な世代の仲間と楽しく学び
メリハリのある学校生活です

部活動でケガをした際に接骨院の先生に支えてもらい、私も思いやりがある柔道整復師になって患者様の支えになりたいと思い、柔道整復科に入学しました。Ⅱ部は午後からの授業なので、高卒の方から社会人までが学んでいて、非常に勉強しやすい環境です。実技の授業では、互いに教え合いながら楽しく学ぶことができています。名古屋医健スポーツの柔道整復科は「学ぶときは学ぶ、楽しむときは楽しむ」メリハリがあります。先生も一緒になって盛りあがる、常に明るい雰囲気がある学校です!

柔道整復科Ⅱ部(午後集中コース)
川端 さん 三重県立津商業高等学校出身

部活動でケガをした際に接骨院の先生に支えてもらい、私も思いやりがある柔道整復師になって患者様の支えになりたいと思い、柔道整復科に入学しました。Ⅱ部は午後からの授業なので、高卒の方から社会人までが学んでいて、非常に勉強しやすい環境です。実技の授業では、互いに教え合いながら楽しく学ぶことができています。名古屋医健スポーツの柔道整復科は「学ぶときは学ぶ、楽しむときは楽しむ」メリハリがあります。先生も一緒になって盛りあがる、常に明るい雰囲気がある学校です!

柔道整復科Ⅱ部(午後集中コース)
川端 さん 三重県立津商業高等学校出身

先生からのメッセージ

人間力・治療力をもった人材育成

同じ捻挫でも損傷の程度も違えば、年齢も違う、患者様のライフスタイルも違います。ケガだけを診るのではなく、患者様を知らなくてはいけません。変化するケガの過程を診る面白さ、同じ施術だけでは対応できない痛みをどう改善させるのか、ケガの根本的な原因を探るなど日々考えながら業務を行います。患者様を知るためにも、何気ない会話も大切になります。毎日刺激があり難しさも多くありますが、そこに「楽しさ」と「面白さ」があります。

柔道整復師
坂口 先生

同じ捻挫でも損傷の程度も違えば、年齢も違う、患者様のライフスタイルも違います。ケガだけを診るのではなく、患者様を知らなくてはいけません。変化するケガの過程を診る面白さ、同じ施術だけでは対応できない痛みをどう改善させるのか、ケガの根本的な原因を探るなど日々考えながら業務を行います。患者様を知るためにも、何気ない会話も大切になります。毎日刺激があり難しさも多くありますが、そこに「楽しさ」と「面白さ」があります。

柔道整復師
坂口 先生

  • なりたい仕事に会いに行こう!オープンキャンパス 参加受付中!
  • 資料請求 お申込みはこちら 学校案内・入学願書など

PAGE TOP