I医建KEN 名古屋医健スポーツ専門学校

学びの特徴

あなたの目指す未来に、スポーツ現場で活躍する力をプラス スポーツ現場力アカデミー

スポーツ現場力アカデミー

スポーツ現場では様々な役割を持って、選手・チームを支えるスポーツトレーナーが活躍しています。スキル・ライセンスによって担う役割は異なりますが、チームで支える「多職種連携」が必要不可欠です。このアカデミーでは、医療系学科の学生がスポーツ現場における、ルール・業界特性・指導法・スキル・知識を身につけることを目的とします。修得スキル・内容に応じて“Basic”“Standard”“Advance”の3段階に分かれています。

あなたの目指す未来に【スポーツ現場力】をプラス!

Your Future + Sports[スポーツ現場力]

  • 柔道整復科

    +スポーツ現場力

    スポーツ選手の
    「ケガに強い」
    柔道整復師

  • 鍼灸科

    +スポーツ現場力

    スポーツ選手の
    「コンディショニングに強い」
    鍼灸師

  • 理学療法科

    +スポーツ現場力

    スポーツ選手の
    「リハビリと予防に強い」
    理学療法士

+
名古屋医健
スポーツ現場力アカデミー

Nagoya Iken Sports Academy (NISA)Nagoya Iken Sports Academy (NISA)

「スポーツ現場力アカデミー」NISAに参加すれば、
「柔道整復師」「鍼灸師」「理学療法士」、それぞれの国家資格取得を目指しながら、
アスリート・選手をサポートするトレーナー現場の知識・技術を身につけることができます。

選手をサポートするための
基礎を学びます!

選手をサポートするために必要な基本的な技術・マインドを学びます。主に、応急処置、テーピング、ストレッチングの知識・技術を身につけます。

  • トレーニング

    現場で活かせる様々なトレーニング方法を、基礎から学びます。

  • テーピング

    足・肘・膝・手指など、テーピング全般を幅広く学びます。

  • ストレッチ

    最も基本的なスタティックストレッチから、パートナーが抵抗をかけながら行う徒手抵抗ストレッチなど実践的に学びます。

より高度で専門的な
知識・技術を習得します。

スポーツ外傷・障害の知識を深め、検査・測定や評価について学びます。

  • 検査・測定と評価

    選手の身体状態を正確に把握するための方法と技術を学びます。ケガの予防、応急処置、現場復帰までのすべての基礎となる重要な科目です。

  • スポーツ外傷・障害の
    基礎知識

    主なスポーツ外傷・障害の種類や特徴、リハビリテーションを学びます。

トレーナー基礎技術の最終ステージ!
実践的対処法を学ぶ。

Standardの内容を踏まえ、各資格別の実践的なアプローチ法を学びます。

  • 競技種目別の
    アプローチ法

    各競技種目に応じて柔道整復師・鍼灸師・理学療法士など各資格別アプローチ法を学びます。

名古屋医健スポーツ現場力アカデミー(NISA)概要

  • 対 象

    全学科・コース

    ※作業療法科、歯科衛生科、こども保育科
    の学生も受講可能です。

  • 受講料

    無 料

    ※教本教材が必要な場合がある際は
    受講申し込みの際にお伝えします。

受講期間
  • 1年次後期~2年次前期

  • 約1年間スポーツを学びます。

時間

時間割

※受講期間、コマ数などは年度によって変更する場合があります。

講義内容
Basic
テーピング/ファーストエイド/ストレッチ など
Standard
検査・測定と評価/スポーツ外傷・障害の基礎知識 など
Advance
競技種目別のアプローチ法 など

スポーツ現場で求められる基本的な技術を習得し、
トレーナー技術と医療の総合力を高めます。

それぞれの分野で活かせる【スポーツ現場力】をプラス
スポーツ現場力 柔道整復師 柔道整復師の医療技術と資格で、
スポーツ現場のケガに対応
  • スポーツ選手の
    「ケガに強い」柔道整復師
    柔道整復師はスポーツ現場でケガが起きてしまった場合にも素早く損傷の具合を判断し、整復や固定を行います。選手の「もしも」の際にしっかり治療を行い、その後も後療法を行うことで選手の早い現場復帰をフォローできる存在です。スポーツ時に起きやすい損傷やその治療法など、豊富な知識や技術を持つ柔道整復師はスポーツ選手にとって大きな安心感を与える事ができます。
骨折×捻挫×脱臼×打撲
スポーツ選手を支える柔道整復師の フィジカルサポートサイクル

受傷後の現場復帰から予防までトータルにサポート!

スポーツ現場で素早い状況判断と応急処置ができる!

1

現場での応急処置
柔道整復師の的確な判断がスポーツ選手を守ることにつながります。骨折や捻挫、肉離れなどのケガをした直後から素早い処置を行います。その場の対応と処置が選手の今後に大きな影響を及ぼすとても大事な仕事です。

2

選手一人ひとりに合わせたケガの治療
ケガの状態は選手の活動状態や発生機序によっても違います。ケガが起きた状況や損傷の度合いにより判断し、選手一人ひとりの状態に合わせた治療法を行うことで、現場復帰を早める事ができます。

3

現場復帰までのサポート
治療後も柔道整復師の筋肉や骨の知識を生かしたケアを行い、現場復帰までのフォローを行います。またケガの再発防止のためのトレーニング指導など、治療だけでなくスポーツを安心して行う事ができるよう徹底したサポート役を担います。

スポーツ選手を支える柔道整復師

  • 加藤先生
  • 柔道整復師の活躍の場

    柔道整復師は様々な場面でスポーツに関わる人達をサポートしています。プロスポーツチームでトレーナーとして活躍するだけでなく、接骨院に通っている選手を治療したり、高校や中学校の部活動に派遣されるなど、スポーツを真剣に取り組んでいる人たちのサポート役として活躍しています。本校のプログラムを通じ、スポーツ現場で素早い判断、処置ができ、感謝される柔道整復師を目指していきましょう。

    柔道整復科 専任教員
    柔道整復師
    プロ野球チーム元トレーナー

    加藤先生

スポーツ現場力 鍼灸師 鍼灸師の技術と資格で、アスリート達の
身体能力向上やコンディションを整える
  • スポーツ選手の
    「コンディショニングに強い」鍼灸師
    高い自己管理能力を持ちあわせたスポーツ選手は、ケガの後に体のケアに行くのではなく、いかにケガをしないか、パフォーマンスを向上することができるかを考えています、鍼灸治療は、血流改善や筋肉の緊張を和らげることでコンディションを整えることができます。そのため、スポーツに関する幅広い知識と高い鍼灸技術を持った鍼灸師はスポーツ選手にとって欠かせないパートナーといえる存在です。
コンディショニング×スポーツ傷害に対するトリートメント×競技パフォーマンス向上
スポーツ選手を支える鍼灸師の フィジカルサポートサイクル

ケガの予防や、早期回復にも鍼灸は効果的!

鍼灸によってスポーツ選手のコンディションを向上させる!

1

コンディショニング
選手が集中できる最高のコンディションを提供。
ケガの予防だけでなく、体調面や精神面のフォローまで、西洋医学と東洋医学の両方に精通した鍼灸の専門的な知識と技術で選手をサポートします。

2

競技パフォーマンス向上
競技において最高のパフォーマンスを発揮できるようサポート。
血流を改善させ、筋肉の緊張を和らげ体の可動域を向上させることで持っている力を最大限活かせるようにサポートします。

3

スポーツ傷害に対するトリートメント
ケガからの早期回復をサポート。
鍼灸治療は痛み、炎症に対し即効性に効果を出すことができ、早期治療・早期回復を徹底的にサポートします。

スポーツ選手を支える鍼灸師

  • 梅村先生
  • 鍼灸師の活躍の場

    スポーツ鍼灸とは治療院での選手のケアだけでなく、スポーツ現場で直接選手のサポートを行います。ケガや体調面のケアだけでなく、精神的なフォローアップまで選手のニーズに合わせ、選手が求めることを現場で即座に提供します。そのフィールドは、プロ、実業団、社会人チームや地域スポーツクラブ、さらにはパーソナルトレーナーといった幅広い活躍現場があり、高い知識と技術を兼ね揃えた鍼灸師が求められています。一緒に勉強しスポーツに強い鍼灸師を目指しましょう。

    鍼灸科 専任教員
    はり師・きゅう師

    梅村先生

スポーツ現場力 理学療法士 理学療法士の技術と資格で、スポーツ傷害に苦しむ
アスリート達の身体機能回復をサポートする
  • スポーツ選手の
    「リハビリと予防に強い」理学療法士
    理学療法士は、「動作分析」「スポーツ傷害評価」のプロフェッショナルです。スポーツ現場での需要も高く、多くのプロチームでトレーナーとして活躍しています。痛みやケガを抱えた選手の動きや姿勢、フォームの特徴などを分析することで、リハビリとして効果的な運動メニューを考案して、競技復帰へ導きます。また、ケガの根本原因を分析して改善することにより、ケガを未然に防ぐことができます。さらに、選手に合わせたパフォーマンス向上に有効な運動も提案できます。
スポーツ傷害予防×リハビリテーション×競技パフォーマンス向上
スポーツ選手を支える理学療法士の フィジカルサポートサイクル

スポーツ医学の知識と合わせて、より効果的に行う予防とリハビリテーション!

動作分析とスポーツ傷害評価で、ケガや不調となる原因を分析!

1

スポーツ傷害予防
身体の動作を改善して、ケガの発生や体調を崩しにくい状態にします。専門的な「動作分析」を行い、身体動作の改善をしていくことで、スポーツ選手がケガや体調を崩さないようサポートします。

2

パフォーマンス向上
改善された動作により、パフォーマンスがさらに向上!一人ひとりの状態に合わせた的確な動作改善を行うことで、スポーツ傷害予防のほか、パフォーマンスも向上させることができます。

3

リハビリテーション
身体機能を回復させる効果的なリハビリテーション。
医師の診断に基づいて、効果的な運動メニューを計画・実行。また、スポーツ選手の心の支えとして、精神面でのサポートも行います。

スポーツ選手を支える理学療法士

  • 岩田先生
  • 理学療法士の活躍の場

    スポーツ分野の理学療法は子どもからプロスポーツ選手まで、医療現場からスポーツ現場にわたり多くの活躍の場があります。怪我をした選手のスポーツ復帰へのリハビリだけでなく、動きのプロフェッショナルとして怪我につながる姿勢・動作を見つけて修正する予防にも関わっています。また障害に対する知識・技術をもとに障がい者スポーツの分野でも今後益々活躍が期待されています。このスポーツ現場力アカデミー(NISA)を通じてスポーツに関わる医療人として成長していきましょう。

    理学療法科 専任教員
    理学療法士
    日本サッカー協会JFAアカデミー福島
    元トレーナー

    岩田先生

  • なりたい仕事に会いに行こう!オープンキャンパス
  •  学校案内・入学願書など 資料請求