I医建KEN 名古屋医健スポーツ専門学校

入学・募集要項

内部進学について

名古屋医健を卒業後、別学科でさらに学びたい方へ

自身がめざす理想の将来像を叶えるために他学科へ内部進学する学生もいます。例えば、「ケガの施術まで行えるトレーナー」「より深くコンディショニングに関わっていきたい」というように、スポーツ科学科で身に付けた知識・技術に加え医療系国家資格を取得するなど、幅広く学んでいただけるためのサポートをしています。

内部進学者の声

内部進学名古屋医健スポーツ専門学校【スポーツ科学科】から【鍼灸科】へ進学
  • 竹内さん
  • スポーツ選手だけではなく、一般の方も含めた幅広い方々の力になりたいと思い、色々な資格を調べていたところ、鍼灸師に興味を持ちました。その後、名古屋医健の先生に鍼灸師の活躍についてや将来のことなどを相談したのち鍼灸科への進学を決めました。将来的にはアスレティックトレーナーとして外側からのアプローチに加え、内科系疾患にも対応ができるトレーナーとして幅広く活躍していけたらと思っています。

    鍼灸科 Ⅰ部[昼間]

    新美さん

内部進学京都医健専門学校【スポーツ科学科】から【柔道整復科】へ進学 ※姉妹校実績
  • 山田さん
  • スポーツ科学科でトレーナー活動をしていて、選手のケガを現場で見るうちに、ケガをその場で施術することができればと思うようになり、柔道整復科に進学を決めました。授業では、スポーツ科学科での学びが基礎となり、身体の仕組みなど柔道整復科での学びも理解しやすく、知識もさらに深まっていると実感。また、進学を考えたときや、進学後もどちらの学科の先生も親身に相談にのってくれます。とても心強い存在です。

    柔道整復科 午後集中コース

    山田さん 姉妹校 京都医健専門学校 在校生

既修得単位認定制度であなたのキャリアをサポートします

本校の学科へ内部進学する場合、入学金が免除されます。また、既に履修された授業科目(基礎分野・専門基礎分野・専門分野)で、同一科目もしくは授業内容が同一の場合、単位を認定し、その科目の履修を免除します。認定された科目に対しては、特別奨学金を付与します。詳しくは、既修得単位認定制度をご確認ください。

  • Case1内部進学

    スポーツ科学科から
    理学療法科へ内部進学

    ※B判定以上(100〜70点)の科目

  • Case2内部進学

    理学療法科から
    鍼灸科へ内部進学

    ※B判定以上(100〜70点)の科目

  • Case3内部進学

    柔道整復科から
    鍼灸科へ内部進学

    ※B判定以上(100〜70点)の科目