業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツインストラクターの資格
  4. 日本フィットネス協会(JAFA) エアロビックダンスインストラクター(ADI) とはどんな資格?

日本フィットネス協会(JAFA)
エアロビックダンスインストラクター(ADI)
とはどんな資格?

日本フィットネス協会(JAFA)
エアロビックダンスインストラクター(ADI)
とはどんな資格?

エアロビックダンスインストラクター(ADI)は、日本フィットネス協会(JAFA)が提供していた専門資格です。
インストラクターやフィットネス関連の仕事をする際には、専門知識を持つことを証明するためにADIのような特別な資格の取得がおすすめされます。
資格取得は就職・転職へ良い影響を与えたり、指導時により強い説得力を持つきっかけになったりするでしょう。
こちらでは日本フィットネス協会(JAFA)のエアロビックダンスインストラクター(ADI)の資格の基本や、現在ADIの代わりとして普及している「グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)」について解説します。

エアロビックダンスインストラクター(ADI)とは

エアロビックダンスインストラクター(ADI)とは、フィットネスの指導者などが取得を目指す目標のひとつとして知られていた資格です。

日本フィットネス協会(JAFA)が1988年にエアロビックダンスエクササイズインストラクター(ADI)の認定を開始し、フィットネス指導者資格の重要性や価値を日本で先行して広めることになります。

その後、2004年にはJAFA AQUA(アクアウォーキングとアクアビクス)の資格認定も開始し、フィットネス業界やインストラクター業界におけるJAFAの影響力はますます高まりました。

現在はグループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)として資格内容が再構築されている

長い歴史を持つADI資格ですが、現在は認定制度が廃止されていて、代わりに「グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)」の資格が提供されています。

GFIは2014年にADIとJAFA AQUAの資格を再構築する形で誕生した専門資格で、取得によってフィットネスおよび関連するトレーニングの指導に必要な知識・技術を身につけることが可能です。

指導者として成功するための基礎であるKSA(knowledge:知識、skill:技術、ability:能力)に基づいたものになっているので、将来的にインストラクターやトレーナーとしての本格的な道が考えられるようになります。

ADIのようなフィットネスインストラクターの資格を求めるのなら、今後はGFIの資格取得が目標となるでしょう。

 

GFIには6つの専門分野が用意されていて、それぞれに特化したスキルを習得することで資格取得が目指せます。

具体的には以下の6点が、GFIの資格分野に含まれます。

 

  • ストレッチングエクササイズ(SE)
  • レジスタンスエクササイズ(RE)
  • エアロビックダンスエクササイズ(AD)
  • ウォーキングエクササイズ(WE)
  • アクアウォーキングエクササイズ(AQW)
  • アクアダンスエクササイズ(AQD)

 

各資格の取得は専門範囲に関するプロフェッショナルである証明になるので、仕事における昇格や独立して指導者として生きるきっかけにもなります。

それぞれの資格には上級レベルと中級レベルが用意されているため、自分の能力に合わせて選択が可能です。

まずは各種資格の詳細を確認し、興味のある範囲を確認してみましょう。

 

GFI資格の取得には価値がある?

2021年現在、日本にはフィットネスインストラクターやそれに関する専門の指導資格は存在しません。

そのためフィットネスに関する専門スキルを持つことを資格で証明するには、基本的にGFIの取得がおすすめされるのです。

JAFAは内閣府認定の公益法人であるため、その資格の価値は社会的に認められています。

資格取得を実現すれば、フィットネスの専門家として指導やアドバイスをする際に強い説得力を持つことができるでしょう。

 

GFI(旧ADI)資格の受験方法

GFI(旧ADI)の資格を受験するには、「養成学校(大学、短大、専門学校など)を卒業するケース」と「体育系の学校や学部で専門教育を受けた、もしくは指導者としての経験があるケース」の2パターンに分類されます。

養成学校のケースでは、卒業すればすぐに認定テストの受験資格を得られるので、スムーズにGFIの取得を目指せるでしょう。

専門教育や指導者としての経験を活かすケースでは、テスト対策としてeラーニングによる理論学習と、資格取得講習会で実技学習を行った上で認定テストに臨みます。

いずれのケースでもテスト合格後に登録を行うことで、資格の称号を取得可能です。

 

GFIの受験内容は筆記と実技に分かれていて、それぞれ以下の基準をクリアする必要があります。

 

筆記テスト:3種類のテストでそれぞれ正答率約60%を獲得する

実技テスト:各種目の評価項目で、基準以上の「◯」評価を獲得する

 

2018年度の合格率は86.5%となっているので、比較的合格しやすい資格だと言えるでしょう。

NESTA資格との違いは?

NESTAとは、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会のことです。

トレーナーやインストラクター向けの資格を多数提供していて、日本国内でも幅広く取得とその後の活用が行われています。

 

NESTA資格にもGFI(旧ADI)のように、フィットネスに関する資格がいくつかあります。

例えばフィットネスニュートリションスペシャリスト、フィットネスセールスディレクター、シニアフィットネストレーナー、カーディオフィットネストレーナーなど、幅広い資格がそろっているのです。

仕事や就職に役立つ資格を求めるのなら、GFIだけでなくNESTA資格もチェックしておきましょう。

まとめ

エアロビックダンスインストラクター(ADI)は、本格的な知識と技術を持つプロであることを証明できる資格です。

現在はグループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)として認定が続けられているので、この機会に受験資格と流れを確認して取得を目指してみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!