業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

保育士と幼稚園教諭の
違いを解説!

保育士と幼稚園教諭の
違いを解説!

保育士と幼稚園教諭の違いは?全く別物?

保育士幼稚園教諭は同じような職業のようですが、根本が異なります。
それでは保育園と幼稚園の定義付けを確認していきましょう。
まず、保育園と幼稚園の管轄ですが、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省です。
保育園は保育業務が中心で、幼稚園は教育を主な目的としています。
子どもを預けられる年齢にも違いがあり、保育園が0歳から小学校就学前に対して幼稚園は3歳から小学校就学前となっています。
一般的に保育園児は8時間、幼稚園児は4時間程度が滞在時間です。
これらから保育園と幼稚園は性質が異なるので、保育士と幼稚園教諭が別物の職業であることが分かると思います。
そのため、保育士に必要な資格と幼稚園教諭に必要な資格も変わってくるので、しっかり押さえておかなければなりません。

保育士と幼稚園教諭の
仕事内容の違いとは?

保育士は幼稚園教諭に比べると子どもたちと関わる時間が長いです。
1日の大半を保育士と過ごす子どもたちにとっては、保育士が頼りになる存在です。
長い時間を過ごすので1人1人の子どもたちと、より密に関わることができるのも保育士ならではの特徴と言えます。
衣食住に関わる基礎をお手伝いするため、子どもの成長を間近で感じることもできます。
一方幼稚園教諭は、教育を指導するので知育をつける学びを教えられるという点が魅力です。
楽器演奏や工作などを教えられるので、子どもたちに教育に関わることを指導したいと思う人にはぴったりです。
子どもの頃は吸収する力も大きく、教育的な成長の場に携われるのは幼稚園教諭の特権ではないでしょうか。

保育士と幼稚園教諭を目指すには?

保育士になるには、保育士の養成施設に認定されている学校を卒業するか、保育士試験に合格する方法があります。
幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状が必須です。
免許状は幼稚園教諭養成課程がある学校を卒業すると免許状の取得が可能です。
免許には3種類あり、1種免許、2種免許、専修免許に分かれています。
大学や短期大学、専門学校など学ぶ学校により、免許状の種類が分かれています。
保育士と幼稚園教諭になるために必要な資格は全くの別物なので、自分がどちらを目指すかで受ける試験や通うべき学校が変わってくるため、事前に確認しておくことが必要です。

保育士と幼稚園教諭
どちらを目指すか迷うときは?

保育士と幼稚園教諭で必要な資格、通うべき学校が異なると前述しましたが、保育士と幼稚園教諭どちらを目指すか迷うことがあると思います。
子どもと関わる仕事がしたいと思っていても、実際に学校で学んでいくうちにどちらを目指したいかが見えてくることも多いです。
そのため、学ぶ場所は非常に重要となってきます。
保育士は保育士免許を取得するために、学校で学ぶ方法と通信教育や独学で勉強する方法もあります。
独学で学んでいるときに幼稚園教諭になりたいと思っても、幼稚園教諭免許状を取得するには、幼稚園教諭養成課程がある学校で学ばないといけないので、途中から変えたいと思っても現実的に難しい場合が多いです。
おすすめなのは、保育士と幼稚園教諭どちらも目指せる学校を選ぶことです。
専門学校などであれば保育士と幼稚園教諭どちらの就職にも対応している学校があります。
保育士と幼稚園教諭に必要な知識や技術どちらも学べて選べる学校であれば、学んでいく中で自分がしたいこととできることのミスマッチを防ぐこともできます。
保育と教育の違いがある保育士と幼稚園教諭だからこそ、途中でどちらが自分のなりたい職業なのか気づくことがあるのです。
そんなとき色んな選択肢があれば、可能性も広がります。
学校を選ぶときはその学校で学ぶとどのようなことが身につくのか、どのような資格が取得可能か、就職先はどこがあるのかを事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

保育士と幼稚園教諭に共通することとは

保育士と幼稚園教諭は異なる点が多いことがわかりましたが、子どもと関わるという点では同じです。
この2つどちらにも共通することとして、子どもの変化に気付けること、細かな作業が苦にならない人が向いている職業と言えます。
小さな子どもは思っていることを全て上手に言葉にして言うことが難しいことも多いです。
子どもが言わなくても体調の変化や感情の起伏などに気付いてあげられるなど、周りのことをよく見れて、些細な変化も気付ける人は重宝されます。
早めに察知できることであらゆるトラブルを未然に防ぐことも可能です。
また、着替えをさせたり、わからないことを教えたりと根気がいる場合も多いので、細かな作業がわずらわしいと思わない人も向いているでしょう。

まとめ

ここまで保育士と幼稚園教諭の違いを解説しました。
目的や仕事内容、必要な資格なども異なる両者はそれぞれ魅力的なポイントがあります。
自分がどちらに向いているか、なりたいかで選ぶと良いです。
保育士と幼稚園教諭も子どもに関わる仕事という点では2つとも同じです。当たり前ではありますが、子どものことを分かってあげられる人が好ましいです。
どちらも子ども好きにはもってこいの職業と言えます。

業界コラム一覧へ