業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. 作業療法士の仕事
  4. 作業療法士になるには 専門学校と大学どちらがオススメ? メリットとデメリットは?

作業療法士になるには
専門学校と大学どちらがオススメ?
メリットとデメリットは?

作業療法士になるには
専門学校と大学どちらがオススメ?
メリットとデメリットは?

作業療法士になるには、専門学校や大学に進学して専門スキルを身につける必要があります。さまざまな授業を通して作業療法士の仕事について学び、実際の職場で役立つ能力を獲得することが求められるのです。

専門学校と大学のどちらでも、所定の学習過程を修了すれば作業療法士を目指せます。そのため専門学校と大学のどちらに行くべきか、迷っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では作業療法士になる際に専門学校と大学のどちらがオススメとなるのか、それぞれのメリット・デメリットを参考に解説します。

作業療法士になる方法とは?

作業療法士になるには、国家資格である「作業療法士資格」の取得が必要です。作業療法士国家試験に合格して資格を取得してはじめて、実際に作業療法士と名乗って働けるようになります。

しかし、国家試験を受験するには条件があり、そのひとつに「文部科学大臣か厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する」というものがあります。専用のカリキュラムがある専門学校か大学に進学して、3年以上学習して卒業することが、作業療法士になるために必須の準備となるのです。

作業療法士の養成施設として指定されている専門学校・大学は全国にあり、国家試験の受験資格を得る際にはどちらを選んでも問題ありません。しかし、専門学校と大学にはそれぞれ特色があるため、どちらが自分に合っているのか確認しておかなければ、作業療法士になるための道が想定以上に困難なものとなる恐れがあるでしょう。

まずは作業療法士になるための専門学校と大学の特徴をチェックし、どちらに魅力を感じるのか考えてみてください。

作業療法士になるために専門学校を選ぶメリット

作業療法士になるために専門学校を選ぶことには、さまざまなメリットがあります。以下では、作業療法士を目指せる専門学校特有の魅力を紹介します。

豊富な実習から実践的なスキルを学べる

作業療法士になれる専門学校では、臨床実習の数が多く設定されているのが特徴です。在学中から実際の職場で作業療法士の仕事を体験できるため、実践的なスキルを身につけられるでしょう。複数の病院と提携を結んでいる学校も多く、さまざまな職場環境を体験可能なケースも珍しくありません。

「名古屋医健スポーツ専門学校」では、東海エリアを中心に関西・関東などの地域に位置する病院や施設で臨床実習を行っています。実習先への訪問に関する相談や、実習中の悩みなどに対してしっかりとしたサポートを行っているため、安心して学外での勉強に臨めるのがメリットです。

生徒一人ひとりに対して充実した学習支援を行ってくれる

専門学校は大学と違い、生徒一人ひとりに対して充実した学習支援を行ってくれるケースが多いです。授業が分からなくて置いていかれるといったことはないため、自分のペースを守りつつ確実に作業療法士に必要なスキルを学んでいけるのがメリットになるでしょう。

名古屋医健スポーツ専門学校では「クラス担任制」を取り入れているため、個々の生徒に対して的確な学習サポートを実施できています。勉強だけでなく学校生活における悩みなども相談できるので、困ったことがあれば担任の先生に話してみることで解決できる可能性があるでしょう。

また、生徒一人ひとりに対して就職支援を行うキャリアセンターもあるので、卒業後の進路や将来のキャリアプランについて相談することも可能です。

作業療法士になるために専門学校を選ぶデメリット

作業療法士になるために専門学校を選ぶことには、デメリットもあります。

作業療法士に特化した学習が中心となる

基本的に専門学校では、特定の分野に関するスキルの獲得を目指します。作業療法士の専門学校であれば、作業療法士になるための授業が中心に実施されるため、進学先次第では幅広い分野の学習が行えないケースもあるでしょう。作業療法士だけでなく、いろいろな分野も勉強してみたいといった願望がある場合には、専門学校を選ぶ際に注意が必要です。

名古屋医健スポーツ専門学校も作業療法士に特化した授業が展開されていますが、同時に幅広い知識を学べる機会も用意されています。医療、福祉、心理、子ども分野で活躍できる講義を受けられるため、作業療法士として就職した後に活かせる知識を幅広く身につけられるでしょう。

作業療法士になるために大学を選ぶメリット

作業療法士になるために大学を選ぶ際には、以下のようなメリットがあります。

一般教養を含めた幅広い種類の授業を受けられる

作業療法士を目指せる大学では、一般教養を含めたさまざまな授業を受けられるのがメリットです。作業療法士に関する授業を学びつつ、別分野の知識を身につけることも可能なので、臨機応変な学習が進められます。どの授業を取るのかは生徒の自由意思に任されているため、入学前にその大学にどんな授業があるのかチェックしておくことがポイントです。

作業療法士以外の就職先も考えやすい

大学を卒業すると、作業療法士以外への就職も考えやすくなります。在学中に幅広い知識を身につけられるため、作業療法士以外の専門知識も習得できるケースがあるため、将来の可能性を広げられる点がメリットです。

大学卒業者は、就職時の条件に「大卒」が含まれている企業も就職先として視野に入れられます。作業療法士として働ける職場の幅を広げられる点も、大学を選ぶ理由になるでしょう。

作業療法士になるために大学を選ぶデメリット

作業療法士を目指す際に大学を選ぶことには、以下のデメリットについて考えておく必要もあります。

卒業までに時間がかかる

作業療法士を目指す際に大学を選ぶ場合、専門学校よりも卒業までに時間がかかります。基本的に専門学校は作業療法士になるために必要な年数として設定されている3年で卒業できますが、大学の場合には4年の時間をかけなければなりません。就職するまでプラス1年間必要になる点は、大学で学ぶ際のデメリットになるでしょう。

卒業までの時間が長い分、学費も専門学校と比較して高くなります。また、作業療法士は就職してから学習できることも多いため、そういった実践的なスキルを得られるまでタイムラグがある点もデメリットになるでしょう。

まとめ

作業療法士になる際には、実習が豊富な授業形態が整っている点や、生徒に対する支援が充実している点などを考慮して、専門学校を選ぶのがオススメです。専門学校には効率良く作業療法士になるためのカリキュラムが用意されているため、最短かつスムーズに就職を目指せるでしょう。

名古屋医健スポーツ専門学校は、さまざまな分野を学べる学習環境と担任やキャリアセンターによる支援が魅力となっているため、作業療法士になる際にはぜひ入学を検討してみてください。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!