業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×テクノロジー
  4. スポーツアナリストに なるための資格とは?

スポーツアナリストに
なるための資格とは?

スポーツアナリストに
なるための資格とは?

スポーツアナリストとは、データ収集や分析業務などを実施して、スポーツチームやスポーツ選手のサポートを行う職業です。
データを有効活用できるスポーツアナリストの重要性は年々認知されつつあり、近年は多くのプロチームやスポーツ施設などで活躍が見込まれています。
そこでこちらでは、スポーツアナリストになるための資格について解説します。

スポーツアナリストとは?

スポーツアナリストとは、スポーツに関連するデータを収集・管理して分析し、具体的な施策に反映させていく専門職です。

蓄積されたデータを活用することで、スポーツチームに必要な環境を提案したり、スポーツ選手のトレーニングメニューを考案したりできます。

効果的・効率的な施策を発見できるその能力は、プロスポーツをはじめ運動に興味のある多くの人たちにメリットを与えています。

スポーツアナリストはまだ新しい職業であるため認知度の面で課題がありますが、今後はその能力が評価されてさらに需要が高まると予想されるでしょう。

 

そんな将来性が見込まれるスポーツアナリストを目指す人も増えてきていて、専門学校などではスポーツアナリストに必要なスキルを専攻して学べる学科の設立なども行われています。

学生時代から本格的なスキルを学べる環境が整いつつあるので、スポーツアナリストを目指すのなら専門知識・技術を習得できるルートを通って就職を叶えることがおすすめされるでしょう。

スポーツアナリストになるために資格は必要?

スポーツアナリストは専門性の高い職業ですが、就職時には特別に必要な資格がありません。

そのため無資格の状態でも、スポーツアナリストとして働くことができます。

​​スポーツアナリストになるには、資格取得を目標にするのではなく、それ以外の部分に力を入れていくことが重要です。

 

資格が必要ないからこそスキルや実績が問われる

資格を取得しなくてもスポーツアナリストにはなれますが、それはつまり「資格に頼らずに自分の能力を証明しなければならない」ということでもあります。

そのため資格が必要ないからといって勉強やスキルの習得を怠けるのではなく、むしろ積極的に学習に励んでスポーツアナリストに必要な要素を自分のなかに蓄積していくことがおすすめです。

 

資格が必要ないからこそ、客観的に認められるスポーツアナリストのスキルや実績が問われます。

就職の際には「スポーツアナリストとして〇年間〇〇をしてきました」「スポーツアナリストの仕事に役立てられる〇〇のスキルがあります」といった形で、具体的な能力のアピールが求められるでしょう。

 

今後専門資格が出てくる可能性もある

スポーツアナリストに必須の資格は2021年時点では存在しませんが、今後関連資格が出てくる可能性はあります。

スポーツアナリストが多くの職場に必要とされるようになり、その結果就職志願者が増えれば、個々の能力を簡単に判断できる専門資格の導入が進められることは十分考えられます。

スポーツアナリストになるのなら、今後の資格展開にも注目し、もし仮に関連資格が出たら取得を目指すのがおすすめです。

スポーツアナリストとして働く際におすすめの資格

スポーツアナリストに必須の資格はありませんが、その一方で取得しておくことで業務に役立つ可能性のある資格はいくつかあります。

この機会にスポーツアナリストの資格を取得し、就職やキャリアアップに活かしてみることもおすすめです。

 

統計検定

統計検定は統計に関する専門知識を持ち、 データを参考に客観的な判断を行って問題解決を実行できるスキルがあることを証明できる資格です。

資格取得には科学的に解決策を考案する能力が必要とされるので、スポーツチームや選手に対してスポーツ科学に則った具体的な施策を提案する際に役立ちます。

データを適切に取り扱って管理する能力も育めるので、統計検定をきっかけにスポーツアナリストとしてのスキルを高めていきましょう。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは、Word、Excel、PowerPointといったOffice製品を有効活用できる能力を証明する資格です。

スポーツアナリストはデータの管理や提供の際にOffice製品を使うケースが多いので、MOS資格を取得することで業務の効率化を図れます。

分かりやすくグラフでデータを表示したり、今後の施策や方向性をプレゼンするための資料を作ったりといったことがスムーズに可能となるので、スポーツアナリストとしての評価を高められるでしょう。

まとめ

スポーツアナリストになるためには、特別な資格が必要ありません。

そのため資格取得に時間をかけなくても問題ありませんが、その分スポーツアナリストとしての能力を磨いて、客観的に評価される実績を積み重ねることがポイントです。

この機会にスポーツアナリストの資格の現状や、取得することで役立つ関連資格をチェックしてみましょう。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!