業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×テクノロジー
  4. スポーツアナリストの 年収についてご紹介します。

スポーツアナリストの
年収についてご紹介します。

スポーツアナリストの
年収についてご紹介します。

スポーツアナリストは、昨今スポーツ業界でも重要視されるようになった、データを活用した業務を行える専門家です。
データ収集、分析、その結果を参考にした提案など、スポーツチームや選手を支える新たな職業として注目されています。
その重要性の高さはスポーツアナリストの年収にも現れていて、今後もその待遇の良さや需要の高さは上昇していくと予想されるでしょう。
こちらではスポーツアナリストの年収と、今後の傾向などについて解説します。

スポーツアナリストの仕事について

スポーツアナリストとは、スポーツチームや選手に対して、データの提供や分析を行うのが仕事です。

試合結果や選手の各種データを記録・分析して、改善策やパフォーマンス向上につながるトレーニング方法の指導などを実施します。

チーム全体の実力の底上げや、選手個人のレベルアップに貢献することを目指すのが、スポーツアナリストの役割となるでしょう。

 

近年はデータを大量に扱えるシステムやAI(人工知能)・IoT技術の発展によって、多くの業界でデータの有効活用が考えられています。

それはスポーツ業界でも同じで、データを活用した具体的な施策の考案やトレーニング方法・環境の改善などは、チームや選手を変えるきっかけとして重要視されているのです。

本格的なデータ活用・応用は、専門知識が必要とされるため、スポーツアナリストのスキルを持つ人材に注目が集まっています。

そのため課題改善や目標達成を目指すスポーツチームや、データ解析が行える人材を求めるスポーツ関連事業を展開する企業では、今後もスポーツアナリストの需要が高まっていくでしょう。

スポーツアナリストの年収は?

スポーツアナリストの年収は、「日本スポーツアナリスト協会」によると580万円と報告されています。

「令和2年分民間給与実態統計調査」では日本の一般会社員の年収が約433万円となっているので、かなり高待遇の仕事だと言えるでしょう。

スポーツアナリストはまだ定着しはじめて間もない職業であるため、今後その価値が再度見直される可能性は十分にあります。

そのため現在の年収から、さらに上昇傾向に向かうことも考えられるでしょう。

 

専門知識が必要な現場ほど年収は高い傾向にある

一般的にスポーツアナリストの仕事は、専門知識が必要なほど年収が高くなりやすいです。

例えば本格的な統計学やコンピューターソフトを動かす知識が必要な現場や、特別な競技ルールを覚えなければいけない職場の場合には、年収が高めに設定される可能性があります。

もちろん専門知識が必要な分、精密な計算や分析結果の具体的な解析と予測が求められますが、その見返りである報酬は高くなるでしょう。

 

資格取得などは年収に関係する?

スポーツアナリストになるには特別な資格が必要ないため、基本的には無資格でもスポーツアナリストを名乗り、活動することが可能です。

しかし、必須の資格がないゆえに、自己の能力は別の方法でアピールしなければならないため、就職や年収アップが難しいと捉えられることもあります。

そのためスポーツアナリストは、資格の代わりにこれまでの実績や学歴などを武器に、就職先を決めて年収アップにつなげていくことが必要です。

実際にスポーツアナリストとして活動してきた期間や、学校で習得した知識や技術をアピール材料にしていきましょう。

今は専門学校でスポーツアナリストのスキルを重点的に学べる学科が設置されているケースも多いので、将来的にスポーツアナリストを目指すのなら専攻学科への進学も検討されます。

スポーツアナリストの年収アップの方法は?

スポーツアナリストの年収アップを目指す際には、いくつかの方法が考えられます。

それぞれの方法を確認しておくことで、実際にスポーツアナリストになってから何をすれば年収アップにつながるのかを明確にできるでしょう。

以下を参考に、スポーツアナリストの年収アップ方法を考えてみてください。

 

スポーツアナリストとして実績を作る

スポーツアナリストの年収をアップさせるには、まず実績作りが重要です。

就職先で自分のデータ解析や提案が結果を出せば、スポーツアナリストとしての評価を高められます。

その積み重ねが結果的にスポーツアナリストとしての実力を認めてもらうきっかけになるので、年収アップの実現を近づけるでしょう。

 

スポーツアナリストとしてオールマイティーに高い能力を身につける

特定の分野に特化した能力を持つ「職人」のような人材は、多くの企業にとって魅力的ですが、スポーツアナリストに関してはオールマイティーな万能性が求められるケースが多いです。

基本的にスポーツアナリストは、データ収集、分析、提案・情報提供をひとりで行わなければなりません。

連携して業務にあたるケースもありますが、データ分析に対する齟齬やミスをなくすためにも、幅広い業務を一任されるケースは多いです。

特定の分野でしか仕事ができないスポーツアナリストは、臨機応変な業務ができないと判断され、昇級などに影響する可能性もあるでしょう。

そのためスポーツアナリストの年収アップを目指すのなら、満遍なく関連知識を身につけて万能な人材になることを目標とするのがおすすめです。

まとめ

スポーツアナリストの年収は、比較的高い傾向にあると考えられます。

もちろん実績や就職先によって変わるので、まずは就職時の年収を高められるようにスポーツアナリストとしての能力を磨いていくことを目指しましょう。

スポーツアナリストの実績を積み、今後のキャリアアップなどを検討していくのが、年収アップにつながるポイントです。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!