業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×理学療法士
  4. 理学療法士とスポーツトレーナーの 就職先について それぞれ紹介します。

理学療法士とスポーツトレーナーの
就職先について
それぞれ紹介します。

理学療法士とスポーツトレーナーの
就職先について
それぞれ紹介します。

理学療法士とスポーツトレーナーは、とても人気のある職業として知られています。
就職先として考えられる業種・業界は多く、自分の適性や将来設計に合わせて選択することができるでしょう。
こちらでは、理学療法士とスポーツトレーナーの就職先について将来します。

理学療法士とスポーツトレーナーの就職先について

理学療法士とスポーツトレーナーのスキルは幅広い職場で活かせるため、さまざまな就職先が検討できます。

逆に言えば就職先の選択肢が多いため、事前に方向性や自分の適性を把握して就職活動の準備を進めておく必要があるでしょう。

以下からは、理学療法士とスポーツトレーナーの就職先について紹介します。

理学療法士の就職先一覧

理学療法士の就職先には、以下のようなものが考えられます。

 

  • 一般病院、総合病院
  • リハビリテーション
  • 専門病院
  • 療養型病院
  • 診療所(クリニック)
  • 老人福祉施設
  • 通所リハビリ施設
  • 児童福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 訪問リハビリ
  • 介護用品の開発企業
  • 理学療法士の育成、指導 など

 

主に病院関係の職場が多く、理学療法士のスキルを活かしてリハビリ業務などを行います。

動作分析や評価を行って患者の状態を正確に把握し、運動療法や物理療法などによって症状の改善を目指すのが仕事です。

一般病院や総合病院のなかで働くこともあれば、リハビリテーションや専門病院などの特化した環境で仕事をすることもあります。

病院に勤務するだけでなく、訪問リハビリなどの働き方も考えられるので、自分の働きやすい環境を選べます。

 

そのほか、介護用品や義足などの商品開発に関する会社に就職して、専門知識を活かして働くことも可能です。

知識を活かして働くのであれば、後進の理学療法士の育成や指導を行うことも考えられます。

直接医療現場でリハビリなどの仕事をするのではなく、開発や指導を行う就職先に進むことも可能な点が特徴です。

 

また、近年の理学療法士の就職先には、スポーツ関係の職場も含まれるようになっています。

理学療法士のスキルは、プロスポーツ選手のリハビリやケガの防止にも役立つため、需要は高くなってきているのです。

スポーツトレーナーの仕事に興味がある場合には、理学療法士の資格を取得した上で就職することも考えられます。

 

スポーツトレーナーの就職先一覧

スポーツトレーナーの就職先には、例えば以下のようなものがあります。

 

  • プロスポーツチーム
  • 企業の健康維持などの支援
  • スポーツジム
  • フィットネスクラブ
  • 地域のスポーツチーム
  • 中学や高校の部活動
  • 整体院
  • 個人のアスリートとの専属契約 など

 

基本的にスポーツ施設やチームが、スポーツトレーナーの就職先です。

プロスポーツ選手のパフォーマンス向上をサポートしたり、ケガの予防や回復方法を指導したりするのが仕事になるでしょう。

チームに所属して全体の支援を行うこともあれば、選手個人と契約して専属でサポートをすることもあります。

実績を作れば有名チームや選手と契約して、さらなる活躍を目指すこともできるでしょう。

 

そのほか、健康維持を目的に身体を動かしたい人、専門知識を持つプロによる指導を受けたい人など、スポーツ選手ではない人を対象に仕事をするケースもあります。

スポーツジムやフィットネスクラブなどに就職する場合には、その人の目的に合わせてスポーツトレーナーとして学んだ知識を活かすことが求められるでしょう。

 

また、近年は中学や高校の部活動で、専門的な指導を任されることも増えています。

特定のスポーツで実績を持つ場合には、学校内のチームの指導員として仕事をすることも考えられるでしょう。

理学療法士とスポーツトレーナーの就職活動のポイント

理学療法士とスポーツトレーナーには、さまざまな就職先が考えられます。

一方でスムーズな就職を目指すのなら、事前に就職活動のための準備を行う必要があるでしょう。

以下からは、理学療法士とスポーツトレーナーの就職活動におけるポイントを解説します。

 

自分のやりたいことを明確にする

理学療法士とスポーツトレーナーを目指すのなら、まずは自分のやりたいことを明確にすることがポイントです。

理学療法士とスポーツトレーナーの就職先は非常に多く、業種や働き方も多様となっています。

そのため自分のやりたいことがはっきりしていないと、就職後の仕事が面白く感じられなくなる可能性があるのです。

「〇〇のような仕事がしたい」「〇〇のような職場で働きたい」といった漠然とした感覚でも問題ないので、まずは理学療法士やスポーツトレーナーとして働く自分の姿をイメージしてみましょう。

 

学校の就職支援制度を活かす

理学療法士とスポーツトレーナーを目指す際には、大学や専門学校に通うことが一般的です。

学校では生徒の就職活動を支援する制度を整えていることが多く、就職に関するアドバイスや面接対策などを指導してもらうことができます。

生徒一人一人に対して適切なサポートが行われているので、悩みや疑問を解消しつつ就職活動が進められるでしょう。

 

専門学校などは就職先の企業や病院と太いパイプを持っているため、就職情報の入手や業界別の特別講義なども行えます。

業界研究を行った上で就職活動が行えるので、目標とする企業への就職を叶えやすいでしょう。

 

資格取得サポートの活用もおすすめ

理学療法士になるには国家資格の取得が必要になるため、就職前に試験に合格しておかなければなりません。

専門学校などでは資格取得のための対策講義なども行われるので、合格に向けた準備が効率良く進められます。

 

スポーツトレーナーを目指す人も、理学療法士の資格を取得することで、就活が有利になります。

そのほかにも専門学校では学科によっては柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師などの資格を取得でき、就職に活かすことが可能です。

資格は就職時に大きなメリットとなるので、専門学校に通う際には取得サポート制度を積極的に利用してみましょう。

まとめ

理学療法士とスポーツトレーナーの就職先には、さまざまな業界・職種が考えられます。

この機会にどのような就職先があるのかをチェックして、自分の理想的な職場をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

理学療法士とスポーツトレーナーの就職時には、学校の支援制度を上手に活用するのがポイントになっています。

これから理学療法士とスポーツトレーナーになるために進学を検討しているのなら、就職サポートが充実している学校を選ぶのがおすすめです。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!