業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×理学療法士
  4. 理学療法士とスポーツトレーナーの 違いについて ご紹介します。

理学療法士とスポーツトレーナーの
違いについて
ご紹介します。

理学療法士とスポーツトレーナーの
違いについて
ご紹介します。

理学療法士とスポーツトレーナーの職業は、人間の運動能力の向上や改善をサポートする仕事です。
仕事内容に類似性がみられますが、理学療法士とスポーツトレーナーは多くの違いがあり、それぞれが独立した職業として成り立っています。
こちらでは理学療法士とスポーツトレーナーの違いについて解説し、仕事内容や資格の必要性などを確認します。

理学療法士とスポーツトレーナーの仕事内容の違いについて

理学療法士とスポーツトレーナーは、仕事内容に違いがあります。

以下からは、理学療法士とスポーツトレーナーの仕事の違いについて解説します。

理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事は、患者の日常的な動作の改善が基本となっています。

ケガや病気などを原因に通常の運動ができない人を対象に、医学的なリハビリによるアプローチで支援を行うのが特徴です。

主に医療施設に勤務して患者とコミュニケーションを取り、個々の症状や評価に応じて医学知識を用いたサポートを行います。

 

理学療法士の仕事内容には、実際に身体を動かして可動域や筋力を回復させる「運動療法」と、温熱・電気・赤外線・手指などの外部刺激を与えることでリハビリを進める「物理療法」の2つがあります。

それぞれの理学療法の知識を身につけて、必要に応じて手法を選択していくことが理学療法士の役割です。

 

理学療法士はスポーツ関連の職場で働くこともでき、負傷したスポーツ選手の回復や、準備運動などケガを予防する方法の指導を行っています。

スポーツチームに同行して仕事をする理学療法士も増えてきていて、チーム専属で仕事をする人たちは「フィジオ」と呼ばれます。

 

スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーの仕事内容は、スポーツをするアスリートの運動能力向上やリハビリ指導がメインです。

スポーツ関連施設などに勤務して定期的にアスリートの支援をすることもあれば、チームに所属するプロのアスリートを対象に専属のサポートを行うケースもあります。

 

スポーツトレーナーの仕事には、「アスリートとしての能力向上を目的とした指導・トレーニングを行う」「ケガをした人の回復をサポートするリハビリ指導」「アスリートが試合で本来のパフォーマンスを発揮するためのコンディション調整」といった3つの種類があります。

それぞれの仕事内容に合わせた指導方法や支援方法を学び、求められるスタイルに応じられるように備えることがスポーツトレーナーの仕事です。

理学療法士とスポーツトレーナーには資格が必要?

理学療法士とスポーツトレーナーは、実際に仕事に就くために必要な条件も違います。

以下では理学療法士とスポーツトレーナーになるための、基本的な流れと条件を解説します。

 

理学療法士として働くには国家資格の取得が必要

理学療法士として働くには、国家資格の「理学療法士」を取得しなければなりません。

資格取得が完了してはじめて、理学療法士の業務を担うことができるのです。

国家資格の試験は年1回・毎年2月に実施され、全体で272点中164点以上、実地問題で117点中41点以上を取得する必要があります。

 

理学療法士の国家資格試験を受験するには、文部科学大臣によって指定された養成学校に進学し、3年以上の専用カリキュラムを学び終えることが条件です。

4年生の大学、もしくは3年制の専門学校や短大に進学し、理学療法士として働けるだけの知識とスキルを身につけることが求められます。

養成学校では一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習といった科目を学び、実践的な能力を育みます。

理学療法士の資格は、事前に「作業療法士」の資格を持っていると一部試験が免除されるのも特徴です。

同時に作業療法士の資格取得を目指す場合には、理学療法士の試験を有利に進められるでしょう。

 

理学療法士の資格の合格率は、直近5年で以下のようになっています。

 

2016年:74.1%

2017年:90.3%

2018年:81.4%

2019年:85.8%

2020年:86.4%

 

高いときでは90%以上の合格率となっているので、事前にしっかりと学習を行えば理学療法士の資格を取得することは特別難しくはありません。

 

スポーツトレーナーには特別な資格が不要

スポーツトレーナーになるには、理学療法士と違い特別な資格が必要ありません。

そのため独学で関連知識を学んだ場合でも、スポーツトレーナーの職業に就ける可能性はあります。

しかし、基本的には実績や学習経歴のない人材を、スポーツトレーナーとして受け入れる企業は少ないです。

フリーランスとして活動することも考えられますが、実績のないままでは個人事業主として働ける機会も少なく、充実した活躍は難しいでしょう。

 

スポーツトレーナーとして働きたいのなら、専門知識を学べる大学や専門学校に進学して、卒業の実績を作ることがおすすめです。

専門学校のスポーツ科学科を専攻すれば、最短2年のカリキュラムでスポーツトレーナーに必要な知識を学べます。

専門学校なら専用の施設・環境で実践的なスキルを習得できるので、卒業後はスムーズに就職活動を進められるでしょう。

 

また、専門学校ではスポーツトレーナーの仕事に役立つ各種関連資格を取得できます。

例えば、以下のような資格の取得が考えられるでしょう。

 

  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
  • NESTAジャパン NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)
  • 日本スポーツ協会公認アシスタントマネジャー など

 

自身のスキル向上と客観的な能力の証明を行うために、スポーツトレーナーに関連する資格を取得することも考えられます。

専門学校の理学療法専攻に進学して、理学療法士の資格を取得した上でスポーツトレーナーを目指すことも可能です。

理学療法士になるために必要とされる解剖学や生理学の知識は、スポートトレーナーの現場でも役立てられます。

将来的にさまざまな職業に就く可能性を考慮して、選択肢を増やしておくこともおすすめです。

理学療法士とスポーツトレーナーは仕事内容や勤務先の違いで分けられる

理学療法士とスポーツトレーナーは、基本的に仕事内容や勤務先の違いによって分類されています。

医療施設などで患者を相手に運動能力の改善を行いたいのなら理学療法士を、スポーツ施設やプロスポーツチームで選手の能力向上に貢献したいのならスポーツトレーナーを目指すことが考えられるでしょう。

 

理学療法士とスポーツトレーナーはそれぞれ違いがある一方で、必要とされるスキルには共通点が多くみられます。

理学療法士とスポーツトレーナーの両方を学習し、それぞれの業界でプロフェッショナルとして働けるように備えることもおすすめです。

まとめ

理学療法士とスポーツトレーナーには、多くの違いがあります。

この機会に仕事内容や資格の必要性などを確認し、これからの就職を計画してみてはいかがでしょうか。

理学療法士とスポーツトレーナーのどちらを目指す場合にも、まずは専門学校などで勉強をすることがおすすめです。

将来に役立つスキルを学べる学科や、資格の受験要項を満たせるカリキュラムをチェックして、進学の準備をしてみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!