I医建KEN 名古屋医健スポーツ専門学校

入学・募集要項

内部進学について

名古屋医健を卒業後、別学科でさらに学びたい方へ

自身がめざす理想の将来像を叶えるために他学科へ内部進学する学生もいます。例えば、「ケガの施術まで行えるトレーナー」「より深くコンディショニングに関わっていきたい」というように、スポーツ科学科で身に付けた知識・技術に加え医療系国家資格を取得するなど、幅広く学んでいただけるためのサポートをしています。

内部進学者の声

内部進学名古屋医健スポーツ専門学校【スポーツ科学科】から【鍼灸科】へ進学
  • 新美さん
  • 自分がケガをした時に、鍼治療とリハビリを別の治療院で受けており、先生も雰囲気も違う環境での治療が大変だった経験から、鍼治療とスポーツリハビリの2つができるようになりたいと思い、鍼灸科への内部進学を決めました。既修得単位認定制度で入学金や授業料が免除されるため、学費を抑えて勉強することができ、とても助かっています。将来は、鍼灸の国家資格を取得して自分の治療院を持ち、スポーツ科学科や選択ゼミで学んだことも活かして、幅広い方々に治療をしていきたいです。

    鍼灸科 Ⅰ部

    新美さん

内部進学名古屋医健スポーツ専門学校【鍼灸科】から【柔道整復科】へ進学
  • 山川さん
  • 2つの国家資格を取得し、治療院で働きながらマリンスポーツでのケガの予防や治療をしていきたいため、柔道整復科へ内部進学をしました。 私より若い方が多いクラスですが、年齢を気にせず接してくれ、みんなと協力して勉強をしていく環境があるため、楽しい学校生活が送れています。また、鍼灸科で学んだ知識をもって授業が受けられるため、理解がより深まります。既修得単位認定制度を利用することで、免除される科目もあり、仕事や授業の予習・復習として活用できるため非常に助かっています。

    柔道整復科 Ⅱ部

    山川さん

既修得単位認定制度であなたのキャリアをサポートします

本校の学科へ内部進学する場合、入学金が免除されます。また、既に履修された授業科目(基礎分野・専門基礎分野・専門分野)で、同一科目もしくは授業内容が同一の場合、単位を認定し、その科目の履修を免除します。認定された科目に対しては、特別奨学金を付与します。詳しくは、既修得単位認定制度をご確認ください。

  • Case1内部進学

    スポーツ科学科から
    理学療法科へ内部進学

    ※B判定以上(100〜70点)の科目

  • Case2内部進学

    理学療法科から
    鍼灸科へ内部進学

    ※B判定以上(100〜70点)の科目

  • Case3内部進学

    柔道整復科から
    鍼灸科へ内部進学

    ※B判定以上(100〜70点)の科目