業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの仕事
  4. アスレティックトレーナーになるには 専門学校と大学どっちがオススメ? メリット・デメリットをご紹介します。

アスレティックトレーナーになるには
専門学校と大学どっちがオススメ?
メリット・デメリットをご紹介します。

アスレティックトレーナーになるには
専門学校と大学どっちがオススメ?
メリット・デメリットをご紹介します。

アスレティックトレーナーとは、スポーツ選手の健康やケガの管理と支援を行う職業です。
ケガの予防や応急処置、リハビリなどによるサポートが行えるため、プロスポーツチームや医療現場から高い需要を見出されています。
将来性も高いため、今から本格的にアスレティックトレーナーを目指して勉強をすることも考えられるでしょう。

アスレティックトレーナーになるには、まず専門学校や大学で必要な知識と技術の習得を目標にします。
そのためそれぞれの環境のメリット・デメリットを確認して、自分に向いている方を選択する必要があるでしょう。
こちらではアスレティックトレーナーになるには、専門学校と大学のどちらが良いのかについて、メリット・デメリットを紹介しつつ解説します。

アスレティックトレーナーになるには?

アスレティックトレーナーとは、スポーツ選手のコンディションやケガの状態を管理・予防し、専門知識による支援を行う職業です。

安全なトレーニング指導やメディカル管理が仕事になるため、プロスポーツチームに直接就職するケースも珍しくありません。

 

アスレティックトレーナーはスポーツの現場が職場となることも多く、その場で健康管理や万が一のケガの対処などを行います。

ケガの回復をサポートするためのリハビリや、体力を取り戻すためのトレーニングの手伝いなども仕事になるのが特徴です。

そのためスポーツ知識に加えて、本格的な医学の知識なども求められます。

スポーツトレーナーと比較すると、より専門性の高い職業になっていると言えるでしょう。

 

そんなアスレティックトレーナーになるには、専門学校や大学への進学が基本です。

スポーツ医学や運動生理学などの専門知識を学べる環境に身を置き、実践的なスキルを習得していくことが求められます。

専門学校と大学のどちらを選んでもアスレティックトレーナーを目指すことはできますが、それぞれの環境には違うメリット・デメリットがあります。

そのため事前に詳細を確認して、自分に合っている学習環境でアスレティックトレーナーを目指すことがおすすめです。

アスレティックトレーナーの進学先に専門学校を選ぶメリット・デメリット

アスレティックトレーナーの進路として専門学校を選ぶことには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

アスレティックトレーナーの学習に集中できる

専門学校では特定のスキルや職業に特化した授業カリキュラムが組まれているため、アスレティックトレーナーの学習に集中しやすいのがメリットです。

アスレティックトレーナーに必要とされる知識・技術を重点的に学んでいけるので、効率良く就職を目指せるでしょう。

 

専門学校では集中的な学習環境が用意されているため、卒業までの期間も短く設定されています。

最短2年で卒業し、アスレティックトレーナーとして就職を実現できるので、すぐに働きたい人には専門学校がおすすめです。

 

スムーズな資格取得が目指せる

アスレティックトレーナーになるためには必須の資格などはありませんが、取得しておくことで就職やその後の活動が有利に働くものはあります。

例えば「日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー」の資格は、アスレティックトレーナーとしての能力を持つことを客観的に証明するのに役立つでしょう。

専門学校では資格取得をサポートする制度や対策講座などが展開されるので、スムーズに資格取得が目指せるのがメリットです。

資格をきっかけに就職やスポーツチームへの参加が決まることもあるため、専門学校に進学するのなら積極的に公認資格の取得を目指しましょう。

 

就職先が狭まる可能性もある

専門学校は授業内容の専門性の高さゆえに、就職先が狭まってしまう可能性がある点はデメリットです。

アスレティックトレーナーの専門知識をスムーズに学べる反面、スポーツトレーナーなどそのほかの職種に求められる専門的なスキルは、カリキュラムに含まれないケースもあります。

そのためアスレティックトレーナー以外の就職も考えるのなら、事前に進学予定の専門学校の授業内容と具体的な就職先を確認しておきましょう。

アスレティックトレーナーの進学先に大学を選ぶメリット・デメリット

アスレティックトレーナーになるときに大学を選ぶのなら、以下のようなメリット・デメリットが考えられます。

 

座学中心でしっかりと知識をつけられる

大学は座学を中心とした授業が展開されることが多いため、しっかりとアスレティックトレーナーに必要な知識を身につけられます。

アスレティックトレーナーは実際の現場でリハビリやケガの対処を行うことがあるため、明確な知識とそれを活かす方法を把握することは必須です。

大学で時間をかけて多くの知識を吸収していくことが、即戦力として働けるアスレティックトレーナーになる道筋となるでしょう。

 

複数の資格取得が目指せる

大学は4年間の在学期間があるため、その間に複数の資格取得を目指せるのもメリットです。

アスレティックトレーナーに関係する資格である「日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー」「認定アスレティック・トレーナー(JATAC-ATC)」などを取得することはもちろん、スポーツトレーナーやパーソナルトレーナー、そのほか医学系の資格を取ることも検討できます。

資格によって就職のしやすさは変わってくるので、大学に進学するのならあらゆる資格の取得を候補に入れるのがおすすめです。

 

授業の選択などに自主性が求められる

大学からアスレティックトレーナーを目指す場合、自分から積極的に学ぶ姿勢を維持しなければならない点がデメリットになります。

大学の授業は基本的に選択制となるため、アスレティックトレーナーになるためにどんな知識が必要なのか、どの授業を受けなければならないのかなどを、自分で考えて行動に移さなければなりません。

消極的な姿勢では大学の充実した授業を活かせず、アスレティックトレーナーになるためのスキルが卒業までに身につけられない可能性も考えられます。

まとめ

アスレティックトレーナーになるには、専門学校や大学へ進学し、専門知識を学ぶ必要があります。

上記で解説した通り、専門学校にも大学にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、まずは詳細を確認してみましょう。

その上でなるべく早くアスレティックトレーナーになりたい人や、資格取得のためのサポートを受けたい人などは、専門学校への進学をおすすめします。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!