業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの仕事
  4. アスレティックトレーナーの 年収はどれくらい?

アスレティックトレーナーの
年収はどれくらい?

アスレティックトレーナーの
年収はどれくらい?

アスレティックトレーナーはスポーツ選手や運動に興味のある人の運動指導やリハビリ支援を行う仕事です。
現在では、スポーツ現場に限らずスポーツ選手のパフォーマンス発揮を手伝うことはもちろん、一般の方々の健康管理や運動機能回復などもサポートできるので、今注目を集めている職業のひとつとなっています。
こちらではアスレティックトレーナーの年収について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナーとは、主にスポーツ選手の健康管理やケガの予防および回復をサポートする職業です。

専門知識を用いてスポーツ選手の心身の状態を管理や、ケガの具合に合わせてリハビリを手伝うことで、少しでも早く日常生活や運動機能の回復を目指します。

そのほか、運動時のコンディショニング管理やトレーニングのサポートも行い、選手が本来のパフォーマンスを発揮できるように支援するのもアスレティックトレーナーの役割となっています。

 

医療面と運動指導面の両方で活躍できることから、アスレティックトレーナーは医療施設で診断を行う医者・看護師と、スポーツ指導を行うトレーナー・コーチをつなぐ役割も担います。

医療従事者と患者様の症状を正確にヒアリングし、指導者に伝えて必要な対策を練るという、重要な仕事も任されるのです。

さまざまなシーンでの活躍が期待されるため、今後もアスレティックトレーナーの需要は多くの業界で高まるでしょう。

アスレティックトレーナーとスポーツトレーナーの違いとは?

スポーツトレーナーとは、スポーツ選手や運動機能の衰えに悩む方々に具体的な指導を行う仕事です。

ともに運動関連の仕事を行う関係から、アスレティックトレーナーとスポーツトレーナーの仕事内容は重なる部分が多くなっています。

 

アスレティックトレーナーはスポーツトレーナーよりも、医療分野に関わる高度なケアまでも行える仕事です。メディカルチェックの結果から選手の状態を管理し、リハビリやトレーニング内容のアドバイスを行います。さらにはスポーツ選手のメンタル面や健康面のケアも担当していきます。

 

また、選手が服用している薬の中にドーピング禁止薬物が入っていないかを調べることも重要な役割です。その競技のルールに反したドーピングに抵触しないか確認していくこともアスレティックトレーナー仕事になります。

そのためメディカル関連の専門知識をつけておくことが、アスレティックトレーナーになる際には重要となります。

 

アスレティックトレーナーになるには?

アスレティックトレーナーになるためには、特別な資格は必要ありません。

しかし、多くの知識が必要となるためスポーツ系の大学や専門学校であらかじめ知識・スキルを学ぶことが、アスレティックトレーナーになるための基本的なルートです。

 

特に専門学校でアスレティックトレーナーについて学ぶと、効率良く必要な知識を得られます。

最短2年間で必要な知識と関連資格の取得を目指せるので、短期間でアスレティックトレーナーに就職するための能力を身につけることが可能です。

専門学校は実習を中心にした実践的な授業が長く行われるので、即戦力として働けるスキルを育めるのも魅力となっています。

アスレティックトレーナーの年収について

アスレティックトレーナーは魅力的な職業ですが、就職の際に気になるのが具体的な年収です。

年収は仕事のモチベーションに関わる重要なポイントなので、事前に詳細を確認しておくことがおすすめです。

以下では、アスレティックトレーナーの年収および収入について解説します。

 

アスレティックトレーナーの平均年収は300〜500万円程度

一般的なアスレティックトレーナーの平均年収は、300〜500万円程度と言われています。

就職する企業やアスレティックトレーナーの個人能力の評価も関連してくるため、平均年収の幅は広くなっているのが特徴です。

就職先の待遇や就職・転職時の評価によって、年収は変動しやすいことを覚えておきましょう。

 

アスレティックトレーナーの初任給は?

アスレティックトレーナーの初任給は、一般的に20万円前後とされています。

平均給与は25~30万円前後に落ち着くことが多く、ボーナスや役職手当などがつくこともあるので、日本国内の平均年収とそう変わらない金額を得られるでしょう。

アスレティックトレーナーの年収を上げる方法とは?

アスレティックトレーナーの年収は、働き方や資格の有無などによっても変わります。

将来の年収アップを目指して今からできることはたくさんあるので、以下を参考に年収を高める方法をチェックしてみましょう。

 

能力の証明に役立つ資格を取得する

アスレティックトレーナーの年収をアップさせるには、自身の能力を証明できる資格を取得するのがおすすめです。

先述したとおりアスレティックトレーナーになるには専門資格の取得は必要ありませんが、その専門的な能力を証明できる資格はいくつかあります。

例えば以下のような資格が、アスレティックトレーナーの年収を高める際に役立つでしょう。

 

  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
  • 日本スポーツ協会公認アシスタントマネジャー
  • NSCA認定パーソナルトレーナー(CPT)
  • 健康運動実践指導者
  • 日本赤十字社救急法救急員 など

 

特に日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格は、国内で唯一の文部科学大臣事業認定資格であり、仕事でプロスポーツチームに帯同する際に必要なものとなっています。

そのほかの資格も、取得することで待遇の良い就職先に採用されやすくなったり、資格手当の給付などを受けられたりといったメリットにつながります。

資格を取得することで就職先の幅が広がるので、年収アップを考えるのなら関連資格の取得を検討してみましょう。

 

プロスポーツチームに所属する

アスレティックトレーナーは、プロスポーツチームに所属して組織全体の健康管理やメンタルケアを行うことが可能です。

試合・競技中のケガに対する応急処置なども可能なので、選手の心身の管理面からチームに貢献できます。

プロスポーツチームに所属するアスレティックトレーナーにはさまざまな役割が求められるため、自然と就職の難易度は高まります。

しかし、就職できれば高い能力が認められたことになるので、年収アップに期待できるでしょう。

チームの規模や成果によっては、年収1,000万円クラスも可能です。

 

有名アスリートとの専属契約を行う

アスレティックトレーナーの就職先には、個人アスリートとの専属契約も含まれます。

実績が認められれば、有名アスリートの専属トレーナーとなって仕事をすることも可能です。

専属のアスレティックトレーナーは、その人のコンディションやメディカル面を完璧に管理することが求められるため、責任の重い仕事です。

しかし、だからこそリターンも大きくなり、高い年収を実現できます。

まとめ

アスレティックトレーナーは、医療現場や運動施設などあらゆる場所で仕事ができる職業です。

今後もその需要は高まると予想されるので、この機会にどのくらいの年収が考えられるのかをチェックしておきましょう。

 

アスレティックトレーナーになるためには、何よりも深い知識と実践的なスキルが必要です。

専門学校に通うことで効率良く必要な能力を獲得できるので、将来の進路を本格的に考えてみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!