業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×テクノロジー
  4. スポーツアナリストになるには?

スポーツアナリストになるには?

スポーツアナリストになるには?

スポーツアナリストとは、スポーツ選手・スポーツチームに対して有益な情報提供やデータ分析を行い、目標達成を支援する職業です。
データ解析や分析ソフトを取り扱う専門スキルや、効果的な戦略を提案するスポーツ関連の知識が必要になるため、専門学校などでしっかりと学んだスポーツアナリストは、今高い需要を得ています。
こちらでは「スポーツアナリストになるにはどうすればいいの?」という疑問と、仕事内容や役割について解説します。

スポーツアナリストとは?

スポーツアナリストとは、各種情報・データを活用してプロチームや選手をサポートする職業です。

これまでに蓄積されたさまざまなデータを活用して、より効率的なトレーニングの改善につなげたり、試合や本番に合わせたスケジュール調整を提案したりすることで、チームや個人を勝利および目標達成に導きます。

プロ選手・チームの支えとなる仕事を行うのが、スポーツアナリストの役割となるでしょう。

 

現代のスポーツはさまざまなデータを収集した上で、分析や応用を行っていくのが当たり前となりつつあります。

IoTやテクノロジー(スポーツテック)の発展によって、スポーツに活かせる細かなデータの収集や管理が難しくなくなっている点が、スポーツアナリストの価値を高めているのです。

今後はスポーツアナリストの能力次第で、チームの成績や選手個人の成果は変わる時代が来るかもしれません。

そのためスポーツアナリストの職業は、これから需要が高まっていくと予想されます。

情報の効率的な収集やデータ分析が仕事

スポーツアナリストは、情報の効率的な収集や管理、その後のデータ分析が主な仕事です。

チームのスコアや傾向をデータ化して蓄積し、それを比較・分析して現在のチーム状況や個人のコンディションなどを把握することが役割となるでしょう。

 

分析した結果は適宜提示して、その意味や今後の予測を解説することもスポーツアナリストが行うべき仕事です。

「なぜこのような結果になっているのか」「改善のためにはどんなことが必要なのか」といったポイントを伝えることで、個人の悩みやチームの停滞を解消していくのも重要となります。

 

分析ツールや管理システムなどコンピュータ関連のスキルも必要

スポーツアナリストの仕事内容を正確にこなすには、データを分析する専用ツールや、管理システムを利用するコンピュータ関連のスキルも必要です。

どのようなツールがあり、具体的にどんな効果が得られるのかを理解できなければ、スポーツアナリストとして効率的な業務が行えません。

そのため関連ツールやシステムの知識は常に更新し、最適な環境の構築を目指すのもスポーツアナリストの役割です。

スポーツアナリストになるには?

スポーツアナリストになるには、特別な資格などは必要ありません。

そのため仕事に必要な能力が備わっていて、それを活かせるだけのスキルがあるのなら、誰でもスポーツアナリストを目指せます。

そもそもスポーツアナリストには明確な定義がなく、上記で解説したような仕事ができる人をスポーツアナリストとして雇用することが基本です。

 

一方で、自称スポーツアナリストとして名乗るだけでは就職は難しく、具体的なスキルや実績の提示が求められます。

そのためスポーツアナリストになるには、具体的な実績作りやスキルの習得が必要とされるでしょう。

例えばスポーツアナリストになるには、以下のようなルートで実績とスキルを身につけることが考えられます。

 

スポーツ関連企業に就職してアナリスト業務の実績を重ねる

スポーツアナリストになるには、スポーツ関連企業に就職してからアナリスト業務を担当し、実績を重ねていく方法があります。

最初からスポーツアナリストを目指すのではなく、まずは関連企業に就職して仕事をこなしつつ、スポーツアナリストに必要な実績を獲得していく流れが考えられるでしょう。

 

一般企業だけでなく、実際にスポーツ選手やその指導者として働くことも、スポーツアナリストになるための実績作りになります。

スポーツ関連の仕事からキャリアチェンジを行い、スポーツアナリストになるルートも計画してみましょう。

 

専門学校でスキルを学びながらスポーツアナリストの活動を行う

専門学校などでスポーツアナリストになるためのスキルを学びながら、実際にチームや個人の選手に接触してアナリスト業務を手伝わせてもらうことでも実績作りが行えます。

スポーツ関連の専門学校であれば、スポーツアナリストのスキルを集中して学べる学科が設置されているケースもあるので、効率良く勉強ができるでしょう。

 

一方で、専門学校を卒業してすぐにスポーツアナリストになれないケースも多いです。

スポーツアナリストの職業はまだ確立されてから時間が経っていないため、チームや個人が必ずしも募集をかけているとは限りません。

そのためスポーツアナリストになりたくても、通常の就職方法では募集が見つけられないこともあるでしょう。

スポーツ選手やチームとつながりを作ったり、専門学校からスポーツアナリストの仕事を斡旋してもらったりすることが、就職につながる可能性のひとつとなります。

まとめ

スポーツアナリストの職業は、これから多くのプロスポーツチームや選手から必要とされる可能性があります。

今から専門の知識や技術を身につけておけば、スポーツアナリストとしてプロを支える立場で仕事ができるようになるでしょう。

この機会にスポーツアナリストになるにはどうすればいいのかを確認し、具体的な就職計画を立ててみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!