業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×テクノロジー
  4. スポーツアナリストの就職先は どんなところ?

スポーツアナリストの就職先は
どんなところ?

スポーツアナリストの就職先は
どんなところ?

スポーツアナリストは、情報収集や分析業務を行って効果的なデータ利用の方法などを提案していく職業です。
プロスポーツ選手・チームにとってスポーツアナリストの重要性は認知されつつあり、多くの就職先が考えられるようになっています。
こちらでは、スポーツアナリストの就職先について解説します。

スポーツアナリストとは?

スポーツアナリストとは、データ分析やその結果から見える情報の提供などを行う仕事です。

主にプロスポーツチームやプロスポーツ選手に対して情報提供を行い、目標の達成や能力の向上などをサポートします。

 

現代スポーツはどんどんデジタル化されていて、さまざまな情報やデータを役立てられる環境が整っています。

しかし、スポーツで使われるデータは専門家による分析が必要とされるケースが多く、チームの監督やスタッフ、選手などが自由に利用できることは少ないのです。

そのためスポーツアナリストのようなデータ分析の専門家が、プロチームや選手の成長に貢献すると期待されています。

スポーツアナリストが蓄積されたデータを分析すれば、もっと効果的なトレーニング方法を提案したり、チームマネジメントの効率化を図ったりすることが可能です。

チームの勝利や選手のレベルアップにつながる情報を提供できるので、スポーツアナリスト次第でその後の成果が左右されることもあるでしょう。

 

今後はスポーツアナリストの価値が高まり、就職先が増えることも考えられます。

スポーツアナリストの就職先について

スポーツアナリストの需要は高まりつつあるため、さまざまな就職先が考えられます。

事前に就職先の候補を確認しておくことで、具体的な就職活動を計画できるでしょう。

その一方で、スポーツアナリストの仕事はまだ認知されはじめて間もないため、「スポーツアナリストとして就職する」ことが難しい可能性があります。

別の職業に就職しつつ、スポーツアナリストとしての業務を行うケースも考えられるので、そういった働き方があることも以下を参考に確認しておきましょう。

 

プロスポーツチームへの就職

スポーツアナリストにとっては、プロスポーツチームへ就職して分析や情報収集業務を行うのがひとつの理想です。

プロチームに所属できれば、そのチームに対して貢献できる働きが仕事になるので、モチベーションを高く維持できます。

チームの一員として仕事ができる充実感は、ほかの就職先にはない特徴になるでしょう。

スポーツアナリストとしての能力が認められ、成果がチームの勝利につながっていると判断されれば、年収アップにつながるのも魅力です。

 

スポーツジムにパーソナルトレーナーなどとして就職

スポーツアナリストとしてではなく、スポーツジムにパーソナルトレーナーやインストラクターとして就職するケースも考えられます。

トレーナーやインストラクターの仕事のなかで、データ分析および提供の業務を実施することで、スポーツアナリストとしてのスキルを活かせるでしょう。

肩書き上はスポーツアナリストになりませんが、業務上スポーツアナリストと同じ仕事をしていたという実績は、その後のキャリアアップに活かされます。

将来的に本業のスポーツアナリストとして仕事ができるように、準備を進めるのもおすすめです。

 

リサーチ企業へ就職してWebメディアへの発信・データ提供などを仕事にする

スポーツ関連のデータリサーチを行っている企業も、スポーツアナリストを目指す際には就職先のひとつになります。

リサーチ企業では、さまざまなデータの収集と分析を専門家が行い、その結果や予測を、Webをはじめとした各種メディアに提供・発信しています。

リサーチ企業でスポーツに関する担当者となれれば、スポーツアナリストと同じ業務を会社内で行えるでしょう。

リサーチ企業での実績を糧にして、その後の転職活動からスポーツアナリスト一本に絞ることも考えられます。

そのほか、リサーチ企業での実績は、スポーツ解説者やマーケティング関係の仕事につながる可能性もあるでしょう。

 

独立して個人選手との契約を行う

スポーツアナリストとしての能力が高く、かつ充実した実績や経験がある場合、独立して個人選手と契約することも可能です。

個人のプロスポーツ選手と専属契約できれば、スポーツアナリストの仕事だけに集中できます。

個人契約を就職先とするには、人間関係や運も必要なので、狙って就職活動をすることは難しいですが、チャンスがあったらぜひチャレンジしてみましょう。

今後スポーツアナリストの仕事は細分化される可能性がある

スポーツアナリストの仕事は、これから細分化される可能性も考慮されます。

これまではデータ収集、分析、情報提供といった作業は、全て一人のスポーツアナリストが担ってきました。

しかし、今後それぞれの作業がより専門的なものとなれば、業務ごとに専用のスポーツアナリストを設置する時代がくるかもしれません。

そうなればスポーツアナリストの需要は向上し、就職できる可能性も高まります。

スポーツアナリストの重要性や仕事内容が今後どのように変化していくのかも、要チェックとなるでしょう。

まとめ

スポーツアナリストとして働くには、スポーツアナリストという職業だけを就職先とするのではなく、関連事業を行っている企業も視野に入れるのがポイントです。

各種企業でスポーツアナリストとしての実績を積むことができれば、そこからキャリアアップで専属のスポーツアナリストを目指すこともできるでしょう。

スポーツアナリストの能力はプロスポーツチームや選手だけでなく、そのほか幅広い企業に需要があることを覚えておいてください。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!