業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

メディカルトレーナーとは?

メディカルトレーナーとは?

メディカルトレーナーとは、どのような職業でしょうか。
そんな疑問を解決するために今回は、メディカルトレーナーの仕事内容や働く環境を紹介します。
メディカルトレーナーの仕事に興味がある人やメディカルトレーナーを目指そうとしている人は必見です。

メディカルトレーナーとは

メディカルトレーナーは、身体の不調やトラブルがある人に、医学的知識やスキルを生かしてサポートする職業です。
サポートする人の対象範囲は広く、アスリートから一般の方まで老若男女に及びます。
どのような人達を対象として働くかは、就職先によって異なるため自分がどのような人達をサポートする仕事をしたいかを考え検討すると良いです。
怪我などで負傷を負った人が、これまで通り生活を送れるようにサポートするという役割の他、体だけではなく心のサポートも行っていきます。

メディカルトレーナーの
仕事内容を紹介

メディカルトレーナーは、一般的なリハビリを終えた人がその後これまでの生活と変わらずに生活できるようにサポートする役割を担い、医師や理学療法士が基礎のリハビリをしたのち、サポートしていきます。
アスリートであれば、体を動かす仕事のため、すぐにでも競技ができるようにと回復を臨む人がほとんどです。
無理のない範囲でトレーニングメニューを考え、指導していくことはメディカルトレーナーの仕事の一つです。
一般の方に向けては、仕事等問題なく復帰できるようにサポートしていきます。
いずれも体に負担がかかるトレーニングをすると将来的にも悪い影響を及ぼす危険性もあるため、無理ない範囲で着実に回復を目指せるようにサポートしていくことが重要です。
また、怪我のサポートだけではなく、怪我などを起こさないように指導していくのもメディカルトレーナーの仕事です。
食生活や体の動かし方で怪我などを事前に防ぐことができるため、生活習慣の見直しや運動方法などを指導していくこともあります。

メディカルトレーナーに向いている人

メディカルトレーナーはコミュニケーションが必要不可欠な職業です。
どのような悩みを抱えているのか、何を求めているのかをコミュニケーションを取りながら理解していくことが重要です。
身体の不調は本人にしか分からない部分も多く、無理をさせないためにもしっかりとしたヒアリングを行う必要があります。
リハビリは思うように体が動かずに辛いと感じる人も多く、そのような人達にはメディカルトレーナーが支えとなるよう言葉をかけてあげることも必要です。
相手の話を聞くことも自分の思っていることを相手に伝えることも大切です。
また、リハビリで思うように結果が出ずに焦りを感じ、気持ちが落ち込む人に対しては根気強さを持って対応する必要があります。
身体が思うように動かないと気が立ってしまうこともあると思いますが、そのような人達が諦めてリハビリを投げ出さないように向き合っていかなければなりません。
少しずつしか進まないとしても根気強く、些細な変化でも状況を良くするように尽力できる人が向いています。
そのため、最後まで責任を持って指導できる責任感のある人物が好ましいでしょう。
些細な変化に気付ける人もメディカルトレーナーに向いています。
早く日常生活を送れるようになりたいと、体の痛みがあったとしても無理をしてでもリハビリに臨もうとする人もいますが、無理をすることで治りが遅くなり、身体に悪影響を及ぼすこともあります。
そのような状況を防ぐためにも、体や心の変化に機敏で、変化を感じ取れる人であれば重宝される存在になります。

メディカルトレーナーになる方法

メディカルトレーナーになるには、メディカルトレーナーに必要な知識が学べる専門学校、大学や短期大学などに通うことが一般的です。
専門的な知識もさることながら、スキルなども必要な職業のため実践的に学べる学校であれば、就職後も安心です。
専門学校などであれば、メディカルトレーナーとして活躍する際に役立つ資格取得や就職先のサポートまでしてくれるので、不安にならずに済みます。

メディカルトレーナーは
どのような場所で働く?

メディカルトレーナーは、アスリートとの個人契約や、スポーツチームでスポーツ選手たちを支えることもあります。
近年人気のスポーツクラブやフィットネスジムなどで運動する人たちへの指導や医療機関や福祉施設などで運動指導やリハビリ指導を行っています。
メディカルトレーナーが活躍できる分野は広く、今後も更なる活躍が期待できる職業です。

まとめ

ここまでメディカルトレーナーについて紹介しました。
メディカルトレーナーは、ケガや負傷を負った人を日常生活が送れるようになるまで体と心のサポートをしていきます。
些細な変化に気付ける人や相手の心に寄り添える人であれば、メディカルトレーナーとしての素質があり、重宝される存在となることでしょう。
自分に合った学校選びを行い、メディカルトレーナーの道を進むと良いです。

業界コラム一覧へ