業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×柔道整復師
  4. 柔道整復師とスポーツトレーナーの 就職先について それぞれ紹介します。

柔道整復師とスポーツトレーナーの
就職先について
それぞれ紹介します。

柔道整復師とスポーツトレーナーの
就職先について
それぞれ紹介します。

柔道整復師とスポーツトレーナーは、それぞれの特徴を活かしてさまざまな企業への就職が考えられます。
多くの業界で活躍できるので、就職先選びが難しく感じられることもあるでしょう。
そこでこちらでは、柔道整復師とスポーツトレーナーの就職先について紹介します。

柔道整復師とスポーツトレーナーの就職先を紹介

柔道整復師とスポーツトレーナーは、専門性の高い仕事であるため多くの業界や職場に需要があります。

それぞれ就職先の種類は幅広いため、事前に自分の興味のある業界の研究や企業の特徴を調べて、就職活動の準備を行うことがおすすめです。

以下からは、柔道整復師とスポーツトレーナーの就職先をそれぞれ解説します。

柔道整復師の就職先一覧

柔道整復師は、骨折や捻挫など体の外傷を治療する職業です。

手術はできないものの、手技療法による治療行為を行ってケガの回復を促せるため、医療系の職場への就職が多いです。

具体的には、以下のような就職先が柔道整復師の将来として候補に挙がります。

 

  • 一般病院、総合病院
  • 接骨院
  • 整骨院
  • 介護福祉施設
  • スポーツ関連施設 など

 

病院のほか、接骨院や整骨院に就職して、身体の治療を行うケースが多いです。

診療を行って整復法、固定法といった治療を行い、最終的に運動療法を通じて運動機能の改善を目指す仕事がメインとなるでしょう。

 

柔道整復師のスキルは運動能力の向上などにも役立つため、介護福祉施設やスポーツ関連施設も就職先になります。

介護施設でリハビリをサポートしたり、スポーツ関連施設でケガをしたアスリートの治療を行ったりと、さまざまな働き方が可能です。

 

また、柔道整復師は独立して開業することも将来的なビジョンに含まれます。

接骨院や整骨院を開業して、自分らしい仕事の仕方を追求していくことも可能です。

柔道整復師の資格を持っていればいつでも開業は可能ですが、仕事の実績や柔道整復師の手技が未熟な状態では、安定した運営をしていくことが難しいです。

独立開業を目指す場合でも、まずは上記のような職業に就職して、柔道整復師としての実践的な能力を高めていく必要があるでしょう。

 

スポーツトレーナーの就職先一覧

スポーツトレーナーは、専門知識・スキルでプロスポーツチームや選手のサポートをするのが仕事です。

基本的にスポーツに関する職場に就職し、選手のケガの防止やコンディションの調整を行います。

スポーツトレーナーの体的な就職先には、以下のようなものがあります。

 

  • プロスポーツチーム
  • 企業の健康維持などの支援
  • スポーツジム
  • フィットネスクラブ
  • 地域のスポーツチーム
  • 中学や高校の部活動
  • 整体院
  • 個人のアスリートとの専属契約 など

 

主にプロスポーツチームと契約したり、スポーツ施設を職場にして個人の支援をしたりするのがスポーツトレーナーの就職先です。

スポーツトレーナーは運動能力の向上や改善のサポートができるので、プロスポーツ選手はもちろん運動に興味がある一般人への指導を仕事にできます。

スポーツに関するあらゆるシーンで活躍できるので、スポーツトレーナーとしての就職先の幅は広くなるでしょう。

 

また、近年世間が運動への興味関心を高めているため、スポーツトレーナーの指導を取り入れる一般企業や学校が増えてきています。

企業に出向いて正しい運動方法をレクチャーしたり、学校の部活動で生徒の運動能力を向上させたりといったことも仕事になり得るでしょう。

 

そのほか、スポーツトレーナーとして実績がつけば、プロスポーツ選手と直接契約をすることも考えられます。

専属で不調のケアやトレーニングメニューの提案などを行うことも、スポーツトレーナーの仕事のひとつになるでしょう。

特定のスポーツに深い知識がある場合には、プロ選手との契約が就職先になる可能性もあります。

柔道整復師とスポーツトレーナーは就職しやすい?

柔道整復師とスポーツトレーナーは需要が高いため、きちんと準備を行えば比較的就職はしやすいと言えます。

求人数も安定しているため、柔道整復師とスポーツトレーナーに関する専門学校などを卒業していれば希望する業界で働くことができるでしょう。

 

一方で、柔道整復師として開業をしたり、スポーツトレーナーとして専属で選手と契約したりといった働き方は、実績と能力が求められるため簡単には実現できません。

就職をしてからそれぞれの業務内容について学び、将来のキャリアアップの準備をすることもひとつの方法です。

柔道整復師とスポーツトレーナーの就職活動におけるポイント

柔道整復師やスポーツトレーナーの仕事をするのなら、就職先の情報収集と同時に就職活動のポイントを把握することが重要です。

スムーズに就職を実現するためのコツを、以下で確認してみましょう。

 

働き方に多様性があることを理解しておく

柔道整復師やスポーツトレーナーは、働き方に多様性のある職業です。

同じ治療やリハビリなどの仕事をするとしても、病院や施設に勤務するのか、個人で開業や契約をするのかで働き方は大きく変わります。

自分らしい働き方ができるように、就職先ごとの労働スタイルを調べておくのがポイントです。

 

将来の転職を考えて就職先を選ぶ

柔道整復師とスポーツトレーナーになる際には、新卒の就職先だけでなく将来的な就職先も考えておくことがおすすめです。

柔道整復師とスポーツトレーナーは多くの企業・業界に需要があるため、転職も検討しやすくなっています。

将来的なキャリアアップを考えながら就職をすることで、より理想的な職場を目指せるでしょう。

 

特に接骨院・整骨院の開業やプロスポーツ選手との個人契約を目標とする場合には、そのためにどんなスキルが必要で、どんな職場で学ぶことができるのかをチェックしておきましょう。

 

学校独自のサポートを活用する

柔道整復師とスポーツトレーナーの就職時には、大学や専門学校の就職支援制度を活用することもポイントです。

大学や専門学校には、独自の就職支援サポートの環境が整っています。

特に専門学校では個々の学生に対して手厚い就職支援を行っているので、柔道整復師やスポーツトレーナーになるための適切な準備を進められます。

柔道整復師とスポーツトレーナーを目指すのなら、進学前にその学校独自の就職支援制度の詳細や、企業への就職実績を確認しておきましょう。

まとめ

柔道整復師とスポーツトレーナーは、多くの業界・業種への就職が考えられます。

具体的にどんな職場に就職できるのかを、この機会に確認してみることがおすすめです。

 

柔道整復師とスポーツトレーナーの就職活動をスムーズに進めるには、事前準備と役立つ支援制度の活用がポイントです。

専門学校独自の就職支援制度や特別対策講座などを有効利用して、目標とする職業に就くために備えましょう。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!