業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツ×鍼灸師
  4. 鍼灸師とスポーツトレーナーの 就職先について それぞれ紹介します。

鍼灸師とスポーツトレーナーの
就職先について
それぞれ紹介します。

鍼灸師とスポーツトレーナーの
就職先について
それぞれ紹介します。

鍼灸師とスポーツトレーナーは、それぞれの特徴を活かした就職活動を進めることができます。
どのような就職先があるのかを把握しておくことで、スムーズな就職活動につなげられるでしょう。
以下では、鍼灸師とスポーツトレーナーの就職先について解説します。

鍼灸師とスポーツトレーナーの就職先について

鍼灸師とスポーツトレーナーの就職先は、それぞれさまざまな業界にまたがっています。

多くの選択肢のなかから、自分の適性や求めるやりがいに合った就職先を選びやすいでしょう。

以下を参考に、鍼灸師とスポーツトレーナーにそれぞれどのような就職先があるのかを確認します。

鍼灸師の就職先の種類

鍼灸師は、「はり(鍼)」や「きゅう(灸)」といった専用の道具を使って施術を行う職業です。

直接人の身体に投薬や手術を行うのではなく、ツボ(経穴)にはりを刺したりきゅうで温めたりすることで、自然治癒力や免疫機能を高める方法が取られています。

一般的な西洋医学ではできない治療方法が可能なので、鍼灸師は多くの業界・業種に需要があります。

 

例えば鍼灸師の就職先には、以下のような種類があります。

 

  • 鍼灸院
  • 病院やクリニック
  • 診療所
  • リハビリ施設
  • 介護福祉施設
  • エステサロン(美容鍼灸が行える場所)
  • フィットネスジムやトレーニング施設 など

 

鍼灸師の就職先として最初に考えられるのが、はり師ときゅう師が専門的な治療を行う鍼灸院です。

鍼灸院なら鍼灸師としての能力を存分に発揮できる環境が整っているので、日々の業務にやりがいを感じやすく、将来の実績作りにも役立ちます。

鍼灸師を目指すのなら、まずは鍼灸院を就職先の候補として考えることになるでしょう。

 

鍼灸師は病院やリハビリ施設などに就職して、はり治療やきゅう治療を行うことも可能です。

医師や理学療法士など別の職業の人たちと連携して、患者に必要なサポートを実施することが役割になります。

 

また、鍼灸師の施術は美容への効果も見込めるため、エステサロンが就職先になることもあります。

美容鍼灸と呼ばれる施術を行うと、肌のトラブル改善やホルモンバランスの調整などに影響が出るので、鍼灸師ならではのアプローチで顧客のサポートが可能です。

はり治療やきゅう治療はリラックス効果によるストレス軽減にも期待できるので、身体の内側から美容へのプラス効果を引き出すことができるのも特徴となっています。

 

近年の鍼灸師は、その独自の施術方法を活用してアスリートのサポートを仕事にするケースも増えています。

ジムやトレーニング施設に就職することで、スポーツで疲弊した身体の治療にも貢献できるでしょう。

鍼灸師として実績がつけば、プロスポーツチームや選手個人の専属で働くことも考えられます。

 

そのほか、鍼灸師は自分の鍼灸院を開業して独立する道も考えられます。

鍼灸師として働いてきた経験を活かして開業すれば、自分だけのお店で自由に働くこともできるでしょう。

将来的に鍼灸院の開業を視野に入れるのなら、キャリアアップを意識して就職先を決めるのがおすすめです。

 

スポーツトレーナーの就職先の種類

スポーツトレーナーは、スポーツ関連で働く人たちやアスリートを専門知識でサポートする仕事です。

試合に向けてコンディションを整えるメニューを考案したり、ケガをしないためのトレーニング方法を指導したりと、さまざまな支援でアスリートの実力を発揮することに務めます。

 

ケガの回復を早めるリハビリのサポートや、競技中・練習中に発生した事故の応急処置などもスポーツトレーナーの仕事です。

ケガに悩まされることが多いアスリートにとって心強い味方になるので、今後もスポーツトレーナーの需要は高まっていくでしょう。

具体的なスポーツトレーナーの就職先には、以下のようなものが考えられます。

 

  • プロスポーツチーム
  • 企業の健康維持などの支援
  • スポーツジム
  • フィットネスクラブ
  • 地域のスポーツチーム
  • 中学や高校の部活動
  • 整体院
  • 個人のアスリートとの専属契約 など

※上記も「理学療法士とスポーツトレーナーの就職先についてそれぞれ紹介します」からの引用となりますので、文字数には含めておりません。別の記載方法が良い場合には、お手数ですがご連絡ください。

 

一般的にスポーツトレーナーは、プロスポーツチームやスポーツジムなどに就職することが多いです。

プロスポーツチームに所属してチーム全体のトレーニング支援やリハビリ業務を行い、チーム力の底上げに貢献することが考えられます。

チームに所属する場合には個々の選手とコミュニケーションを取り、その人に必要なトレーニングの提案やメンタルケアを実施するのが基本です。

自分の指導がその選手の今後に影響する可能性もあるため、責任感を持って仕事に臨む必要があります。

 

スポーツジムやフィットネスジムに就職する場合には、一般人への指導がスポーツトレーナーの仕事です。

運動能力の向上や健康維持のために必要なトレーニングの指導など、プロのアスリートに対してとは違うアプローチが求められます。

ジムに通っている人が何を求めているのかをヒアリングし、それに合わせた指導を行うのがポイントです。

鍼灸師とスポーツトレーナーの就職における特徴

鍼灸師とスポーツトレーナーの就職時には、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

どのような特徴があるのかを確認し、鍼灸師とスポーツトレーナーへの就職をスムーズに進められるように備えましょう。

 

専用資格の取得が重要

鍼灸師とスポーツトレーナーを目指す際には、専用資格の取得が重要です。

例えば鍼灸師になるには、国家資格の「はり師」と「きゅう師」の取得が求められます。

どちらか一方の資格だけでも就職は可能ですが、はり治療かきゅう治療の片方しか対応できないため、需要は低くなるでしょう。

鍼灸師になるのなら、「はり師」と「きゅう師」両方の資格取得を目指して多くの就職先に選ばれるように備えるのがおすすめです。

 

スポーツトレーナーの就職時には特別な資格は必要ありませんが、関連資格を取得することで需要を高められます。

例えば柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーなどの資格があると、就職時にアピールが可能です。

鍼灸師の資格もスポーツトレーナーの就職時に役立つので、鍼灸師の勉強をしつつスポーツトレーナーへの就職を視野に入れることも考えられます。

 

業界に縛られない働き方が可能となっている

鍼灸師とスポーツトレーナーは、医療系、美容分野、スポーツ関連、一般企業などあらゆる職種への就職が可能なので、業界に縛られない働き方が実現できます。

同じ鍼灸師とスポーツトレーナーでも、全然違う働き方ができるので、自分に合った職場やジャンルを事前に把握しておくことがポイントです。

また、鍼灸師とスポーツトレーナーは業界をまたいで就職ができるため、将来の転職なども早めに考えておくことがおすすめです。

転職先の業界に必要な知識を学んでおけば、鍼灸師とスポーツトレーナーとして新たな一歩を踏み出しやすくなるでしょう。

 

海外での活躍も視野に入る

鍼灸師とスポーツトレーナーは、どちらも海外で活躍できる職業でもあります。

海外での仕事に興味がある場合には、国内での就職時に将来のキャリアアップを考慮して、就職先を選ぶこともポイントです。

鍼灸師とスポーツトレーナーとして海外で働く際には、英語や中国語のスキルはもちろん、その国ごとに求められる需要に応える能力が必要です。

国内で鍼灸師とスポーツトレーナーとして実績を積んだのち、改めて海外の関連学校に通って現地のスキルや資格を取得することも、ひとつの将来プランになるでしょう。

まとめ

鍼灸師とスポーツトレーナーは、さまざまな就職先を候補にできます。

自分らしい働き方を実現できるように、まずは就職先の種類や特徴を把握しておきましょう。

 

鍼灸師とスポーツトレーナーに就職する際には、学校の就職支援制度などを活用するのがおすすめです。

就職セミナーの受講や必要資格に合格するための特別講義などを利用して、就職の準備を効率良く進めてみてください。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!