業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

スポーツマネジメントとは?

スポーツマネジメントとは?

最近「スポーツマネジメント」という言葉を聞くことが増えたという方もいるかもしれません。近年、注目されるようになってきた「スポーツマネジメント」とは一体何なのでしょうか?
今回はそんな「スポーツマネジメント」について詳しくご紹介していきます。

スポーツマネジメントとは

スポーツマネジメント」とは、文字の通りスポーツをマネジメント(統制・経営)することで、スポーツに関する団体や企業の経営や運営に関わる職業のことを指します。
東京オリンピックでさらにスポーツへの関心が増している日本ですが、実はアメリカなどの欧米諸国に比べるとスポーツ業界の発展はまだまだ課題の多い所が多いのです。
ビジネスの面が強い印象ですが、この他にもプロのスポーツ選手を競技以外でサポートする「個人マネジメント」としても使われます。芸能人で言う所の「マネージャー」や企業で言う所の「秘書」のようなイメージです。

仕事としての
「スポーツマネジメント」とは

スポーツをビジネスとしてもっと発展させることを目的として行われる「スポーツマネジメント」。日本で人気のスポーツと言えば「野球」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、実は世界的に見ると野球よりも「クリケット」というスポーツの方が競技人口は多いことをご存知ですか?「クリケット」を初めて聞いたという人も多いかもしれません。
競技によってその国ごとに国民の関心度や人気に差があるのは、もちろん歴史的な背景もあります。その競技を色んな人に知ってもらうためにビジネスの面から広報活動や運営する力も大きく関係しているのです。
競技人口を増やすためには、試合をたくさんの人に見てもらう必要がありますし、お客さんが増えればスポンサー企業がついたり、選手への報酬も増えてきたりしていきますよね。大きなスポンサーがつけば大規模なイベントの開催や広告を出すことも出来ます。すると知名度も上がり、競技人口もファンも増えて…と相乗効果で業界を盛り上げることができるのです。
実際に競技をする選手とは別に、そのスポーツ自体を盛り上げるために活動するのが「スポーツマネジメント」の役割です。
選手の個人マネジメントも同様です。
選手はその競技でより良い結果を出すために全力を出しますが、それ以外にもイベントの出演や宣伝活動、ファンの人たちとの交流会など様々な仕事があります。試合以外でその競技に関する仕事を作り出したり、企業との契約を結んだりと、ビジネスの面から選手をサポートするのがスポーツマネジメントの仕事になります。

その競技についての知識だけではなく経営についても詳しい「スポーツマネジメント」という存在は、日本ではまだそこまで多くありません。プロ野球やサッカーのJリーグなどのチーム団体の中には運営がうまく行っていない所もありますし、競技によっては選手自身が練習場の確保や企業とのやりとりをしている場合もあります。
今後、ますます必要とされる職業と言っても過言ではありません。
主な就職先は、スポーツマネジメントエージェントや各スポーツチーム、イベント会社、企画会社や各スポーツメーカーなど多岐にわたります。

スポーツマネジメントは、
どんな人が向いている?

スポーツ選手とはまた違った角度からスポーツに携わっている「スポーツマネジメント」の仕事ですが、どんな人が向いているのでしょうか?

<スポーツが好きな人>
体を動かすことの楽しさやスポーツ観戦のワクワク感を知っている人は、それを原動力に仕事へ活かすことが出来るので向いていると言えるでしょう。

<マネジメントに興味がある人>
スポーツマネジメントは業界の表舞台に立つ人ではありません。選手がより活躍して、その競技がより人気になるように、様々な面からサポートするような仕事になります。スポーツ業界をもっと盛り上げたいと想いを持っている人におすすめです。

<人と関わることが好きな人>
第一線で関わる選手はもちろん、それを応援してくれる企業を見つけたり、地元のファンとの結びつきを作ったりする仕事ですから人と話すことや関わることが好きな人に向いています。

<客観的に物事を見ることができる人>
例えば「サッカーが好きだからもっと多くの人に知ってほしい」という気持ちが強くても、それだけではサッカーの魅力を効果的に伝えるための良いアイディアは浮かびません。現在の状況や問題点を冷静に観察できて、数値やデータを元に分析する力が必要になります。物事を俯瞰で見ることができるような人に向いています。

スポーツマネジメントは、
どうやって学べばいいの?

スポーツ業界を盛り上げるために重要な役割を担っているスポーツマネジメント。どうやって学べば良いのでしょうか。
一般的にはスポーツ系の大学や専門学校への進学、ビジネス・経営関係の学校で学ぶ人が多いようです。最近ではオリンピックの影響もあってか「スポーツマネジメント」に特化した学科やコースを設けている学校も増えてきています。その他「スポーツ経営」「スポーツビジネス」といった名称の場合もあります。

まとめ

スポーツマネジメントについてご紹介しました。
将来スポーツ業界を支える仕事をしたいと考えている人にはピッタリの仕事です。今後ますます注目されることが予想されますので、新しい情報にアンテナを張っておくことをおすすめします。

業界コラム一覧へ