業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

スポーツマネジメントとは?

スポーツマネジメントとは?

近年スポーツ業界を支える存在として話題になっている、
「スポーツマネジメント」という仕事をご存じでしょうか。
スポーツマネジメントはスポーツ業界やそこに所属する選手をサポートし、
業界そのものの発展に貢献できる職業です。
今後はスポーツマネジメントの職業が、スポーツ業界全体に必要とされる
可能性もあるでしょう。

そこでこちらでは、スポーツマネジメントについて詳しく紹介します。

スポーツマネジメントとは

スポーツマネジメントとは、言葉通りスポーツをマネジメント(統制・経営)する仕事を指します。
具体的にはスポーツ団体や関連企業の経営・運営に携わり、専門知識で事業をリードしたり選手や代表者のサポートをしたりする職業です。
スポーツ業界の発展における仕事として、その専門性の高さに注目が集まっています。

「マネージャー」や「秘書」のようなイメージ

スポーツマネジメントの職業は、マネージャーや秘書のような仕事に近いと言われます。
芸能人の宣伝や売り込みを行うマネージャーと、事業の管理やサポートを行う秘書の仕事が合わさったのが、スポーツマネジメントという職業のイメージになるでしょう。

 

スポーツ産業を支えるのに必要な役割

スポーツマネジメントは、日本国内のスポーツ産業を支えるのに必要な職業として広まっています。
アメリカなどの欧米諸国に比べると、日本のスポーツ業界はまだまだ発展途上であり、今後の普及に向けたさまざまな課題を抱えているのです。
そのためプロスポーツ選手として活躍したいと願いながらもそれが叶わなかったり、スポーツ事業を展開しようとして資金繰りが上手くいかなかったりといった事例が増えてしまうのでしょう。

しかし、課題があるということは逆に言えば日本国内のスポーツ産業はまだ伸び代があり、多くのビジネスチャンスが残っているということにもなります。
実際に、バスケットボールやラグビーがプロリーグを発足するなど、近年のスポーツ業界には活発な動きが見られるでしょう。

そういったスポーツの発展に貢献している職業のひとつが、スポーツマネジメントです。
スポーツマネジメントによる的確なPRや広報戦略などがスポーツ産業の発展を促し、新しい価値を創造しています。
今後もスポーツマネジメントは、スポーツ産業を支える役割を担う職業として浸透していくでしょう。

仕事としての「スポーツマネジメント」とは

スポーツマネジメントという職業が担う仕事には、さまざまな種類および目的があるのが特徴です。
以下からは、スポーツマネジメントを具体的な仕事という側面から解説します。

 

スポーツを盛り上げるために活動する仕事

スポーツマネジメントの仕事とは、特定のスポーツ自体を盛り上げ、具体性のある結果を出すことにあります。
競技人口増加のためにイベントを開催したり、スポンサーを集めるための交渉をしたり、お客さんにそのスポーツの魅力を伝えるための広報活動を行ったりといったことが、スポーツマネジメントの業務に含まれるでしょう。

スポーツマネジメントはビジネス上の計画立案や、組織編成、業務における監督や管理、予算の提案などを行える専門性も備えています。
そのためスポーツビジネスに初参入する企業へのアドバイスや具体的な指導なども可能で、多くの企業をスポーツ業界に取り込むことができるのです。
それは結果的にスポーツを盛り上げることにつながり、新しいビジネスの発見にも展開していくでしょう。

 

ビジネスの面から選手をサポートする仕事

スポーツマネジメントは、プロスポーツ選手個人のマネジメントを行うのも仕事です。
プロスポーツ選手の仕事は当然その競技でベストパフォーマンスを発揮することですが、それ以外にもイベントの出演や宣伝活動、ファンの人たちとの交流会といった関連する仕事もたくさんあります。
そういった競技外の仕事をマネジメントし、選手が競技に集中できる環境を作るのもスポーツマネジメントの役割です。

具体的にはその競技に関する仕事を作り出したり、企業との契約を結んだりといった、ビジネス面から選手をサポートするのが仕事となっています。
スポーツ競技によっては、選手自身が練習場の確保や企業との交渉をするのが当たり前となっているケースも少なくありません。
それは選手に無理な負担を強いて練習時間やプライベートの時間を減らす結果につながるため、スポーツマネジメントの仕事はますます必要とされるようになるでしょう。

 

新しいスポーツビジネスの発展に貢献できる

スポーツマネジメントは、既存のスポーツだけに貢献する職業ではありません。
新しいスポーツの在り方やPR方法を生み出すこともまた、スポーツマネジメントの仕事の一環になっているのです。

例えば近年は国をあげてスポーツ産業の拡大に取り組むため、スポーツと「別の何か」を掛け合わせたさまざまなコンテンツが登場しています。
例えば「近畿日本ツーリスト株式会社」や「西鉄旅行株式会社」は、スポーツ×旅行という組み合わせを行い、各種競技団体や地域との連携による活性化を実現しました。
ほかにも「株式会社タニタ」は、食堂事業を中心としたスポーツ×食のビジネスモデルを考案し、新事業の展開を行っています。

このようにスポーツの新しい在り方や価値の創造は、さまざまなシーンで行われているのです。
スポーツマネジメントはそういった活動にも参加でき、その専門性を活かしたサポートやマネジメント業務で携わることができます。
スポーツマネジメントエージェントや各スポーツチーム、イベント会社、企画会社や各スポーツメーカーなどに就職することで、新しいスポーツ事業にも挑戦できるでしょう。

スポーツマネジメントは、どんな人が向いている?

スポーツマネジメントの職業は、その特徴的な業務内容から向いている人と向いていない人がいます。
以下を参考に、どのような人がスポーツマネジメントに向いているのかチェックしてみましょう。

 

スポーツが好きな人

スポーツマネジメントは、何よりもスポーツが好きな人に向いている職業です。
そのスポーツを盛り上げたい、もっと多くの人に知ってもらいたいという気持ちが、仕事の原動力になるでしょう。
スポーツ好きであれば選手の気持ちや業界ルールなども理解しやすいため、働きやすいメリットもあります。

 

マネジメント業務に集中できる人

マネジメント業務に集中できる人も、スポーツマネジメントの仕事に向いています。
基本的にスポーツマネジメントの仕事は、表舞台に立つことはありません。
裏から選手や業界のサポートをするのが役割になるため、その立ち位置に納得できる人でなければ仕事は続かないでしょう。

 

コミュニケーション能力がある人

人とのコミュニケーション能力が高い人も、スポーツマネジメントの業務に向いています。
スポーツマネジメントは多くの企業やスポーツ業界の関係者、そのほかファンの人たちなどと幅広く交流を持つことが基本です。
そのため人と話したり知り合いになったりすることが苦ではない性格であることが、スポーツマネジメントに向いているかどうかの基準になるでしょう。

 

客観的に物事を見ることができる人

スポーツマネジメントは、仕事上客観的に物事を観察する視点を持てる人が向いています。
そのスポーツの課題や問題点を見つけ出し、解決方法を導き出すには、客観的な視点が不可欠です。
物事を冷静に観察できて、数値やデータを元に分析する力がある人ほど、スポーツマネジメントの仕事で活躍できるでしょう。

スポーツマネジメントは、どうやって学べばいいの?

スポーツマネジメントを学ぶには、スポーツ系の大学や専門学校へ進学するのが一般的です。
学校でビジネスや経営関係の授業を学んだ上で、スポーツに関する知識を身につけることが、スポーツマネジメントになるための流れになるでしょう。

近年は「スポーツマネジメント」に特化した学科やコースを設けて、専門的な学習を提供する学校も増えています。
「スポーツ経営」「スポーツビジネス」といった名称の学科でも、スポーツマネジメントの基礎を学べるケースが多いので、関連する学校の学科やコースをこの機会にチェックしてみましょう。

まとめ

スポーツマネジメントは、将来スポーツ業界を支える仕事をしたいと考えている人にはピッタリの仕事です。

まだ新しい職業であるため、今後さらに注目度が高まると予想されるので、この機会にスポーツマネジメントに関する情報収集を行い、専門学校などへの進学を検討してみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!