業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナーとは?

筋トレブームの中、アスレティックトレーナーという仕事について興味のある方も多いのではないでしょうか。
今回は、アスレティックトレーナーがどのような職業なのか紹介します。
スポーツに関わる仕事がしたい、選手を支えたいと思っている人は必見です。

アスレティックトレーナーとは
どのような職業?

アスレティックトレーナーはスポーツ選手などをあらゆる面からサポートする職業です。
選手が良いコンディションで試合などに臨めるように健康面や体力面、リハビリなどを指導し、より良い状態へと導いていきます。
指導するのはスポーツ選手の他に、フィットネスクラブやスポーツジムに通う人、学校、医療機関、福祉施設など多岐に渡ります。
スポーツをする人たちに対して適切な指導を行うことが求められる職業です。
就職先によって大きく指導の内容や指導する人たちが異なります。

アスレティックトレーナーの
仕事内容をご紹介

まず、アスレティックトレーナーの仕事として、選手が試合などでより良い状態で力を発揮できるように状態を整えていくことが挙げられます。
これは、コンディショニングと呼ばれ、技術もさることながら、メンタル面やフィジカル面でも調和がとれた状態へと導いていきます。
日常的に教育的指導と呼ばれる指導を行い、選手1人1人の身体的管理や必要に応じて改善点を選手と共に見直していくことも。
良いパフォーマンスをするには、健康管理も欠かせません。
トレーニングを行う前やトレーニング後にメディカルチェックを行い、状態を医学的にも把握しておく必要があります。
アスレティックトレーナーの他にも選手をサポートしている職業の人たちが存在し、そのような人達と連携して選手を支えていくのです。
メディカルチェックで得られたデータは、データを蓄積していくことで改善点を見出すことも可能です。
問題点を見つけることで、更なる飛躍を遂げることができるので日々の検査や測定、評価がいかに重要かわかります。
また、スポーツをしているとどんなに気を付けていても怪我などをしてしまうことがあります。
怪我などの状態によっては一生に関わるものや、選手生命に関わる場合もあり、現場での救急措置が非常に重要です。
アスレティックトレーナーが止血などの応急処置や救命措置を行う役割を担っており、いかに的確で迅速な対応ができるかによって左右されると言っても過言ではありません。
怪我を防ぐためにも怪我を引き起こす危険性があるものを排除する役目もあります。
気温や体調など些細なことを様々な面から考え、練習メニューを決めることもアスレティックトレーナーの仕事です。
事故や怪我などを起こさないようにすることも、起こってしまったトラブルの対応どちらもしていかなければなりません。
怪我をした場合はリハビリを行い、元のようにスポーツができる状態へと導く必要があります。
リハビリと言うと歩行練習や日常生活を行えるようにするための訓練と想像するかもしれませんが、アスレティックトレーナーが行うアスレティックリハビリテーションは、問題なくスポーツができる状態へと指導していくことです。
以上のことからアスレティックトレーナーがどれほど選手に密着しているかが分かり、選手以上に選手のことをサポートしていると言っても良いのではないでしょうか。

アスレティックトレーナーのやりがいとは

アスレティックトレーナーは、選手のことを徹底的にサポートするので、選手から絶大的な信頼を得られることも多いです。
選手が結果を残せたときは、自分が指導してサポートしてきたことが形になったと非常に喜ばしい気持ちになり、満足感を得られます。
その分多忙でもあるアスレティックトレーナーは、仕事が生活の一部と感じる人も少なくありませんが、それほどまでに捧げられるものがあるという充実感で満たされることも。
選手やチームの成長を間近で見られるのは大きなやりがいです。

アスレティックトレーナーに向いている人

アスレティックトレーナーは、選手をサポートしていく仕事なので、縁の下の力持ちとして人をサポートすることが好きな人は向いています。
選手以外にもコーチやドクターなど様々な性格の人や職業の人など多くの人と接することが多いです。
そのため、コミュニケーション能力がなくては厳しい職業とも言えます。
選手の体調の変化など些細なことに気付ける人は重宝されます。
些細なことに気付けたことで事前に怪我などを防ぐこともできるので、知識や技術の他にも人の機微に敏感な人だと適職です。

まとめ

ここまでアスレティックトレーナーについて紹介しました。
アスレティックトレーナーは、選手をありとあらゆる面から徹底サポートしてくれる力強い存在です。
良いパフォーマンスが行えるように知識や技術を生かして、様々な職業の人と連携をとりながら業務を行います。
スポーツが好き、だれかを支えることが好きという人は向いている職業で、やりがいがある職業です。

業界コラム一覧へ