業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの仕事
  4. ストレングスコーチとは? ストレングスコーチに ついてご紹介します!

ストレングスコーチとは?
ストレングスコーチに
ついてご紹介します!

ストレングスコーチとは?
ストレングスコーチに
ついてご紹介します!

ストレングスコーチとは、個人の肉体づくりをサポートする職業です。
適切な指導とトレーニング支援を行い、その人が求める肉体をつくり上げて理想的なパフォーマンスの発揮やケガの防止を実現します。
アスリートはもちろん、日常的な運動不足に悩む一般の方々に対して、専門知識と技術によるサポートを行うのが仕事になるでしょう。
こちらではストレングスコーチの基本情報と、具体的な仕事内容などを解説します。

ストレングスコーチとは?

ストレングスコーチとは、アスリートのトレーニングを手伝うトレーナー職の一種です。

個人のフィジカル面を強化するためのトレーニング指導が主な仕事で、肉体の強さや体力の向上、健康維持(ケガ防止)を達成するためのサポートが求められます。

アスリートがさらに高い運動能力を得られるように、もしくは肉体の動きを的確にコントロールできるように知識面・技術面からの支援を行います。

ストレングスコーチになるために必要なスキル

ストレングスコーチになるためには、以下のようなスキルが求められます。

  • 基本的な筋肉とトレーニングの知識
  • クライアントのニーズを満たすための臨機応変な対応力
  • トレーニングの意義などを伝えるコミュニケーション力
  • 身体をつくる栄養の知識
  • メンタルケアの知識

 

肉体や筋肉に対する専門知識やトレーニング方法の知識を持つことで、ストレングスコーチの基本となる指導やアドバイスの仕事ができるようになります。

そのほか栄養学やメンタル関係の専門知識を身につければ、アスリートの精神面や生活面を支えることも可能です。

 

クライアントへの対応力やコミュニケーション力も、ストレングスコーチになるために必要なスキルです。

クライアントであるアスリートが何を求めているのかを、積極的なコミュニケーションから把握することも重要となります。

 

ストレングスコーチに必要な資格は?

ストレングスコーチになるためには、特別な資格は必要ありません。

極端な話、独学による知識でもストレングスコーチを名乗ることは可能です。

しかし、ストレングスコーチとしての知識や技術を習得している根拠がないと、就職を叶えることは難しくなるでしょう。

そのためストレングスコーチになるには、スポーツ系の専門学校などで専門知識・技術を学ぶのが一般的です。

 

また、「全米ストレングス&コンディショニング協会 NSCA認定パーソナルトレーナー(CPT)」などの関連資格を取得して、能力をアピールできるように準備しておくこともひとつの方法です。

ストレングスコーチの仕事内容

ストレングスコーチの仕事には、いくつかの種類があります。

具体的にどんな仕事をすることになるのかを、以下を参考にチェックしてみましょう。

 

目的に合わせた肉体づくりのサポート

ストレングスコーチは、アスリートの肉体づくりを指導するのが仕事です。

専門知識を活用した論理的なトレーニング方法を提案し、肉体の強化や持久力の向上を目指します。

アスリートの競技やポジションなどによって目的となる筋肉強化の方向性やトレーニング内容は変わるため、ストレングスコーチはクライアントごとに新しい知識や指導方法を身につける必要があるでしょう。

また、ストレングスコーチとしてプロスポーツチームに所属する場合、選手個人の役割を考慮してトレーニングを指導するケースもあります。

 

ケガの防止&ケガをしづらい肉体づくりの指導

ストレングスコーチはフィジカルの向上ばかりではなく、ケガ防止を目的としたトレーニング方法を指導するのも仕事です。

個人の癖やこれまでのケガ遍歴を参考にプログラムを考案して、ケガを予防しつつ肉体の鍛錬につなげるのも役割となるでしょう。

 

ストレングスコーチは筋肉だけでなく、骨や腱の鍛え方を指導してケガをしづらい肉体づくりをサポートするのも仕事になります。

アスリートにとってケガは選手生命に関わる重要な事象であるため、ケガをしづらい肉体を手に入れるメリットは大きいです。

ケガをしづらい肉体づくりをサポートできるように、フォームの矯正やクライアントに無理なトレーニングをしないようにアドバイスすることもポイントになるでしょう。

 

メンタルサポートや生活習慣へのアドバイス

ストレングスコーチは単純な肉体強化だけでなく、メンタル面のフォローやアスリートの生活習慣を最適化するためのアドバイスも行います。

肉体のパフォーマンスを最大限に引き出すには、メンタルを整えて日々の生活習慣を見直すことも重要です。

アスリートが抱える悩みや不安を取り除く方法を提案したり、食生活や生活スタイルを正したりといったことも、仕事の一環になるでしょう。

また、日常的にドーピングチェックを行って、アスリートが無意識のうちに禁止されている薬物を摂取しないように注意するのも役割です。

ストレングスコーチの需要は高い?

ストレングスコーチは基本的にアスリートのフィジカル面向上をサポートしますが、近年はスポーツに興味のある一般の方々の指導を請け負うケースも増えています。

健康維持や運動不足解消のためにスポーツをはじめたのはいいけど、具体的にどんなトレーニングをすればいいのか分からずに困っている人は珍しくありません。

そういったスポーツ・運動初心者の方々にもストレングスコーチの知識・技術は役立つので、仕事の需要は今後も高まると予想できるでしょう。

まとめ

ストレングスコーチの仕事は、アスリートの効率的な肉体強化を進めるのに役立っています。

さまざまな競技のプロアスリートをサポートできる汎用性の高さがあるので、ストレングスコーチを目指すことで将来さまざまなスポーツ現場に仕事で携われるでしょう。

この機会にストレングスコーチの特徴や仕事内容を確認し、必要となるスキルを把握してみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!