業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツインストラクターの資格
  4. スポーツインストラクターになるには 専門学校と大学どっちがオススメ? メリット・デメリットをご紹介します。

スポーツインストラクターになるには
専門学校と大学どっちがオススメ?
メリット・デメリットをご紹介します。

スポーツインストラクターになるには
専門学校と大学どっちがオススメ?
メリット・デメリットをご紹介します。

スポーツインストラクターは、スポーツジムや各種運動施設などで、運動指導やサポートを行う仕事です。
運動の重要性が注目されつつある昨今は、専門知識で指導や支援をしてくれるスポーツインストラクターの需要は高まっています。
そのため今から専門学校や大学で学習を進めれば、将来生のあるスポーツインストラクターへの就職がしやすくなるでしょう。
こちらではスポーツインストラクターの特徴と、専門学校と大学に通う場合に考えられるメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

スポーツインストラクターとは?

スポーツインストラクターとは、運動をしたい人にトレーニング方法の指導を行ったり、身体や心のケアをしたりする職業です。

プロスポーツ選手だけでなく、運動に興味のある全ての人に対して指導やサポートを行うのが仕事なので、臨機応変に活動する能力が求められます。

スポーツインストラクターとして臨機応変な仕事をするには豊富かつ確かなスキルと、その人の目的や個性に合わせて具体的な提案が行えるだけの知識量が必要です。

そのためスポーツインストラクターになるには専門学校や大学に通い、専門知識を習得することが第一歩となるでしょう。

 

スポーツインストラクターの知識・技術を学べる専門学校や大学は多数あり、それぞれに特徴的な授業や環境が整っています。

一方で、専門学校と大学は授業形態などが大きく異なり、メリット・デメリットが明確に異なるのが特徴です。

スポーツインストラクターを目指して進学する際には、まず専門学校と大学のメリット・デメリットを確認し、自分が求める環境にマッチする方を選択することが求められます。

スポーツインストラクターになりたい人が専門学校を選ぶメリット・デメリット

スポーツインストラクターになりたい人が専門学校を選ぶ場合、以下のようなメリット・デメリットが考えられます。

 

効率良くスポーツインストラクターのスキルを得られる

専門学校への進学は、スポーツインストラクターのスキルを効率良く学べるというメリットがあります。

短期間で集中的に授業が展開されるので、スポーツインストラクターになるための知識と技術をスムーズに習得できるでしょう。

専門学校なら最短2年で卒業し、実際にスポーツインストラクターとして就職を目指せるので、働きはじめるまでの期間が短いのも魅力です。

 

実習授業で実践的なスキルを学べる

専門学校におけるスポーツインストラクターの授業は、基本的に実習がメインとされます。

そのため実際のスポーツジムやフィットネスクラブなどで、現場を体験しながらスキルを身につけられるのがメリットです。

実習による授業は実践的なスキルを身につけることにつながるため、即戦力として働けるスポーツインストラクターになれます。

就職活動におけるアピールや、実際に仕事をするときにメリットとなるので、スポーツインストラクターへのスムーズな就職を意識するのなら専門学校への進学がおすすめです。

 

実習授業への耐性が必要

専門学校へ進学する場合、ある程度実習の授業に対する耐性をつけておく必要があります。

高校などの授業と違い、実習の多い専門学校では実際にプロとして働くスポーツインストラクターから指導を受けたり、利用者として来ている人たちとコミュニケーションを取ったりする機会も珍しくありません。

そのためコミュニケーションを重視した授業形態に苦手意識があると、授業がストレスとなる可能性もあります。

事前に実習の内容や必要なスキルを確認し、人と触れ合いながら学ぶ環境に慣れる努力も重要です。

スポーツインストラクターになりたい人が大学を選ぶメリット・デメリット

大学は4年間の時間を使って学習を進めていくため、専門学校と比較してアルバイトの時間を取りやすいです。

そのためアルバイト先にスポーツジムやフィットネスクラブなどを選べば、スポーツインストラクターの仕事をすぐ近くで観察することができます。

実際にスポーツインストラクターが働いている現場を参考にすることで、自分が仕事をするときの状況をイメージしやすくなります。

スポーツインストラクターとして働くために、今の自分に足りないものや必要な知識も明確にしやすいので、計画的な学習につなげやすいのもメリットです。

 

明確な目標がないと非効率的な学習になることも

大学では授業や部活動などを自分の意思で選ばなければならないため、明確な目標がないと何をすればいいのか分からなくなる点がデメリットです。

自主的に授業を選択し、スポーツインストラクターになるための流れを自分で組み立てることができなければ、非効率的な学習になってしまう可能性もあります。

スポーツインストラクターへのルートとして大学を選択する場合には、学びたい授業などを事前に明確にしておきましょう。

まとめ

スポーツインストラクターになるには、専門学校や大学に進学し、必要なスキルを学ばなければなりません。

どちらにもメリット・デメリットがあるからこそ、自分に向いている方を判断することが重要となるので、この機会にそれぞれの違いや授業の特徴を確認しておきましょう。

 

スポーツインストラクターの知識を効率良く学びたい場合や、実習中心の授業に興味があるのなら、専門学校がおすすめです。

専門学校なら学費の安さなどもメリットになるので、まずはスポーツインストラクターを目指せる学校を調べてみましょう。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!