業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツインストラクターの資格
  4. スポーツインストラクターに 必要な資格とは?

スポーツインストラクターに
必要な資格とは?

スポーツインストラクターに
必要な資格とは?

スポーツインストラクターとして活躍したいのなら、特定の資格を所有していると有利に働くことがあります。
将来的にスポーツインストラクターとしてさまざまなことを経験したい、
スポーツインストラクターとして活躍できる場を増やしたいといった場合には、
資格の取得が検討されるでしょう。

そこでこちらでは、スポーツインストラクターに必要・おすすめの資格について解説します。

スポーツインストラクターとは

スポーツインストラクターの資格について知る前に、まずはその職業としての特徴や仕事内容を把握することが重要です。
以下を参考に、スポーツインストラクターの仕事内容や就職先をチェックしてみましょう。

スポーツインストラクターの仕事内容

スポーツインストラクターとは、スポーツや運動に関する指導やアドバイスを行う専門職です。
具体的にはスポーツジムにあるトレーニング用マシンの使い方を教えたり、フィットネスジムでヨガやエクササイズダンスの指導をしたりするのが、スポーツインストラクターの役割になります。

プロスポーツ選手を指導するケースもありますが、多くの場合は運動やスポーツに慣れていない一般層に専門知識・技術を提供するのが仕事です。
商業スポーツ施設に訪れた利用者を対象に、どんな運動をしたいのか、どんな機器を使ったトレーニングを行いたいのかといったことを把握した上で、適切な指導を実施します。

スポーツインストラクターは指導だけでなく、トレーニング中のケガや事故を防ぐための安全確保も仕事です。
利用者が無理をして身体を傷めないように、その人に合ったトレーニングメニューを考案したり、安全な運動方法をアドバイスしたりといったことがあります。

 

スポーツインストラクターの就職先

スポーツインストラクターの就職先には、例えば以下のような施設・企業が考えられます。

  • スポーツジム
  • フィットネスジム
  • スイミングスクール
  • ヨガスタジオ
  • 各自治体が運営している総合体育館
  • 健康教室
  • 福祉施設
  • 体操教室
  • ダンス教室

など

自主的に運動をしたい人を支援する施設への就職が、スポーツインストラクターの主な進路になります。

特に多いのがスポーツジムやフィットネスジムへの就職で、たくさんのスポーツインストラクターが活躍しているのです。
近年の健康志向ブームによって、スポーツジムやフィットネスジムに訪れる人は増加傾向にあります。
若年層から高齢者まで幅広い年齢層に対して指導ができるため、スポーツインストラクターとしてやりがいのある業務が行えるでしょう。

スポーツインストラクターに必要な資格とは?

スポーツインストラクターになる際には、必須となる資格はありません。
仕事に応用できる専門知識や技術があれば、スポーツインストラクターとして就職できるのです。

一方で、スポーツインストラクターとしての知識・技術を持っているというバックボーンは必要になります。
多くの場合スポーツインストラクターについて学べる大学や専門学校に通い、卒業することで専門知識・技術を持つ人材だと証明することになるでしょう。

 

スポーツインストラクターの関連資格なしでは就職が厳しいことも

スポーツインストラクターは資格なしで仕事ができる一方、そのままでは就職が難しいケースがあります。
スポーツインストラクターに関する資格は多数あるため、もし就職の際に競合相手が資格を持っていた場合、比較されて合格が叶わない可能性も考えられるでしょう。

また、スポーツインストラクターの関連資格は、取得の過程で仕事に役立つ専門知識や技術を習得するきっかけにもなります。
スポーツインストラクターとしてのスキルアップにもつながるため、興味があるのなら関連資格を積極的に取得することがおすすめです。

スポーツインストラクターに関連するおすすめの資格をご紹介

スポーツインストラクターに関する資格・仕事に役立つ資格には、たくさんの種類があります。
どの資格を取得するべきか判断することが、スポーツインストラクターを目指す際のポイントになるでしょう。
以下からは、スポーツインストラクターに関するおすすめ資格を紹介します。

 

①日本スポーツ(体育)協会認定「スポーツ指導者」の「指導員」

公益財団法人日本スポーツ協会が認定している「「スポーツ指導者の指導員」資格は、スポーツインストラクターの就職時に役立ちます。
資格を取得することでスポーツジムなどの施設で適切な指導を行える能力がある証明になるため、就職や転職でのアピールに利用可能です。

取得には34時間の通信講座と、各都道府県の体育協会が実施する講座を40時間以上受講し、それぞれの判定基準をクリアすることが必要となります。
18歳以上から取得が可能ですが、日本体育協会が指定する大学や専門学校に入学して所定の授業を学んでいると、講習や試験の一部が免除されます。
そのためまずは該当する大学や専門学校で学習を行うことで、スムーズに資格の取得が目指せるでしょう。

 

②日本トレーニング指導者協会の「トレーニング指導者」

「トレーニング指導者」は、日本トレーニング指導者協会(JATI)が認定する民間資格です。
科学的根拠に基づいた運動プログラムの作成や、その知識を応用した指導を行える能力の証明になるため、スポーツインストラクターの仕事で役立つ実践的なスキルを身につけられます。
資格取得のためには一般科目と専門科目を養成講習会でそれぞれ72時間受講し、その後認定試験に合格することが必要です。

トレーニング指導者資格は、主にスポーツ選手と一般人への指導力を高める資格です。
日本トレーニング指導者協会(JATI)はそのほかにも、アスリートへの指導力を高める「上級トレーニング指導者」と、国際レベルで活躍するトップアスリートへの指導力を高める「最上級トレーニング指導者」の2種類を提供しています。
自分の目指すレベルに合わせて種類を選べるので、将来の目標などを参考にどの資格を取得するべきか考えてみましょう。

 

③NSCA認定パーソナルトレーナー

「NSCA認定パーソナルトレーナー」は、NSCAジャパンが認定する民間資格です。
全世界で約46,000人を超える人が取得している実績があり、ケガの予防やスポーツパフォーマンスの向上を目指すトレーニングプログラムを考案するための知識・技術を持つことを証明できます。
18歳以上かつNSCAジャパンの会員であることと、高等学校卒業者か同等の学力を持つこと、講習の受講によって認定されるCPR(心肺蘇生法)とAED(自動体外式除細動器)の認定者であることが資格取得の条件です。

 

④健康運動指導士

「健康運動指導士」は、財団法人健康・体力づくり事業財団が認定する民間資格です。
安全かつ効果的な運動を実施できるプログラムの考案および、指導計画の調整などが行える能力の証明に使えます。
資格取得には@健康運動実践指導者養成講座」を受講した上で、指導実技試験と筆記試験に合格しなければなりません。
体育系の大学・短大・専門学校を卒業した人や、3年以上運動指導を行っている人が受験の対象者となります。

スポーツインストラクターに関連する
資格は他にもあります!

上記以外にも、間接的にスポーツインストラクターの仕事に関連する資格は多数あります。
以下からは、スポーツインストラクターの仕事に役立つ可能性のある資格について紹介します。

 

グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)

「グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)」は、日本フィットネス協会(JAFA)が認定する資格です。
エクササイズに関する専門知識・技術の習得に役立つため、特にエクササイズ系の現場でスポーツインストラクターとして働きたい場合におすすめされます。

 

公認水泳教師

スポーツインストラクターとして水泳に関する仕事をしたいときには、「公認水泳教師」の資格もおすすめです。
幼児・学童・成人・競技・ベビー・高齢者・妊婦といった指導対象ごとに教える内容を把握できるため、汎用性の高い人材として活躍できます。

 

ヨガインストラクター

ヨガに特化したスペシャリストとして働きたい場合には、「ヨガインストラクター」の資格を取得した上でスポーツインストラクターを目指すのがおすすめです。
ヨガの需要は高く、現在も専門教室でさまざまな人たちがヨガの基礎を学んでいます。
スポーツインストラクターとしてヨガの知識があれば、そういった専門教室や施設で仕事をすることもできるでしょう。

まとめ

スポーツインストラクターになるために、必須の資格はありません。
しかし、関連資格を取得することで能力を客観的に証明できたり、取得の過程で専門知識を学べたりといったメリットがあります。
本格的にスポーツインストラクターとして活躍したいのなら、この機会に関連資格の種類をチェックして、自分の将来に役立つものをピックアップしてみてください。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!