業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの仕事
  4. スポーツジムトレーナーに なるには?

スポーツジムトレーナーに
なるには?

スポーツジムトレーナーに
なるには?

スポーツジムトレーナーは、トレーニングジムやフィットネスクラブなどで働く職業です。
トレーニングの指導やアドバイスなどを専門的な知識を用いて行えることから、多くの企業から高い需要を見出しています。
こちらではスポーツジムトレーナーになるにはどうすればいいのか、将来性は期待できるのかといった点に注目して解説します。

スポーツジムトレーナーになるには

スポーツジムトレーナーになるには、いくつかのパターンが考えられます。

きちんとスポーツジムトレーナーの職業についての理解を深め、どのようなスキルを持って仕事をするべきなのかが分かっていれば、計画的な就職・転職を目指すことができるでしょう。

以下からは、スポーツジムトレーナーになるにはどんなルートが考えられるのかを解説します。

大学や専門学校で仕事に必要なスキルを身につける

スポーツジムトレーナーになるには、一般的には大学や専門学校で仕事に必要となるスキルを身につけます。

スポーツトレーナー系の学科に進学し、専用のカリキュラムを学んで実践的な能力を身につけた上で、就職活動を行うことになるでしょう。

 

一般的にスポーツジムのトレーナーに必要となるスキルは、トレーニングの知識、専用機器の使い方・指導方法、生理学・栄養学・機能解剖学などの知識、事故の際の応急処置技術などが当てはまります。

また、それらの知識を正確に相手に伝えるための、コミュニケーションスキルも求められるでしょう。

 

専門学校などでは、就職活動時に生徒個人に対して細かなアドバイスや、就職を成功させるための準備をサポートしてくれます。

スポーツジムトレーナーになるには、まず必要なスキルを効率良く学べる進学先を見つけることからはじめてみましょう。

ジムでのアルバイトから正社員に登用される道も

スポーツジムトレーナーでは、未経験のアルバイトを募集していることもあります。

学生時代にアルバイトをして経験を積み、必要な知識・スキルを身につけることができれば、そのまま正社員として採用される可能性もあるでしょう。

アルバイトで慣れ親しんだ職場で仕事ができるため、就職後も働きやすいというメリットもあります。

 

もちろん、スポーツジムトレーナーのアルバイトだけでは、本格的な仕事で役立てられる知識とスキルが十分に備わらないこともあるでしょう。

そのためスポーツジムトレーナーのアルバイトをしつつ、大学や専門学校で勉強をすることがおすすめです。

 

スポーツジムトレーナーの仕事内容

スポーツジムトレーナーになるには、まずその仕事内容を具体的に理解することが重要です。

仕事内容を把握しておけば、そのための準備と、就職後にどんなことを学べばいいのかが分かるでしょう。

以下では、スポーツジムトレーナーの仕事内容について解説します。

 

スポーツジムトレーナーは運動を行う人たちのサポートが仕事

スポーツジムトレーナーの主な仕事は、トレーニングジムやフィットネスクラブに訪れた人たちのサポートを行うことです。

例えば、以下のような仕事が任されるでしょう。

 

  • トレーニング機器の使い方を指導する
  • トレーニングメニューの考案
  • 万が一ケガをした際の応急処置
  • ジムの受付や雑務
  • トレーニング機器の安全点検
  • ジムの利用者からの相談を受けてのアドバイス など

 

上記のような仕事が、スポーツジムトレーナーとして働く際に考えられる仕事内容です。

それぞれの業務に対応できるように、知識とスキルを応用する準備が必要となるでしょう。

スポーツジムトレーナーとスポーツインストラクターの違い

スポーツジムトレーナーとスポーツインストラクターは、運動施設などで働く機会のある仕事です。

その仕事内容の類似性から同一視されることもありますが、実際にはそれぞれに違う特徴があります。

 

例えばスポーツジムやフィットネスクラブで働くのが、一般的なスポーツジムトレーナーです。

スポーツジムに来店する人たちを対象に、アドバイス・指導・器具の使い方のサポートなどを行います。

 

一方で、スポーツインストラクターは、スポーツクラブなどでスポーツを楽しむことを目的にしている方へスポーツ指導を行います。

集団へのスポーツ指導を行う為、ダンスエクササイズやヨガなども行います。

 

仕事内容、働き方、キャリアプランなどが、スポーツジムトレーナーとスポーツインストラクターの違いです。

スポーツジムトレーナーの将来性は?

スポーツジムトレーナーは既に多くの業界・職場で活躍していますが、今後の将来性はどうなるのでしょうか。

以下からは、スポーツジムトレーナーのこれからの将来性について解説します。

 

スポーツジムの需要は今度も高まる

スポーツジムトレーナーは、今後も高まることが予想されるスポーツジムの需要に合わせて、さらに重宝されるでしょう。

スポーツジムにあるトレーニング機器は特殊なものが多く、正しい使い方が分からない人も多いです。

スポーツジムトレーナーはそういった機器の使い方をレクチャーできたり、トレーニング方法を指導したりできるので、スポーツジムやフィットネスクラブに欠かせない人材になります。

スポーツジムなどの運動施設が今後増えていけば、指導のプロフェッショナルであるスポーツジムトレーナーの仕事も増えていくでしょう。

 

プロによる指導を求める声も多い

近年は健康維持への高い意識や業務のテレワーク化などにおける運動不足の懸念から、スポーツジムなどで本格的なトレーニングをしたいと考える人は増えています。

プロによる指導で身体を鍛えたいという人の需要に応えられるため、スポーツジムトレーナーには将来性があると予想できるでしょう。

しかし、全てのスポーツジムトレーナーに高待遇の仕事が回ってくるとは限りません。

将来的に需要のあるスポーツジムトレーナーとなるには、例えば以下のような関連資格の取得を行って、自己能力の向上に努めることが大切です。

 

  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • スポーツプログラマー
  • トレーニング指導士 など

 

そのほか、鍼灸師(はり師・きゅう師)、柔道整復師、理学療法士などの国家資格を取得していると、より高い能力を持つスポーツジムトレーナーとして認知されます。

就職が有利なることはもちろん、就職後にお客様から信頼を得やすくなるでしょう。

スポーツジムトレーナーになるためには、必須とされている国家資格などがありません。

しかし、だからこそほかのスポーツジムトレーナーと差別化を図るために、積極的に関連資格の取得を目指すことにメリットがあるでしょう。

まとめ

スポーツジムトレーナーになるには、大学や専門学校で仕事に使える知識やスキルを得ることが重要です。

この機会にスポーツジムトレーナーになるための具体的な方法を確認し、そのために今できることを考えてみましょう。

 

専門学校であれば実習を中心とした授業のなかで、実践的なスキルを効率良く学べます。

スポーツジムトレーナーになるために、必要な能力をスムーズに学べる環境を探してみましょう。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!