業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーとは、どのような職業かご存じでしょうか。
今回は、スポーツトレーナーとはどのような職業か紹介していきます。
スポーツに携わる仕事がしたいと思っている人は必見です。

スポーツトレーナーとは

スポーツのプロであるスポーツ選手やリハビリなどを必要としている人に対して、スポーツを通し、理想的なパフォーマンスや身体的改善を図るのを手助けする指導者です。
スポーツを仕事にする人や一般の人に対してなど、指導する人をスポーツトレーナーというので、一言にスポーツトレーナーと言っても仕事内容は大きく異なります。
スポーツが与える素晴らしさを伝える役割を担っている職業のスポーツトレーナーは魅力が満載の仕事です。

スポーツトレーナーとは
どのような仕事をするの?

スポーツトレーナーとはスポーツ選手やリハビリなどを必要とする一般の人への指導が対象と前述しましたが、仕事内容は指導する対象によって変わってきます。
スポーツ選手を対象にしているスポーツトレーナーは、選手が最も力を発揮できる状態に導くために日常的にスポーツ選手の健康管理なども行います。
コンディションが非常に重要で、状態が良くないときは休養をとるなど生活スタイルなども管理していくのです。
試合などの重要な場面に向けて、コンディションを良い状態に調整していくなどスポーツトレーナーが担う役割は大きいです。
体のケアに留まらず、心のケアも行い、選手の悩みなども解消すべく相談を聞きアドバイスを行うなどトータルケアを行います。

スポーツの中には、団体競技がありますが、団体競技であればチームワークが必要不可欠です。
良いチームを作っていくにはチーム作りが必要ですが、チーム作りにも尽力していきます。
選手によってクセやコンディションは異なるので、1人1人に合った対策や対応が必要となり、それぞれのメニューを指示していきます。
スポーツ選手は怪我と隣り合わせと言われるほど、怪我とは切っても切れない関係性のため、怪我をしてしまった場合に応急処置でいかに怪我の状態を悪化させないかなど求められる行動の重要性がわかるのではないでしょうか。
また、怪我をさせないために予防する意味でもリスクを見越したケアなどを行うため、選手からの信頼なくしてはできない仕事と言っても過言ではありません。

指導という立ち位置では、スポーツ選手以外にはスポーツジムなど一般の人が通うスポーツ施設での指導や学校の運動指導を行うスポーツトレーナーもいます。
一からスポーツを始める人にもわかるように指導を行うなど、指導対象によってスポーツトレーナーの仕事内容は千差万別と言えます。

病院で勤務するスポーツトレーナーもおり、昨今問題となっている運動不足が原因となって起こる成人病を予防するために、指導していく人もいるのです。
他にはスポーツが発展している海外で活躍するスポーツトレーナーなど、活躍の場は広いと言えます。

スポーツ選手を指導するスポーツトレーナーは狭き門と言えますが、活躍する選手を支えられる非常にやりがいがある仕事と言えるのではないでしょうか。

スポーツトレーナーに向いている人とは?

スポーツトレーナーは、人を支える縁の下の力持ちの役割を果たすため、人をサポートすることが苦にならない人が向いています。
選手生命に関わるような場面に出くわすこともあり、臨機応変な対応が必要な場面もしばしばです。
そのようなときに、いかに適切で素早い行動がとれるかどうかが求められるので、常にアンテナを張り巡らせるなど些細な変化に気付ける人物も適職と言えます。
また、選手や怪我をしている人、スポーツをこれから始めようとする人など、1人1人に寄り添った対応がとれる人は信頼されるでしょう。

スポーツトレーナーは指導していく立場のため、正しい知識や技術がなければなりません。
常に向上心を抱き勉強していくことが好きな人であれば、最新の指導などをできるので多くの人から求められます。
人に指導するだけで自分自身のスキルを磨かない人は説得力がなく、ついてくる人物もいません。
愛情をもって指導できる人物は引く手数多と言えます。

まとめ

ここまでスポーツトレーナーについて紹介しました。
スポーツトレーナーは、スポーツを仕事としているスポーツ選手や体を鍛えようとスポーツジムなどに通う人、病院でスポーツを通して健康な体作りをしようと考える人など、様々な人を対象としている職業です。
どのような人達を対象として働くかによって仕事内容は大きく異なりますが、スポーツを通して指導する人をより良い状態に導いていくという点では共通しています。
多くの人が憧れるスポーツ選手の指導やスポーツによって健康的な毎日を過ごしたいと考えている人にとって光となれる存在です。

スポーツトレーナーに向いている人は、些細なことに気付ける人やトラブルが起きた際に臨機応変な対応をとることが出来る人です。
非常にやりがいがあるスポーツトレーナーを目指したい人は、自分自身のスキルアップに積極的で、人とのコミュニケーションが好きなことが望ましいと言えます。

業界コラム一覧へ