業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの仕事
  4. スポーツトレーナーになるには 専門学校と大学どっちがオススメ? メリット・デメリットをご紹介します。

スポーツトレーナーになるには
専門学校と大学どっちがオススメ?
メリット・デメリットをご紹介します。

スポーツトレーナーになるには
専門学校と大学どっちがオススメ?
メリット・デメリットをご紹介します。

スポーツトレーナーは、専門知識を用いてトレーニングの指導やパフォーマンス改善のサポートを行う仕事です。
プロのスポーツ選手はもちろん、近年の健康志向ブームによって一般層にも需要が高まっています。
そのためスポーツトレーナーの活躍の場は、ますます増えていくと予想されるでしょう。

スポーツトレーナーを目指す場合には、進学して専門的なスキルを学んでいくのが通常です。
一方で、スポーツトレーナーになるための進学ルートは複数あるため、専門学校と大学のどちらに進学すべきか悩むこともあるでしょう。
そこでこちらでは、スポーツトレーナーを目指す際に専門学校と大学のどちらを選ぶべきなのかについて、それぞれのメリット・デメリットを参考に考えていきます。

スポーツトレーナーになるには専門学校と大学のどちらがおすすめ?

スポーツトレーナーになるには、専門的なスキルを学んで関連企業への就職に備える必要があります。

そのため一般的には専門学校や大学のスポーツ系の学科に進学し、知識の蓄積と技術の習得、そのほか関連資格の取得などを目指すことになるでしょう。

 

専門学校と大学のどちらでも、スポーツトレーナーに必要なスキルを学ぶことはできます。

一方で、専門学校と大学にはそれぞれ異なる特徴があり、自分のライフスタイルや今後の将来設計によっては向き不向きがあるでしょう。

まずは専門学校と大学が持つ特有のメリット・デメリットを確認し、スポーツトレーナーになる際にどちらが自分に向いているのか確認してみてください。

スポーツトレーナーになる際に専門学校を選ぶメリット・デメリット

スポーツトレーナーになる際に専門学校を選ぶことには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

短期間で専門スキルを学べる

専門学校は、短期間でスポーツトレーナーに必要な専門スキルを学べるのがメリットのひとつです。

スポーツトレーナー専攻のコースへ進学することで、最短2年間で必要なカリキュラムを修了して卒業を目指せます。

なるべく早くスポーツトレーナーとして働きたい場合などは、専門学校への進学がおすすめされるでしょう。

 

専門学校のスポーツトレーナー科には、より具体的な職業への就職を考えた専攻コースがあります。

例えばアスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、メディカルトレーナー、チャイルドスポーツ、スポーツアナリストなどの専門知識・技術を学べるので、明確な目標がある場合にも専門学校に進学するメリットは大きいです。

また、専門学校では大学よりも実習をメインとした授業形態が準備されているので、実践的なスキルを短期間で学べるのもメリットとなるでしょう。

学費が安く抑えられる

専門学校は最短2年間で卒業できるので、学費が安く抑えられるというメリットもあります。

専門学校や大学でスポーツトレーナーのことを学ぶ際には、入学金、年間の授業料、そのほか諸経費などの学費が必要です。

経済面で進学に不安を感じる場合には、専門学校でスポーツトレーナーのスキルを効率良く学ぶことがおすすめされます。

 

時間に余裕を持てないケースが多い

多くのメリットがある一方で、専門学校は余裕のある学校生活を過ごしづらいというデメリットがあります。

最短2年間でスポーツトレーナーに関する多くのことを学ばなければならないため、時間に余裕を持てないことも考えられるでしょう。

実習やレポート提出などによって忙しくなる期間が長くなると予想されるので、その点は事前に考慮しておくことがポイントです。

スポーツトレーナーになる際に大学を選ぶメリット・デメリット

一方で、スポーツトレーナーになる際に大学を選ぶ場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

時間をかけて体系的に知識を学べる

大学では一般的に4年間の時間を使ってじっくりと学べるので、スポーツトレーナーに関するスキルを体系的に学習していけます。

スポーツトレーナーの基礎知識だけでなく、関連する部門の知識や技術も取り入れられるので、幅広く学ぶことが可能です。

 

多くの知識を身につけることは、将来の選択肢を増やす結果につながります。

スポーツトレーナーになりたいけど、ほかにも興味のある仕事がある場合や、就職できる範囲をなるべく広くしておきたい場合などは、大学への進学にメリットがあるでしょう。

 

長期休暇を使って勉強やインターンシップなどを行える

大学には夏季休暇などの長期休暇がいくつかあるので、その期間を活用して勉強やインターンシップに挑戦できます。

OBや教授を頼って本格的な勉強をしたり、スポーツトレーナーを募集している企業のインターンシップに参加したりすることで、そこでしか得られない体験からスキルを学べるでしょう。

スポーツトレーナーとして即戦力レベルのスキルを得るのなら、大学の長期休暇を有効活用するのがポイントです。

 

学費が高くなりやすい

大学は4年間通うことになるため、トータルで学費が高くなりやすいのがデメリットです。

その先の大学院なども視野に入れている場合には、相応の学費が必要になるでしょう。

奨学金の利用なども検討して、家計に無理のない形で学習ができるよう備えるのがおすすめです。

まとめ

スポーツトレーナーになるには、専門学校や大学への進学が基本です。

上記で紹介したそれぞれのメリットを参考に、自分に向いている進学先がどちらになるのかをこの機会に確認してみてはいかがでしょうか。

 

学費面や卒業までの期間を考えるのなら、専門学校がおすすめです。

専門学校ではスポーツトレーナーに関係する専門職への就職も考えられるので、どのような進路があるのかチェックしてみましょう。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!