業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの資格
  4. NESTAジャパンの 認定資格をご紹介。

NESTAジャパンの
認定資格をご紹介。

NESTAジャパンの
認定資格をご紹介。

スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーを目指すのなら、専門スキルを持つことを証明できる資格の取得が重要です。
特に「NESTAジャパン」の提供する資格の取得には大きなメリットがあり、就職を見据えて専門学校の在校中から受験への挑戦を考えておくことがおすすめされます。
こちらではNESTAジャパンの認定資格を紹介し、そのメリットについて解説します。

NESTAジャパンとは?

NESTAジャパンとは、「NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)」の日本法人です。

NESTAは1992年からスポーツトレーナーおよびフィットネスに関わる人材教育をサポートしてきた実績があり、全米で約65,000人のメンバーと約70,000人のパーソナルトレーナーを育成してきました。

現在は世界80カ国まで制度を拡大し、NESTAの資格を持ったスポーツトレーナーやインストラクターがさまざまなシーンでプロとして活躍しています。

 

日本のスポーツトレーナーにおいてもNESTAジャパンの認定資格は大きな影響を持ち、就職や転職に有益となります。

NESTAジャパンの認定資格を取得することで、目標とする職業への就職や独立後の集客などに役立てられるでしょう。

NESTAジャパンの認定資格の種類

NESTAジャパンの認定資格には、さまざまな種類があります。

例えば以下のような資格が、人気資格として有名となっています。

 

  • NESTAジャパン NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)
  • NESTAジャパン NESTA-CMS(クラブマネジメントスペシャリスト)
  • NESTAジャパン NESTA-KCT(キッズコーディネーショントレーナー)
  • NESTAジャパン NESTA-SFT(シニアフィットネストレーナー)
  • NESTAジャパン NESTA-DBS(ダイエット&ビューティースペシャリスト) など

 

NESTAジャパン NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)の資格を取得することで、フィットネスや健康に関する総合的な技術と知識を持つ人材であることを証明できます。

国際的な規格を持つ資格であるため、国内はもちろん海外でもスポーツトレーナーや指導者としての実力を持つことを証明可能です。

 

NESTAジャパン NESTA-PFT以外の資格は「スペシャリスト資格」とされ、こちらで資格一覧を確認できます。

スペシャリスト資格は各ニーズに特化した資格が多く、特定の職業や業務に従事する際に役立つでしょう。

 

NESTAジャパン NESTA-PFTの受験要項

NESTAジャパン NESTA-PFTを受験するには、以下の要件を満たす必要があります。

  •  NESTA JAPAN(あるいは医学映像教育センター)にてPFTテキストを購入済み
  •  CPR・AEDの技能に関して定期的なトレーニングを積んでいる(資格認定を受けていることがベスト)
  • 日本国籍または、日本で就労可能な在留資格がある
  • 満18歳以かつ高等学校卒業以上、もしくは高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラムの修了者

 

上記の条件に加えて、以下の4つの項目のうち1つ以上に該当する必要があります。

  • パーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験が1年以上ある
  • 運動部指導、フィットネス企業での勤務経験が1年以上ある
  • 体育系か医療系の大学、専門学校を卒業している
  • NESTAが認定している養成講座や養成コース(認定校・認定アカデミー含む)を受講済み

大学や専門学校でスポーツトレーナーの学科を選考することで、受験資格を取得することができます。

専門学校などでは資格取得に向けた対策授業なども受けられるので、合格に向けた準備を効率良く進めることができるでしょう。

パーソナルトレーナーやインストラクターのほか、運動部指導やフィットネス企業での勤務経験も受験を可能とする条件になるので、働きながらでも資格取得を目指せます。

 

NESTAジャパン NESTA-PFTの試験内容

NESTAジャパン NESTA-PFTの資格試験は、2日間に分かれて行われます。

1日目で事前講習を行い、2日目で認定試験に挑戦する流れとなっています。

 

事前講習は「試験前日に会場で直接受講する方法」と「オンライン動画で受講する方法」の2パターンがあります。

どちらの方法でも8時間の学習が必要となり、オンライン動画の場合は視聴開始日を含めた10日間が視聴期限となっているので注意が必要です。(期間中であれば何度でも視聴は可能)

 

認定試験は120分間、全125問の選択式スタイルで行われます。

125問中100問正解の正答率80%以上で合格となり、試験結果は約4〜6週間後で確認され、その後認定証を受け取ることで資格取得が完了です。

仮に不合格となった場合でも、初回受験から1年間に再受験を行えば受験料が10,000円に割引されます。

 

NESTAジャパン NESTA-PFTの資格は更新が必要

資格の有効期限は4年間で、具体的なタイミングは認定証に記載されています。

4年ごとに更新をしなければならないため、資格取得後も勉強を続けて自身の能力を高めておく必要があるでしょう。

 

資格更新には全部で5.0単位を取得する必要があり、単位の取得方法には以下のような種類があります。

 

  • スペシャリスト資格を取得する(1資格ごとに1単位)
  • セミナーに参加する(1講座90分程度となり、1講座受講ごとに0.5単位)
  • オンライン授業に参加する(1動画ごとに0.1単位~)
  • 通信講座で学習する(1教材ごとに0.5単位)

 

更新のための単位数は自分で管理する必要があり、資格認定証、受講証明書が、修了証などが単位取得の証明書として使用されます。

有効期間満了の2ヶ月前から更新手続きが可能となるので、NESTAジャパン事務局に連絡して受付を行いましょう。(更新手数料として20,000円必要)

 

スペシャリスト資格の受験要項

スペシャリスト資格の受験条件は、年齢が18歳以上であることのみとなっています。

全16時間のカリキュラムを受講後、認定試験に挑戦して合格を目指す流れになります。

資格試験はテイクホーム方式(4択問題)となり、正答率80%が合格ラインです。

試験後には試験問題と解答用紙を持ち帰り、各自で答案の確認と作成を行って事務局まで郵送する必要があります。

 

スペシャリスト資格試験の受講料は63,000円(税込)となり、NESTA会員の場合には59,000円(税込)に割り引かれます。

スペシャリスト資格には有効期限がなく、永久資格であるため更新は必要ありません。

NESTAジャパンの認定資格を取得するメリット

NESTAジャパン NESTA-PFTは知名度の高い資格なので、取得することがスポーツトレーナーやパーソナルトレーナーとしての実力の証明になります。

そのため就職時や個人での契約時に役立ち、相手から信頼を得やすくなるメリットがあるでしょう。

大手のフィットネスジムなどでは、NESTAジャパン NESTA-PFTの資格取得を就職の条件とすることもあるため、目指す職業によっては事前の受験が必須となることもあります。

 

実践的なビジネススキルも学べる

NESTAジャパンでは、資格取得に向けた講習会のなかで実践的なビジネススキルを学ぶこともできます。

スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーとして仕事をしていくには、相手とコミュニケーションを取って良好な関係性を築くことが重要です。

クライアントのニーズを引き出してそれに合わせた提案を行ったり、長期的な関係性を構築して優良顧客となってもらうための施策を行ったりといった工夫が必要になります。

ビジネスとして成立するためのコツを学べるので、将来的にスポーツトレーナーやパーソナルトレーナーとして活動を続けたい人にとっては資格取得にプラスしてメリットがあるでしょう。

まとめ

NESTAジャパンの認定資格を取得することは、スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーとして働く際に大きなメリットを与えてくれます。

専門学校や大学の在学中から資格取得の準備を進めることができるので、この機会に試験の概要や取得によるメリットを確認してみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!