業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの資格
  4. NESTAジャパンNESTA-CMS (クラブマネジメントスペシャリスト) とはどんな資格?

NESTAジャパンNESTA-CMS
(クラブマネジメントスペシャリスト)
とはどんな資格?

NESTAジャパンNESTA-CMS
(クラブマネジメントスペシャリスト)
とはどんな資格?

NESTAジャパンは、フィットネストレーナーに関する資格を提供している資格認定団体です。
「NESTA-CMS(クラブマネジメントスペシャリスト)」の資格もそのうちのひとつで、取得することで業務や就職にさまざまなメリットを得られます。
こちらではNESTAジャパンのスペシャル資格であるNESTA-CMSについて、概要とメリットを解説します。

NESTA-CMS(クラブマネジメントスペシャリスト)とは?

NESTA-CMSとは、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会の「NESTA」が認定する資格です。

海外発のフィットネストレーナー向けの資格ですが、日本支部のNESTAジャパンも国内で資格試験を行っているため、条件を満たすことでNESTA-CMSの受験および取得が行えます。

 

NESTAは数多くの資格を提供していますが、NESTA-CMSはそのなかでも「フィットネス事業におけるマネジメント業務」に役立つスキルを証明できる資格です。

フィットネスクラブのスタッフやマネージャーを目指す場合には、NESTA-CMS資格の取得がおすすめされます。

NESTA-CMS(クラブマネジメントスペシャリスト)の資格は需要がある?

NESTA-CMSの資格取得者は、日本国内で高い需要を見出せると想定できます。

日本ではフィットネストレーナーに関する国家資格がないため、無資格でも就職を目指すことが可能です。

そのためフィットネストレーナーとしての実力を周囲に証明することが難しく、勉強と実践経験を重ねてもその成果を認めてもらえないケースもあるでしょう。

しかし、NESTA-CMS資格は国際的に認められている資格であるため、取得することでフィットネストレーナーとして高い能力を証明できます。

企業によってはNESTAの資格取得者を優遇するケースもあるので、NESTA-CMS取得者の需要は高いと言えるでしょう。

 

また、NESTA-CMSは海外の国際規格でもあるため、将来的にフィットネストレーナーとして海外デビューを目指す場合にも有効です。

海外の勤務先で需要の高いフィットネストレーナーとして認めてもらうきっかけになるので、将来設計に海外での仕事が含まれているのならNESTA-CMS資格の取得を目指しましょう。

NESTA-CMS(クラブマネジメントスペシャリスト)の資格を取得するメリット

NESTA-CMSの資格を取得することは、いくつかの具体的なメリットにつながります。

以下を参考に、NESTA-CMSを取得するメリットを確認してみましょう。

 

フィットネスクラブでのマネージャー業務に役立つ

NESTA-CMSの資格は、フィットネスクラブで働く際のマネジメント業務の改善・効率化に役立ちます。

フィットネスクラブのマネジメント業務とは、例えば以下のようなものが当てはまります。

 

  • 施設の運営管理
  • 広告宣伝
  • スタッフの管理
  • 企画、事業の目標管理

 

上記のような管理業務が、フィットネストレーナーとして働く場合のマネジメント業務になるでしょう。

いずれもフィットネスクラブに欠かせない業務になるため、NESTA-CMSの資格取得の過程で必要なスキルを学ぶことが、会社からの評価の向上につながります。

 

もちろん、フィットネストレーナーはトレーニングやレッスン指導も仕事になるため、マネジメント事業との兼ね合いを考慮して両方のフィールドで活躍できるように勉強・実践を重ねていくことがおすすめです。

 

講習会で多くのスキルを学べる

NESTA-CMSの資格取得に必要な講習会では、実際の業務に役立つ多くのスキルを学べます。

具体的には以下のようなカリキュラムが用意されているため、フィットネスクラブで働く際に役立てることが可能です。

 

  • フィットネスクラブのマネジメント
  • マーケティングとプロモーション
  • 人材管理
  • オペレーション
  • 財務管理の重要性
  • ショップ経営

 

カリキュラムを順に学んでいくことで、フィットネストレーナーのマネジメント業務に役立つスキルが身につきます。

フィットネストレーナーは指導方法や顧客とのコミュニケーション能力が重視されがちですが、フィットネスクラブに就職する場合にはマネジメント能力も必要です。

NESTA-CMSの講習会に参加すればマネジメントに関わる知識を一通り学べるので、効率良く知識を蓄えられるでしょう。

 

自分のフィットネスクラブの開業も検討できる

NESTA-CMSの資格取得は、将来的に自分のフィットネスクラブの開業も視野に入れられるのもポイントです。

フィットネスクラブの運営や財務管理の方法にも詳しくなれるので、具体的な事業計画を立てられるでしょう。

フィットネスクラブの開業を目指すのなら、NESTA-CMS資格の取得をひとつの目標にすることもおすすめです。

NESTAジャパンのスペシャリスト資格について

NESTAジャパンにはNESTA-CMS以外にも、さまざまな「スペシャリスト資格」があります。

スペシャリスト資格とは、NESTAが提供する特定の分野や職業に特化した資格のことです。

目指すべき職業や働き方が決まっている場合には、NESTAのスペシャリスト資格を取得することで実践的な情報と知識を得られるでしょう。

 

NESTAジャパンのスペシャリスト資格の受験資格

NESTAジャパンのスペシャリスト資格は、18歳以上であれば誰でも受験できるのが特徴です。

2日間のカリキュラム(全16時間)を受講し、テイクホーム形式による認定試験に合格することで資格認定が受けられます。

受講料として63,000円(税込)の支払いが必要になり、NESTAメンバーシップ会員の場合には59,000円(税込)に割引されます。

 

NESTAジャパンのスペシャリスト資格は更新が必要?

NESTAジャパンのスペシャリスト資格は、永久資格として利用できます。

そのため更新の必要はなく、一度取得すればそのまま使い続けることが可能です。

 

一方で、NESTAが提供する「PFT認定資格」については、4年間の有効期限が設けられているため更新手続きが必要となります。

更新の手続きは自分で行う必要があるため、定期的に手間と時間がかかるのが難点です。

 

NESTAジャパンのスペシャリスト資格に関しては更新の手間が必要ないので、気軽に取得ができるでしょう。

まとめ

NESTAジャパンのNESTA-CMS資格は、フィットネスクラブのマネジメント能力を高めることにつながります。

就活や転職の際に、自分の能力をスムーズに伝えることができるため、フィットネストレーナーを目指すのならこの機会に取得を検討してみてはいかがでしょうか。

 

NESTA-CMS資格は、18歳以上であれば誰でも受験ができます。

フィットネスクラブでの労働実績や学習経験は必要ないので、先に資格を取得した上でフィットネストレーナーを目指すこともおすすめです。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!