業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. 保育士・幼稚園教諭とは?
  4. 保育士の求人は? 専門学校にはどれくらいの 求人があるかご紹介します!

保育士の求人は?
専門学校にはどれくらいの
求人があるかご紹介します!

保育士の求人は?
専門学校にはどれくらいの
求人があるかご紹介します!

保育士は、需要の高い職業のひとつです。
毎年多くの求人があり、たくさんの新人保育士が職場での活躍を目指して就職しています。
特に専門学校には多くの求人があり、保育士として就職したい人にとっては多くのメリットがあるでしょう。
こちらでは保育士の求人に関する情報と、専門学校に対しての求人募集状況について解説します。

保育士の求人は多い?

保育士の求人は、非常に多い結果になっています。

毎年多くの求人募集が全国で行われていて、有効求人倍率も高い水準をキープし続けています。

厚生労働省の「職業安定業務統計」を参考にすると、令和3年10月の保育士の有効求人倍率は2.66倍です。

全職種の平均が1.16倍であるため、倍以上の需要が保育士に集中していることが分かります。

高いときで3.86倍を記録したこともある保育士の有効求人倍率は、今後もこの状況をキープすると考えられるでしょう。

保育士は人手不足なため「即戦力」が欲しい

保育士は全国的にみて人手不足となっているため、募集を継続して新人の補充を行っています。

その結果保育士の仕事には「即戦力」の人材が求められる傾向にあり、就職後すぐに多くの仕事を任されるケースも珍しくありません。

しかし、保育士になりたい人の全員が即戦力として働けるわけではなく、ときには仕事が厳しくて辞めてしまうこともあります。

退職されることで結局また求人募集が必要になり、人手不足が継続するという悪循環に陥っている企業・施設も多いです。

この人手不足の現状が続く限り、今後も保育士の求人数は増加・維持していくでしょう。

専門学校には保育士の求人がたくさんある?

専門学校では、保育士の求人が特に多く掲載・募集されているのが現状です。

実際に求人から就職を叶えられていることが分かるデータもあり、例えば「令和2年3月 専門課程卒業者の就職状況調査」によると、専門学校の就職希望者の就職率は、昼間部全体で94.5%と高く、保育・教育に絞れば98.9%とさらに高い数値になっています。

 

保育士を目指す際には、専門学校に進学することがスムーズな就職のきっかけになるでしょう。

以下からは、専門学校に保育士の求人が多い理由を解説します。

 

専門学校の生徒は即戦力として働ける人が多い

保育士を必要としている企業や施設は、特に専門学校を卒業する人材に対して多くの求人募集を行うケースが多いです。

専門学校で保育士の学習を行った実績は「即戦力として通用する人材」である証明につながるため、高いスキルに期待して募集を行う企業にとって魅力的なものになっています。

そのため早めに能力のある保育士を確保するために、積極的に専門学校に求人を送ることは珍しくないのです。

専門学校に保育士の求人が多い理由は、この生徒への「即戦力」の期待がひとつの要因となっています。

 

専門学校は関連企業や保育園と強いつながりがある

専門学校は、就職先となる関連企業や保育園などと強いつながりを持っています。

そのため優先して求人募集がされるケースも多く、就職しやすい環境の構築につながっているのです。

 

保育士は実習のために実際の保育園などに出向くことも多いため、自然と現場とのつながりが増えることになります。

結果的に専門学校と保育士を求める企業・施設の間にパイプができ、求人募集が多数送られることになるのです。

専門学校なら保育士になるための就職サポートも充実している

専門学校では、保育士としてスムーズに就職できるようにサポートする環境も充実しています。

就職経験がない人でも、専門学校ならではのサポート制度を活用すれば、保育士になることができるでしょう。

以下からは、専門学校における保育士の就職サポートについて解説します。

 

はじめての就活でも安心できる基礎的なサポートの充実

専門学校では、はじめて就職をする人も対象にした基礎的な部分からのサポートが充実しています。

面接時のポイントや対策、履歴書の書き方、就職までの基本的な流れなどを、丁寧に解説してくれるのです。

保育士になる人も安心して就職活動が行えるため、資格試験の勉強などに集中しやすくなっています。

専門学校は求人数の多さと合わせて、初心者向けの就職サポートがある点もメリットになるでしょう。

 

個々の生徒に合わせた就職支援

専門学校は大学などと違って生徒数が少なく制限されているので、個々の生徒に合わせた就職支援が行えます。

目標とする保育士関連の企業・施設や希望する条件に合わせて就職先の斡旋や提案を行ってくれるので、スムーズな就職を実現できるでしょう。

卒業生という大きな枠組みで括られることはなく、一人の生徒として就職をサポートしてもらえる点も、専門学校の魅力となっています。

 

インターンシップの支援なども行っている

専門学校ではインターンシップなどの支援も行っているため、就職時期がくる前から準備を進めることができます。

インターンシップで働いた保育園にそのまま就職するケースもあるので、職場体験が将来の就職につながる可能性もあるでしょう。

専門学校に進学する場合には、積極的にインターンシップなどの制度を活用し、就職に有利となる準備をするのもおすすめです。

まとめ

保育士は、毎年多くの求人募集が行われている職業のひとつです。

その需要の高さは今後も続き、特に即戦力として働ける専門学校の卒業生は多くの求人に出会えるでしょう。

この機会に保育士の求人情報を確認し、就職についてのプランを立ててみることもおすすめです。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!