業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

アスレティックトレーナーに
必要な資格とは?

アスレティックトレーナーに
必要な資格とは?

アスレティックトレーナーを目指し始めて、必要な資格についてまだ分からないという方へ、アスレティックトレーナーに必要な資格を紹介します。
アスレティックトレーナーを目指している方は必見です。

スポーツトレーナーと
アスレティックトレーナーの
違いを紹介

スポーツトレーナーはその名の通り、主にスポーツの指導やサポートを行います。
一方アスレティックトレーナーは、スポーツを行う上で欠かせない怪我の予防、怪我をしない体作り、リハビリなどの分野を主に担当します。
スポーツトレーナーが競技を支える役割、アスレティックトレーナーが競技を健康的な状態で行えるようにサポートしていく役割を担っているということです。

アスレティックトレーナーは
資格を持っていた方が良い?

アスレティックトレーナーの仕事は、健康面や栄養面、救急処置などサポートする範囲も広く、多くのことを知っている必要があります。
即座の対応が必要な場合もあり、知識や技術を駆使して適切な対応を求められる場面もしばしばです。
適切な対応には、アスレティックトレーナーとして働く上で必要な知識を知っていなければなりませんが、そのためには資格取得をして知識を身に着けていることが重要です。
スポーツ医学やスポーツ外傷など必要な知識は専門的な内容が多くあるため、専門分野に特化した資格取得が望ましいと言えます。

日本スポーツ協会
アスレティックトレーナーとは

アスレティックトレーナーとして活躍するために、とっておくべき資格として挙がるのは日本スポーツ協会アスレティックトレーナーです。
日本スポーツ協会アスレティックトレーナーは、講義を受けることが必須で、現場実習を受講して力を身に着けていきます。
組まれているカリキュラムをこなすには時間を要しますが、知識と併せて現場で実践ができるため、就職してからも慌てずに実習での経験を生かすことも可能です。
資格試験の申込に際しては、日本スポーツ協会加盟団体からの推薦が必要など、試験申込にも要件があることに注意が必要です。
団体からの推薦がもらえて資格試験を受けられる権利を得られたとしても、定めがある期間内にカリキュラムをこなさなければ無効となるので、受講期間内でしっかりと学んでいくことが重要です。

NPO法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会アスレティック・トレーナーとは

こちらの資格は、スポーツ医学やスポーツ栄養学、コミュニケーション能力、スポーツ科学などについて学べます。
協会認定の講習会で単位取得をしている人や専門学校や大学などでスポーツ科学系のコースを終了しており、協会認定科目の単位取得をしている人、柔道整復師、看護師、カイロプラクターなどの資格を取得していることなどが条件となるため、どのような資格を取得していなければ受けられないかをしっかりと把握しておく必要があります。
資格取得方法は、協会主催の研修会への参加や通信教育などで学ぶ方法があるので、どの方法で学んでいくか選べるのは嬉しいポイントです。
必要書類の提出や、講座受講を修了させることで、資格取得が可能な資格です。

アスレティックトレーナーの
資格取得に向けてのポイント

資格取得について多くの時間を要することを前述しましたが、大学や専門学校によっては在学期間で資格取得を目指せる学校があります。
そのような学校を選ぶと講義や試験の一部やすべてが免除ということも可能です。
特に日本スポーツ協会アスレティックトレーナーの資格は難易度も高いです。
そのため、在学中に資格取得を目指せる学校も限られているので、事前に資格取得可能な学校を調べることをおすすめします。
できることなら、最短で着実にアスレティックトレーナーとして活躍できる道を進みたいと考えている人は、学校選びも慎重に行いましょう。

アスレティックトレーナーはどこで働く?

アスレティックトレーナーとして働く場所はいくつかあり、就職先によって業務内容も大きく異なります。
アスリートを支える専属契約やプロのスポーツチームへの配属は特に難易度が高く狭き門ですが、活躍できるアスリートをサポートできる大変やりがいがある仕事です。
近年人気を博しているスポーツジムやフィットネスジムで指導していくという働き方もあります。
医療機関や福祉施設などで健康増進のために指導していくという働き方もあり、就職先によって関わる年齢層や仕事内容も千差万別です。
どのような指導やサポートをどのような場所でしていきたいのかを軸に就職先を選ぶのもよいでしょう。

まとめ

ここまでアスレティックトレーナーに必要な資格を紹介しました。
アスレティックトレーナーは専門的な知識が必要な職業なので、働く上で必要な知識を学べる資格取得を目指すのが望ましいです。
難易度や受験要件、受講期間など資格によって異なるので、しっかりと確認することをおすすめします。
学校によっては、資格取得のサポート体制が整っているところがあるので学校選びも徹底すると良いでしょう。

業界コラム一覧へ