業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

スポーツトレーナーに
必要な資格とは?

スポーツトレーナーに
必要な資格とは?

スポーツトレーナーを目指す方は、スポーツトレーナーになるために、どんな資格が必要か気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、スポーツトレーナーに必要な資格を紹介します。
スポーツトレーナーとして活躍したい人は必見です。

柔道整復師

柔道整復師は、別名“ほねつぎ”や“接骨師”と呼ばれています。

国家資格で人気のある資格で、資格取得後は病院や接骨院などで柔道整復師として活躍できます。

接骨院や整骨院を開業することも可能です。

時代の変遷と共に介護施設や福祉の分野でも柔道整復師の需要が高まっています。

怪我をすると手術が必要な場合がありますが、柔道整復師が担当するものは、手術をしない施術で非観血的療法と呼ばれるものです。

外傷性が原因となっており、骨折や脱臼、捻挫などを引き起こした場合に柔道整復師が知識や技術を生かして施術を行い、回復へと導きます。

自然治癒力と言われる人間が本来持っているとされている力を最大限に発揮させることで回復させるのが柔道整復師の役割です。

柔道整復師になるためには、基礎科目である解剖学や生理学、一般臨床医学を学び、実践で必要な整復法や固定法、専門科目の柔道整復論などの知識と技術が必要です。

試験を受験するには、柔道整復師養成施設などで学び卒業した後、3月に実施される柔道整復師国家試験にパスしなければなりません。

鍼灸師

鍼灸師とは、“はり師”と“きゅう師”という資格の両方を併せ持つ人を指します。

鍼灸師という資格があるわけではなく、2つの資格を保持しているのです。

はり師はツボに鍼を刺して、刺激を与えることで治療を行い、きゅう師は、もぐさと呼ばれるヨモギの葉の繊毛を乾燥させて精製したものを用いてツボを刺激して行う治療です。

症状などに合わせてツボに働きかける治療で、どちらも国家資格となっています。

鍼灸にも種類がいくつか存在し、美を保つために行われる美容鍼灸や不妊症や冷え性など女性のカラダの悩みに特化した婦人鍼灸、年齢による関節の痛みや認知症などの機能低下に対して行う高齢者鍼灸、スポーツを行う際に施されるスポーツ鍼灸などに分かれます。

スポーツトレーナーは、スポーツ鍼灸に特化している場合が多く、スポーツのパフォーマンスを上げるためや、怪我などの防止を努める役割も果たすのです。

鍼灸の効果は多くあり、肩凝りや腰痛、腱鞘炎、テニス肘など運動器系疾患と呼ばれるものだけでも世界保健機関で鍼灸療法の有効性が認められた病気は多くあるのです。

はり師ときゅう師の資格受験には鍼灸師の養成学校を卒業している必要があり、3年以上の専門知識や技能を修得していきます。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、古来中国より日本に伝わったとされるあん摩と呼ばれる治療法やマッサージ、指圧などの技術を施し、体の不調を和らげていきます。

押したり、もんだり、叩く、さするなどの動作を通じて不調緩和を目指しますが、1人1人の体の状態などを考慮した上での施術が必要です。

あん摩、マッサージ、指圧の全てが行えて、これらを組み合わせていきます。

あん摩マッサージ指圧師になるには、養成施設で3年以上学ぶ必要があります。

あん摩マッサージ指圧師の養成施設は全国で25校ほどと限られていることもあり、活躍できる場所にチャンスが広がっている職業と言えるのではないでしょうか。

JASA-AT認定資格:
日本体育協会公認アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、テーピングやストレッチなどで怪我の予防に努め、負傷時の対応、リハビリテーションのメニュー作成、指導、食事面での栄養管理サポートを行います。

スポーツ選手のトレーナーとして選手を支えたり、フィットネスクラブなどの運動施設で一般の方の指導を行ったりと活躍できる場所は広いです。

試験は倫理試験と呼ばれる生理学や解剖学などに関する筆記試験をパスすると、実技試験でアスレティックトレーナーとして必要な知識やマネジメントの能力を図る試験が実施されます。

しかし、日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格取得は合格率が低く、試験突破は非常に難しいことでも有名です。

逆に言い換えると、合格率が低い資格を保持していると、活躍できる場が広がるとも言えます。

受験するためには、日本体育協会の養成講習会の受講かスポーツ指導者養成講習会免除適応コース承認校を卒業する必要があります。

養成講習会の受講にも満20歳以上かつ関連団体の推薦、日本体育協会の許可が必要などの要件があるため、しっかり押さえておかなければなりません。

まとめ

ここまでスポーツトレーナーになるにはどのような資格があるか紹介しました。

スポーツトレーナーに必ず必要な資格はありませんが、指導していく立場で正しい知識や技術が必要なため、資格取得をしていた方が良いです。

スポーツトレーナーの資格と言っても、資格によってできる内容も大きく異なってくるのでどのようなことをしたいのかを軸に取得する資格を考えていくと良いでしょう。

業界コラム一覧へ