業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの資格
  4. 全米ストレングス&コンディショニング協会 NSCA認定ストレングス&コンディショニング スペシャリスト(CSCS) とはどんな資格?

全米ストレングス&コンディショニング協会
NSCA認定ストレングス&コンディショニング
スペシャリスト(CSCS)
とはどんな資格?

全米ストレングス&コンディショニング協会
NSCA認定ストレングス&コンディショニング
スペシャリスト(CSCS)
とはどんな資格?

パーソナルトレーナーやストレングスコーチとして働くことを目指すのなら、NSCAが認定する「ストレングス&コンディショニングスペシャリスト」別名「CSCS」の取得がおすすめです。
CSCSの資格取得は、トレーナーやコーチとして働きやすい環境への就職や、そのスキルを存分に活かせる高度な現場での活躍につながります。
この機会にCSCSの特徴と取得のメリットを確認し、トレーナーやコーチとして仕事をする準備を進めてみましょう。

NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)とは?

ストレングス&コンディショニングスペシャリストとは、「CSCS」と略されるトレーナーやコーチングの仕事をする人のための資格です。

アメリカのトレーニングおよびコーチングの教育団体である「NSCA(National Strength and Conditioning Association)」が、発行・認定する公式資格として知られています。

NSCAは1978年に設立されて以降、世界88ヵ国にわたって多くの人のスキルを資格によって認定してきました。

現在もパーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、フィットネスインストラクター、スポーツ関連の医師などが、CSCSの資格を取得してプロとして活躍しています。

 

基本的にCSCSは、プロのアスリートやプロのスポーツチームをサポート対象としています。

CSCSの資格があれば、選手個人やチーム全体に対して、プロとして結果を出すことを支援する能力があることを証明できます。

具体的にはケガを予防するトレーニング方法の指導、パフォーマンス向上のためのアドバイス、安全かつ効果的なプログラムを計画して提案する知識・技能を持つ人材であることをアピールできるでしょう。

NSCAには「CPT」という資格もある

CSCSのほかにも、NSCAには「CPT」と呼ばれる資格もあります。

こちらもトレーナーやコーチング関係の仕事への就職を目指す際に、取得が検討される資格です。

CSCSと違って、プロではないアマチュアをクライアントに仕事をするのが特徴になるため、CSCSとCPTのどちらの資格を取得するかで就職先となる職場や業界が変わってくるでしょう。

一般人を対象にパーソナルトレーナーとして働けるため、NSCAの名前を活用して独立開業などを進めることが可能なCPT資格の取得も注目を集めています。

CSCSとNESTA資格の違いについて

トレーナーやコーチ、インストラクター向けの資格として、CSCS以外にも「NESTA」の資格がおすすめされることがあります。

NESTAもアメリカにあるエクササイズ&スポーツトレーナー協会で、1992年以来トレーナーやフィットネスに関する人材の教育と資格認定を行っていて、多くのプロフェッショナル人材を生み出した実績を持ちます。

世界80ヵ国までその活動は広まっていて、日本でも2007年からNESTAの資格が認定されるようになりました。

 

NESTAはパーソナルトレーナーのプロを認定する、「PFT認定」を行っています。

パーソナルトレーナーに特化した資格である点や、プロとして生きていくためのビジネススキルなども学べる点がCSCSと異なった特徴です。

CSCSの資格認定を受ける条件

CSCS資格認定を受けるためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

具体的には、以下の条件を満たした場合に資格取得が可能となります。

 

  • NSCAジャパン会員になる
  • 学位(学士、修士、博士)の取得者、もしくは高度専門士の称号を持つ者
  • 有効なCPR/AEDの認定者
  • CSCS認定試験の基礎科学セクションに合格している
  • CSCS認定試験の実践と応用セクションに合格している

CSCS受験条件は変更予定

CSCSの受験条件に関しては、今後2030年頃を目処に変更予定となっています。

具体的には「学位」に関する条件が変更予定で、以下のように現行制度からの移行が宣言されているのです。

 

現在のCSCS受験学位条件は、「大学(学校教育法が定める4年制大学または6年制大学)を卒業見込みになっている人、もしくは学位(学士、修士、博士)および高度専門士の称号を取得している人」となっています。

 

2030年に施行予定の新しいCSCSの学位条件は、「NSCAが認定しているストレングス&コンディショニング関連の教育プログラムを卒業して学位を取得していること、もしくは同プログラムに在学している大学の卒業見込みを得ている人」

2021年までに第三者認定機関が設立された上で、ストレングス&コンディショニングの専門職を担う人たちによって、実際に導入される教育プログラムの内容が検討・決定される予定です。

 

上記の条件変更は、既にCSCSの資格を持っている人には影響ありませんが、今後受験を検討している場合には条件変更のタイミングを把握しておく必要があるでしょう。

 

CSCSの合格率は?

CSCSの試験における合格率は、毎年だいたい50%前後となっています。

CPTの合格率が約65%となっていることから、難易度はやや高めだと言えるでしょう。

 

再受験の回数に制限はないので、仮に試験に失敗しても何度でも再チャレンジすることが可能です。

しかし、同一の認定試験は90日以内に連続して受験できないので、一定期間を空けた上で再度受験をする必要があります。

また、CSCS認定試験で1セクションだけ合格した場合、その合格認定は1年間継続して有効となります。

1年以内であれば残りのセクションのみを受験できるので、再受験のスケジュールは早めに押さえておくのがおすすめです。

まとめ

NSCAが認定するストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)は、トレーナーやコーチを目指す人にとって魅力的な資格です。

取得を実現することで自分のスキルを客観的に証明できるので、就職や独立時に多くのメリットを得られるでしょう。

この機会にCSCSの基本情報と取得条件を確認し、受験に挑戦してみることがおすすめです。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!