業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

  1. ホーム
  2. 業界コラム
  3. スポーツトレーナーの資格
  4. NESTAジャパンNESTA-PFT (パーソナルフィットネストレーナー) とはどんな資格?

NESTAジャパンNESTA-PFT
(パーソナルフィットネストレーナー)
とはどんな資格?

NESTAジャパンNESTA-PFT
(パーソナルフィットネストレーナー)
とはどんな資格?

NESTAジャパンは、トレーナーとしてさらなる技術・知識の向上を目指す人に対して、「NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)」の資格を提供しています。
日本国内だけでなく、海外でも通用する資格であるNESTA-PFTの取得は、パーソナルトレーナーやスポーツインストラクターとして働く際に大いに役立つでしょう。
こちらではNESTA-PFTの資格の概要と、取得によるメリットなどを解説します。

NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)とは?

NESTA-PFTとは、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認定する専門資格です。

NESTAは2007年より日本支部の「NESTAジャパン」を立ち上げ、日本人向けのプログラムでNESTA-PFTの資格試験を運営しています。

受験要件を満たして試験に合格することで、日本にいながらNESTA-PFTの資格取得が可能です。

 

海外発信の資格ですが近年は日本国内でもその知名度と有用性が広まっていて、トレーナー業界で働くプロフェッショナルに必要な技術や知識を持つことを証明できる資格として認知されています。

将来的にパーソナルトレーナーなどの仕事をしたい人は、就職やキャリアアップを考えてNESTA-PFTの資格取得を目指すことがおすすめです。

NESTA PFTを受験する流れ

NESTA PFTの資格は、受験要件を満たすことで誰でも試験に挑戦することが可能です。

受験要件としては、まず以下の要素を全て満たす必要があります。

 

  •  NESTAジャパンのPFTテキストを購入済み
  • CPR・AEDの技能に関するトレーニングを定期的に行っている
  • 日本国籍または、日本で就労可能な在留資格がある
  • 満18歳以上、高等学校卒業以上の学歴がある(もしくは高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者か、NESTAが認定する教育カリキュラムの修了者)

 

上記の項目をクリアした上で、以下の4つの項目のうち1つ以上に該当する必要もあります。

 

  • パーソナルトレーナーやインストラクターなどの実務経験が1年以上ある(雇用形態は問わず、週30時間以上の勤務が目安)
  • 運動部指導経験、フィットネス企業での勤務経験が1年以上ある
  • 体育系か医療系の大学、専門学校を卒業している
  • NESTAが認定している養成講座や養成コース(認定校・認定アカデミー含む)を受講済み

 

上記の項目に関しては、1つでも満たしていれば受験資格を得られます。

 

自身に受験資格があることを確認したら、続いて具体的な受験の流れを解説します。

NESTA PFTの資格試験を受ける場合には、以下の手順で申し込みを行います。

 

①受験コースを選択し、受験日などの必要項目を入力する

②自動返信メールを受け取る

③メールに記載されている振込先、もしくはクレジットカード決済で受講料・受験料を支払う

④入金確認メールが届くので確認

⑤受験コースに合わせて案内のメールが届くので確認

⑥試験日の約1週間前に受験案内(受験票)が届くので確認

⑦事前講習および認定試験を受ける

⑧約4〜6週間で試験結果が通知される

⑨NESTA PFTの資格を取得する

 

以上が、NESTA PFTを受験する際の基本的な流れです。

 

受験方法が3種類から選べる

NESTA PFTの受験方法は、ダイレクトコース、ゼミコース、WEBコースの3つから選べます。

 

ダイレクトコースではNESTA PFTの試験をすぐに受験できるため、既に試験に合格できるだけの能力を持っている自信がある人におすすめです。

事前講習を8時間(会場受講で対面式による1日講習)受けたあと、2時間30分の認定試験を受けることで資格取得ができます。

 

ゼミコースは、各種養成講座を受講してから受験に挑戦するコースです。

ゼミコースには「ロングゼミコース(4日間、計32時間)と「ショートゼミコース(2日間、計16時間)の2種類があり、自分の学習レベルや経験に合わせて選択できます。

 

ロングゼミコースは、まだ専門知識を学んでいない人やトレーナーとしての経験が少ない人におすすめです。

ショートゼミコースは、ある程度トレーナー活動の経験があり、実践的な知識を取得している人向けの受講コースとなっています。

どちらが自分に合っているのかを確認し、最適なコースで受験を目指しましょう。

 

受験の時間がなかなか取れない場合には、WEBコースもおすすめです。

WEBコースはEメールを使った通信教育方式で、テキストによる学習を行ってから受験するコースとなっています。

パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも受講が可能ですが、Word編集やPDFの閲覧ができるソフトを起動する環境が必要です。

自分のペースで学習および受験が可能で、コース修了まで最低2~3ヵ月程度の時間がかかります。

NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)を取得するメリット

NESTA-PFTの資格を取得することには、多くのメリットがあります。

以下からは、NESTA-PFTの資格取得によって得られるメリットを解説します。

 

パーソナルトレーナーに役立つさまざまな知識を学べる

NESTA-PFTの資格取得の過程で、パーソナルトレーナーの仕事に役立つさまざまな知識を学べます。

例えば以下のような知識を身につけることができるでしょう。

 

  • 運動生理学
  • キネオロジー(運動機能学)
  • 機能解剖学
  • 生体力学
  • 栄養学
  • トレーニングプログラムの設計
  • エクササイズの実践能力
  • 安全管理とケガの予防に関する知識
  • 救急措置のスキル
  • ビズネスとして成功するためのポイント

 

パーソナルトレーナーや関連職業に役立てられる知識・スキルが得られるため、資格取得が将来的に役立つ結果となるでしょう。

 

国際的な知名度が高い

NESTA-PFTの資格は国際的な知名度が高いため、自分の能力の高さを証明するために活用できます。

受験に合格することで認定証を受け取れるので、日本国内のジムやフィットネスクラブで働く際にも簡単に自己アピールが可能です。

NESTA-PFTは世界標準規格として機能するため、日本で働く場合はもちろん、将来的に海外でトレーナーの仕事をしたい人にも取得のメリットがあります。

NESTA-PFT(パーソナルフィットネストレーナー)の取得がおすすめの人

NESTA-PFTの資格は、以下のような人に取得がおすすめです。

この機会にNESTA-PFTを取得することで、どのような使い道につながるかチェックしてみましょう。

 

パーソナルトレーナーおよびトレーナー関係の仕事に就きたい人

NESTA-PFTは、パーソナルトレーナーなどのトレーナー職に就きたい人に取得がおすすめです。

例えば以下のような職業を目指す際には、資格取得にメリットがあるでしょう。

 

  • フィットネストレーナー
  • スポーツトレーナー
  • インストラクター など

 

NESTA-PFTは単純な知識だけでなく、ビズネスとして成功するためのポイントを学べるのも特徴です。

クライアントとの交渉を行うスキルや、顧客ニーズを把握して必要な環境・指導方法を提示するスキルなど、「売れるトレーナー」になるための能力を得られます。

 

そのほか、マーケティングに関する知識を学び、顧客を集める方法やインターネット上で自己アピールを行う手法などを身につけることが可能です。

近年多くの人がWebサイトやSNSを参考に指導を依頼するトレーナーを選ぶ傾向にあるため、本格的なマーケティングを行って自分を選んでもらうのが活躍のポイントになるでしょう。

上記のような理由から、ビジネスとしてトレーナーの仕事を成立させたい場合にも、NESTA-PFTの資格取得がおすすめです。

 

ジムやフィットネスクラブの開業を目指す人

将来的にジムやフィットネスクラブを自分で開業したい場合にも、NESTA-PFTの資格が役立ちます。

近年は運動不足への懸念や健康維持への関心からジムやフィットネスクラブの開業も増えているので、差別化のためにもNESTA-PFTの資格取得がおすすめです。

まとめ

NESTAジャパンのNESTA-PFT資格は、取得することで多くのメリットを得ることができます。

この機会に受験要件や試験を受ける流れを確認し、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

業界コラム一覧へ

まずはオープンキャンパスに
参加してみよう!