業界コラムタイトル 業界コラムタイトル

業界コラム

それぞれの業界の理解を深めよう!

幼稚園教諭の
気になる給料は?

幼稚園教諭の
気になる給料は?

幼稚園教諭はどのくらいの給料か気になると思います。
今回は、幼稚園教諭の気になる給料を紹介します。
給料アップの方法があるかどうかも紹介しているので必見です。

幼稚園教諭のお給料はいくらくらい?

幼稚園教諭の初任給は19万円前後が平均となっています。
最終学歴が大学の場合は20万5,000円、短期大学や専門学校の場合は18万円程度となっており、他の職種の初任給と比べ平均的と言えます。
厚生労働省発表の統計調査によると、男性幼稚園教諭の平均月収は27万円程度、女性幼稚園教諭の平均月収は23万円程度との結果。
男性幼稚園教諭の1年を通してのボーナスはおよそ75万円、女性幼稚園教諭は63万円程度であることから、男性幼稚園教諭は約400万円、女性幼稚園教諭は約340万円の平均年収であることがわかります。
これらのことから、初任給は短期大学や専門学校卒業よりも大学卒業の方がわずかに高く、平均年収は女性よりも男性幼稚園教諭の方が高いことがわかります。
これらは平均を出しているため、雇用形態や勤務内容などにより異なるので、正確に知りたい場合は自分が就職したいと考える幼稚園の募集要項等の確認がおすすめです。

幼稚園によって給料の違いはあるの?

結論から言うと、幼稚園によって給料の違いはあります。
幼稚園は都道府県や自治体などが運営している公立幼稚園と、学校法人や公益法人などの民間が運営する私立幼稚園に分かれます。
公立幼稚園の幼稚園教諭は公務員になるので、ボーナスや残業手当などが充実していることが多く、他の幼稚園教諭よりも給料が良い場合がほとんどです。
また、公務員は昇給があるので勤続年数などにより給料やボーナスアップがあるため給料面でも保証が厚いと言えます。
給与面の他にも産休制度や休暇制度などの待遇面や手当が手厚いことから人気を博しているため、公立幼稚園の幼稚園教諭は人気です。
そのため、受験倍率は高く幼稚園教諭免許状の他に、公務員試験を合格する必要があります。
一方私立幼稚園は幼稚園によって特色が異なります。
給料は幼稚園ごとに異なりますが、人気のある幼稚園であれば幼稚園教諭の給料が高いことも多いようです。
また、幼稚園の規模が大きければ給料が高い傾向にあります。
平均給与は一例であり、幼稚園ごとにより給料は変わってくると認識しておくと良いです。

長く働くとお給料に差は出てくる?

一般企業では長く会社に勤続すると給料が高くなるのが一般的です。
幼稚園もそれと同様長く勤続すると給料アップが見込まれます。
給料の上昇率は著しく高いわけではなく緩やかではありますが、経験を積み勤続年数が長くなるにつれ基本給アップとボーナスアップが期待できます。
少しずつでも給料が上がるので仕事のやる気にも繋がると言えるのではないでしょうか。

資格によって給料アップが見込める!

勤続年数以外に給料をアップさせる方法として資格が関係していることが分かっています。
同じ子どもと携わる仕事として認識されることも多い保育園と比べると、幼稚園と保育園は管轄や保育目的の保育園と教育目的の幼稚園など目的なども異なります。
幼稚園教諭は幼稚園教諭免許状を取得していますが、保育園で働くには保育士免許が必要です。
そのため幼稚園教諭は幼稚園教諭免許状を保有しており、保育士免許を取得していないことが多いようです。
しかし、近年では保育園と幼稚園を融合させたような教育と保育が同時に行える認定こども園の設立が多くなると予想されています。
そのため、幼稚園教諭の資格に併せ保育士免許も持ち合わせていると重宝される存在となり給料アップも見込まれます。
幼稚園教諭として3年以上の実務経験があり、4,320時間以上であれば保育士免許取得の試験の科目免除などが可能です。
その他にはキャリアアップを図る研修などに参加して、給料アップを目指す方法があります。
幼稚園ごとに行政により手当が支給されますが、キャリアアップを目指す技能や経験を積んだ職員であれば処遇改善等加算などの加算を受けることが可能です。
これは近年の幼稚園教諭と入園希望の児童のバランスが影響しています。
待機児童などが多く存在し、なかなか思うように子どもを預けられないという話題が尽きないことからも分かるように幼稚園教諭不足が嘆かれています。
幼稚園教諭不足を解消すべく対策が投じられており、今後も幼稚園教諭の需要が高まると思われるので以前よりも給与面で働きやすいと言えるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで幼稚園教諭の気になる給料を紹介しました。
幼稚園教諭は公立と、私立、最終学歴、幼稚園の規模などにより給料が変わってきます。
勤続年数により給料アップも可能になっています。
また、近年の幼稚園教諭不足の対策として行政からの手当なども受けられるようになっているのも魅力的です。
幼稚園によって給料は異なるので、それぞれの幼稚園のモデルケースを参考にすると良いでしょう。

業界コラム一覧へ